なぜ日本語教師を目指しましたか?

国内海外で働く日本語教師のみなさんに伺ったアンケート項目「どのような経緯で日本語教師を目指しましたか?」の回答をまとめてみました。

  • 2021年09月06日

    国内 日本語学校 経験談

    ワーキングホリデービザで海外生活をしていたときに、アルバイトで日本語教師をしました。そのときに日本に興味があって日本語を習いに来ている外国人に数多く出会い、意外にも需要がある、仕事になるのだと知ったのがきっかけです。

    帰国後、日本語教師としての資格は大卒でかつ英語の中学校と高校での教師免許を持っているのみでしたが、そこから正式資格もとり日本語教師としての道が始まりました。

    👩 56歳・日本語教師歴 7年 途中休職あり
  • 2021年07月20日

    国内 日本語学校 経験談

    大学生のころから「日本語」という言語に興味がありました。が、すぐに日本語教師になったのではなく、卒業後は中小企業で営業職、次に契約社員として展示場の案内業務に携わりました。

    数年後、この仕事をしていても自分に進歩がないのでは・・・と思い始め、前から興味があった「日本語」という言語について勉強してみたくなり、仕事を辞め、アルバイトをしながら日本語教師養成講座に通いました。

    教師になるつもりはなく、とにかく勉強してみたかったのですが、養成講座の終盤の実習で私の道が決まりました。ゼロから授業の準備をし、外国人の方の前で授業をしてみて、「この仕事、いいなあ・・・」と実感し、日本語教師になることを決意しました。

    👩 49歳・日本語教師歴 22年 ・千駄ヶ谷日本語教育研究所修了
  • 2021年07月20日

    国内 日本語学校 経験談

    もともと海外での生活に興味があったことがきっかけです。英語が大の苦手な私が外国で生活するのに武器になるものは何かと考えたとき、日本語教師という仕事を知りました。

    日本語教師であれば世界中のどの国にも仕事としていけると思い、日本語養成講座に通い、日本語教育能力検定を受けることにしました。

    👩 43歳・日本語教師歴 16年 ・アークアカデミー修了
  • 2021年07月19日

    中国 大学 経験談

    私が大学生だった時に、交換留学制度でタイ人の大学生を家に数日間迎え入れたことがありました。その際、私に日本語を教えてほしいと頼まれ日本語を教えることの難しさを知りました。

    また同時に外国人に自国の文化や言葉を伝える楽しさも知りました。このような経験がきっかけで日本語教師になりたいと考えました。

    🧑 30歳・日本語教師歴 2年 ・KEC日本語学院修了
  • 2021年07月19日

    タイ 企業 経験談

    仕事を探していた時に特に日本語教師の求人をさがしていたわけではありませんが、なぜか友だちの紹介によって日本語を教えるという道を歩むことになりました。

    仕事を始めた時資格は何も持っていませんでしたが、教えるという仕事始めたからには真剣に取り組もうと思うようになりました。それで、日本語教師養成講座420時間を通信講座で受講し無事に終了することが出来ました。

    👩 38歳・日本語教師歴 10年 ・WJLC修了
  • 2021年07月19日

    韓国 高校 経験談

    日本語教師をしている先輩の話を聞いているうちに、私もやってみたいと思うようになりました。

    もともと私自身が海外生活に興味があったのもあり、海外での就職を考えるようになりました。

    日本語教師の資格を取り、いろいろな国の情報集めて、その中で一番自分に合っていると思う募集に応募しました。

    👩 33歳・日本語教師歴 2年
  • 2021年07月15日

    台湾 日本語学校 経験談

    まず、日本語教師という仕事を知ったのは高校生の時で、実際に日本語教師の方が外国人学生に教えているところを偶然見かけたからです。教えているといっても楽しそうに会話をしているところを見て素敵な仕事だと思いました。

    もともと教員志望(国語)だったので、”教師”といっても”日本語教師”になろうと決めて、目指すようになりました。

    👩 24歳・日本語教師歴 2年
  • 2021年07月15日

    コロンビア 日本語学校 経験談

    もともと英語を教えた経験があり、さらに語学に興味があったため、日本語教師という仕事には関心があった。

    「語学を教える仕事」としてこの求人をたまたま見つけたため、「偶然」という方が実際の経験に近いが、「母国語」を教えるということに対する難しさや、いかに母国語を何も考えずに使っているかがよくわかった。

    👩 35歳・日本語教師歴 1年
  • 2021年07月15日

    モンゴル 大学 経験談

    学生のころから、海外旅行が趣味でした。海外を旅行する度に、自分自身が「井の中の蛙」であることを知り、もっと広い世界を知りたいという欲求が強く生まれました。そのため、日本国内だけではなく、世界を股にかける仕事はないかと探した結果、日本語教師という仕事にたどり着きました。

    👩 38歳・日本語教師歴 14年
  • 2021年04月26日

    国内 日本語学校 経験談

    友人のお母さんが日本語教師をしていて、日本語教師の仕事の話を聞いた時から興味がありました。

    前職でキャリアアップの機会をいただいた際に、「自分が本当にやりたい事は何か」を考え、日本語教師の道を選びました。

    👩 40歳・日本語教師歴 2年 ・東京中央日本語学院修了
  • 2021年04月26日

    国内 日本語学校 経験談

    自身が20代前半で海外に語学留学し、外国語を学ぶことの大変さ、海外で生活をする難しさを学びました。その時に、自分が教える立場になるのはどうだろうか、自分が外国語を勉強するよりも、自分で教えた方が簡単なのでは…と安易なことを考えたのが、きっかけです。

    しかし、実際養成講座で勉強し始めると、日本語を教えることはそんなに甘いものではなかったが、日本語の奥深さ、むずかしさにどんどんハマっていきました。

    👩 35歳・日本語教師歴 3年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2021年04月25日

    国内 日本語学校 経験談

    語学力によらずに国内外を問わずできる仕事
    自分の技術で稼いでいくことができる仕事
    多文化共生社会への貢献に関与できる仕事
    物を売る等ではなく人に寄り添い対話ができる仕事

    という点で考えた結果、日本語教師という仕事に行きつきました。

    🧑 28歳・日本語教師歴 3.7年 ・KEC日本語学院修了
  • 2021年04月25日

    国内 日本語学校 経験談

    元々現代文の塾講師をしていた経験があったので、国文法には興味がありました。

    日本語教育と日本語文法を学ぼうと思ったのは、グローバル化として他言語に目が向く人は多いのに、母語を突き詰める人は少ないと思ったことと、また自国の言語を自国で他国の人に教えるという日本語教師という仕事は、ある意味最高にドメスティックかつ最高にグローバルなことなのではないかと思ったことがきっかけです。

    👩 43歳・日本語教師歴 4.6年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2021年04月25日

    国内 日本語学校 経験談

    もともと日本語教師に興味がありました。ただ、給与や待遇が悪いと聞いていたので、大学卒業後はすぐにこの仕事につかず、結婚して生活を安定させてから420時間の養成講座に通いました。

    日本語教師養成講座に通う人たちも、はじめはみんなやる気があるのですが、実習が始まるころになると現実を知ってしまうので、3分の1くらいの人しか実際に日本語教師にはなりません。主な稼ぎが自分ではないため、日本語教師になることにしました。

    👩 40歳・日本語教師歴 10.4年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2021年04月22日

    国内 日本語学校 経験談

    幼いころから海外に興味があって特に韓国に興味がありました。そのため独学で韓国語を勉強していましたし、大学や専門学校では韓国語を専攻し将来は韓国で働きたいと思っていました。

    そのためにもネットで情報収集しようと中学3年の終わりに韓国の方とネット上で知り合い、やり取りしていた中の一人が韓国で日本語教師をしている韓国人でした。

    海外の方で日本語を勉強している方には日本語の先生がいることは当たり前のことですが、それまで考えたこともなかったので非常に衝撃的でした。その方にお話を聞いていくうちに日本語教師の楽しさを知り、日本文化が好きで、海外に興味もある私にはピッタリな仕事だと思いました。

    また間接法で勉強するのもいいが日本人の私が教えたらよりいいのではないかと思い目指しました。

    👩 25歳・日本語教師歴 3年
  • 2021年04月22日

    ブラジル 私立職業専門学校 経験談

    日本が好きで海外でも日本に関わる・日本を伝える仕事がしたいと思っていました。そういった仕事の中で、日本語教師は世界中殆どのところで(需要の差はあれ)仕事があるという事が決め手になりました。

    また職種によっては各国独自の資格をとらないと働けないものもありますが、日本語教師はそういったものがなく始めやすいと感じたのも理由です。

    👩 38歳・日本語教師歴 8.2年
  • 2021年04月21日

    フランス 語学学校 経験談

    以前は会社員として通勤時間に追われる日々でしたが、仕事への充足感や満足度を得られる日々を過ごしたい、もっと日本人を活かして誇れる仕事をしたい、そんな思いが強まり、模索していたところ、日本語教師という職業が私に当てはまりました。

    会社員時代よりも、一個人としての私生活の時間を充実させたい思いが強くなり、以前から興味のあった日本語教師になる決意を致しました。

    そこからは、教師養成の学校やコースなど徹底的に調べて、学校選択、学習を無事終了し資格取得し、その後求人探し、就職と事が運び、現在に至ります。

    👩 48歳・日本語教師歴 7年
  • 2021年04月21日

    韓国 大学 経験談

    一般企業での業務に行き詰まりを感じ、将来について悩んでいたころ、1つ上の先輩が海外で日本語教師になると言って退職しました。それを見て自分も中学校や高校の時に国語が一番得意だったことと、漠然と憧れていたけど諦めていた夢が教師だったということを思い出し、チャレンジしてみることにしました。

    👩 52歳・日本語教師歴 21年
  • 2021年04月16日

    韓国 就職支援教育機関 経験談

    大学4年のとき、一般企業に就職するのは何か違うと感じ、大学院に入学しました。
    日本語教育の専門職大学院だったので、このスキルを生かしたいと日本語教師になりました。

    韓国はもともと興味がある分野が多く(KPOPや美容)、恋人もいたため就職先として選びました。

    👩 27歳・日本語教師歴 3年 ・日本女子大学修了
  • 2021年04月15日

    台湾 日本語学校 経験談

    高校生の時にアメリカ研修に行き、そこで書道や日本のダンスをした際に、現地の人たちがすごく喜んでくれたことに感動しました。

    その時に初めて日本の文化を客観的に見ることができて、日本の文化の魅力というものに気づかされました。日本の魅力をもっと世界に知ってもらいたいと思いました。この時に海外と日本をつなぐ仕事についてみたいと漠然と思い始めました。

    大学生の時に長年独学で勉強してきた韓国語の力を試したいと韓国に行きました。現地の人たちの言っていることがわかり、自分の韓国語が通じていることに感動しました。独学で地道に勉強してきたからこそ、感動は本当に大きかったです。

    アメリカ研修と韓国訪問は私の今までの価値観を180度かえ、視野を広げることができた経験でした。こんな経験を他の人にもしてほしい、そう思って高校生の時に漠然としていた海外と日本をつなぐ仕事というのを日本語教師としてやっていきたいと決めることができました。

    👩 28歳・日本語教師歴 6年
  • 2021年01月27日

    国内 専門学校 経験談

    元々はカナダへ私自身が語学留学の経験を踏んだことが大きなきっかけになったかと思います。

    留学当初は日本語教師になるための目標として留学を念頭に置いていたわけではなく、単純に英語を話せるようになりたいからという理由でした。

    現地で学んでいくにつれ、語学を習得するということは、少なからずともそこの国の文化を学ぶということなんだと気づき、日本人である自分が言葉を通して自国の文化を広げていければ楽しいのではと思い、カナダでの留学期間中にオンラインでの420時間講座受講をスタートしました。

    👩 33歳・日本語教師歴 2年 ・WJLC修了
  • 2021年01月27日

    国内 日本語学校 経験談

    大学の日本語教育の先生の模擬授業が面白かったことがきっかけです。

    今まで当たり前のように話していた日本語の文法を誰にでもわかるやさしい言葉で、楽しく授業している先生の姿はとても新鮮で不思議な気分でした。それから、日本語の面白さに気づき日本語教師を目指しました。

    🧑 26歳・日本語教師歴 2.5年
  • 2021年01月27日

    イタリア 語学学校 経験談

    日本語教師という職業を具体的に考え始めたのは20代後半です。勤めていたIT企業に、派遣社員として来ていた中国やインドの人たちが流暢に日本語を話すのを聞いて驚き、同時に「日本語を教える仕事がしたい!」と思ったのを覚えています。

    大学で言語学を学んでいたことと、外国の人とコミュニケーションを取るのが好きだったことがリンクしたのかもしれません。

    そして仕事に行き詰まりを感じていた30歳のとき、転職を考えて日本語教師養成講座を受講しました。
    もともと、いつか海外で働きたいという漠然とした願望があり、年々その思いが強くなってたこともあります。

    結局それから10年近く仕事を続けましたが、日本語教師になる夢は常に持っていました。

    👩 51歳・日本語教師歴 4.5年 ・アルファ国際学院修了
  • 2021年01月27日

    韓国 語学院 経験談

    もともと国際高校を卒業をしていて、海外に興味を持っていました。なかでも、韓国と台湾が大好きで、いつか韓国か台湾で働きたいなと思っていました。海外ではどんな仕事が需要があるのか調べたところ、当時(3年前頃)日本語教師の募集が一番多い様に感じました。

    なので、大学卒業後、数年間日本の会社に勤め、貯めたお金で日本語教育検定試験に合格することを目標にヒューマンアカデミーに通い始めました。

    👩 26歳・日本語教師歴 1年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2021年01月26日

    台湾 私塾 経験談

    台湾で中国語を学びながらできる仕事をしたいと思った時に、日本語教師の仕事は、時給が高く、中国語が流暢じゃなくてもできるという点に魅力を感じたのがきっかけです。あとは台湾で日本語教師の需要が高いということも要因の1つかと思います。

    👩 31歳・日本語教師歴 3年
  • 2021年01月26日

    中国 日本語学校 経験談

    もともと、わたしは日本語教師を目指していたわけではありません。始めは現地の言語を学ぶために大学に通っていました。

    その学校の選択科目に日本語があり日本人の講師がいましたが、急遽帰国することになってしまい、学校側が外国人教師を探していました。

    最初に頼まれた時は断りましたが、経験も資格もなくていいから、なんとか授業をやってほしいと泣きつかれてしょうがなく、恐る恐る始めたのがきっかけでした。

    🧑 41歳・日本語教師歴 5年
  • 2021年01月26日

    ベトナム 日本語学校 経験談

    日本語教師を目指していて日本語教師になったわけではありませんが、日本で働くのであれば資格が必須となりますが海外であれば資格不要で働くことができるので海外で日本語教師になりました。

    元々塾でアルバイトしていたこともあり、人に勉強を教えるのは好きだったので私には向いている仕事だと感じました。

    👩 22歳・日本語教師歴 2年 ・アークアカデミーweb講座修了
  • 2020年10月27日

    国内 日本語学校 経験談

    海外旅行が趣味で、アジアを周遊していた時に日本語を勉強している方に何人も会いました。地方の小さな町にも日本語を身につけていい仕事につきたいと考えている方がいて、そういう方たちの役に立ちたいと思い日本語教師を目指しました。

    👩 44歳・日本語教師歴 12年 ・ラボ日本語教育研修所修了
  • 2020年10月27日

    国内 日本語学校 経験談

    大学では英語専攻でしたが、ビジネスで使えるまでには上達しませんでした。しかし、外国人と関わる仕事がしたいという思いは消えませんでした。そんな時、学内の留学生や自分が語学留学に行った先の大学生に日本語を教える機会がありました。これがきっかけとなり、日本語教師を目指すことになりました。

    しかし、大学外の学校へ通いなおし資格を取らなければならないこと、日本語教師の金銭的な待遇が悪いという事実を知り、一旦は諦め、一般企業に就職しました。

    就職後、貯金も貯まり、やはり日本語教師がやってみたいという気持ちも強くなったため、退職し、養成講座に通い始めました。そして、今に至ります。

    👩 34歳・日本語教師歴 8年 ・KEC日本語学院修了
  • 2020年10月26日

    国内 日本語学校 経験談

    大学時代に、発展途上国のボランティア活動によく参加をしていました。その中で、カンボジアの子供たちに英語と日本語を教えるというボランティアがあり、参加しました。

    学校環境整っていない小学校にいって、語学を教える中で、子どもたちが「日本には、カンボジアにはない仕事があるんでしょ?」「バスガイドになりたい!」「カンボジアには良い医者がないから、日本で勉強して、カンボジアで医者になりたい」などたくさんの夢を聞かせてくれました。

    そこで、日本語を勉強することは、みんなの夢をかなえられることにもつながるし、それは将来、学生たちの国の水準を上げることにもつながると思い、日本語教師になりたいと思いました。

    👩 25歳・日本語教師歴 2.4年
  • 2020年10月26日

    国内 大学 経験談

    もともと、海外に住んでみたいという漠然とした思いがありました。

    ワーキングホリデーなども考えたのですが、その場合、事前にある程度まとまった資金が必要となりますし、帰国後の保証もありません。日本語教師の資格があれば、海外で仕事もできていいのではないか、というのが日本語教師を目指した理由です。

    実際に海外で生活できるような日本語教師になるのがいかに大変なことか、というのは、資格を取って就職活動を始めてから知ったことです。

    👩 39歳・日本語教師歴 12.2年 ・河合塾学園トライデントランゲージスクール日本語教師養成科修了
  • 2020年10月25日

    国内 日本語学校 経験談

    もともと外国語の勉強が好きで、学生時代に何度か留学を経験しました。

    その際にサポートしてくれた現地の人への感謝の思いから、自分も日本で頑張っている外国人を応援したいという気持ちが芽生えました。

    言語を習得することは、生活へのストレスを削減することの第一歩だと考えており、そのサポートをしたい思いから日本語教師を目指しました。

    👩 27歳・日本語教師歴 3.8年 ・ECC日本語教師養成講座420時間コース修了
  • 2020年10月23日

    国内 日本語学校 経験談

    学生時代の留学やバックパッカーの経験から、漠然と国際的な仕事がしたいという気持ちがありました。大学4年次に周囲の友人が就職活動を始めたころは、自分はまだ将来何がしたいのか決められていない状況で、大学で興味がある分野の講義をなるべく多く受講していました。

    その中のひとつに日本語教育課程がありました。一般企業への就職も検討しましたが、日本語学校にはどこか日本の会社とは違った雰囲気があり、自分にあっているかもしれないと感じたのがきっかけです。

    👩 28歳・日本語教師歴 5年
  • 2020年10月23日

    国内 公的機関 経験談

    学生時代に海外に行ってみたいという単純な気持ちで、海外での日本語教育実習に参加した際、日本語を教えることの面白さや難しさ、実習指導を担当してくださった日本語教師の方の情熱にすっかり魅了され、それから本格的に日本語教師を目指すようになりました。

    👩 34歳・日本語教師歴 7年 ※途中中断期間あり
  • 2020年10月22日

    ミャンマー 技能実習生送出機関 経験談

    理由は二つあります。

    一つ目は、いつか日本を出て海外で働いてみたいと漠然と思っていました。NPO職員になりたいと思っていたのですがその壁は厚く、不採用ばかりでした。そこでやりたいことでなく、自分が勝負できる舞台を選ぼうと方向を変えました。その方向が日本語教師でした。

    二つ目は将来への不安でした。将来日本で暮らすのか海外移住するのかは明確に決めていませんでしたが、いずれにせよ歳をとってからもできる仕事を選びたいと思っていました。それも理由です。

    👩 34歳・日本語教師歴 7.7年 ・ASJ青山修了
  • 2020年10月22日

    フィリピン 公的機関 経験談

    私は学生時代からなんとなく海外で働いてみたい気持ちがあり、そのために日本語教師の資格を取得するために養成講座に通い始めました。受講中も進路についてはまだ迷っていて、修了後は一般企業で働くか日本語業界で働くか、決められずにいました。

    そんな時、養成講座で行った模擬授業で実際の学生を前に授業をしました。本来ならそこで学生との関係は終わりなのですが、休み時間に学生が「先生はどこで教えている?」「楽しかった!」と声を書けてくれました。そこで日本語教師の楽しさに出会い、本格的に目指すことになりました。

    👩 27歳・日本語教師歴 3.8年 ・ECC日本語学院修了
  • 2020年10月21日

    中国 日本語学校 経験談

    私には日本に住む中国の友人がいました。その友人を通して日本にたくさんの“中国人日本語学習者“がいる事、また彼らが日本で生活するうえでコミュニケーションの壁があり、生活面でサポートが必要だという事を知りました。

    彼らに日本語を教えて生活をサポートする仕事をしたいと思うようなったのがきっかけです。

    👩 40歳・日本語教師歴 4.5年
  • 2020年10月20日

    台湾 語学学校 経験談

    大学卒業後は教員になるつもりでしたが、採用試験に受からなかったためアルバイトをしていました。その時偶然書店で日本語教師の仕事を特集している雑誌を見ました。それがきっかけです。

    語学が好きで、教員だった母の影響もあり、教えることにも興味があったので、日本語教師になろうと思いました。日本語教師の仕事に学校教員にはない可能性を感じて、わくわくしたことを今でも覚えています。

    さっそく養成講座に通い始め、そこで自分でも一から何か語学を学んでみると学習者の気持ちが理解できるとアドバイスをもらい、中国に語学留学をすることを決めました。

    初めての海外、初めての寮生活、そこで現地の言葉を学んだ経験は、人間として視野が広がったばかりでなく、その後の日本語教師の仕事、ひいては私の人生に大きな影響を与えたと言えます。

    👩 59歳・日本語教師歴 30年 ・拓殖大学語学研究所修了
  • 2020年10月20日

    アメリカ 大学 経験談

    元々は中学や高校の英語の教員になりたいと思い、英語の力を伸ばすために学部生時代にアメリカ留学をしました。そこで日本語を勉強する学生と触れ合う機会があり、自分の母語、文化を共有することの面白さに惹かれたのがきっかけです。

    👩 25歳・日本語教師歴 1.7年
  • 2020年09月06日

    国内 日本語学校 経験談

    以前中国で日本語を教える機会があり、そのときこの仕事の魅力を知ったことから本格的にこの仕事を目指すに至りました。海外で教えたことで、日本が外国からどう見られているのかを知ることができたことは、本当に勉強になったと思います。

    私は語学にもともと興味を持っていたこと、また、語学を通して日本の魅力を世界の方に伝えていきたいと思ったことがこの仕事を目指したきっかけです。

    👩 37歳・日本語教師歴 10.6年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2020年07月29日

    国内 技能実習生集合研修施設 経験談

    高校生の時に、友人に勧められて、初めて「日本語教師」という職業があることを知りました。外国との関わりがあり、かつ日本人としての強みを活かせる仕事で、自分の希望にぴったりの仕事だと感じました。そして、国際系の大学に進学し、在学中から日本語教師として働き始めました。

    👩 20代・日本語教師歴 4年
  • 2020年07月29日

    国内 日本語学校 経験談

    前職をやめて台湾に旅行したときに、台湾の友人(日本語レベルN2ぐらい)から戦国時代についての質問がありました。日本の漫画を読んで興味があったそうです。

    固有語や難しい表現を使わずに日本の時代のこと、武将のことなどを説明しました。
    そのあと相手が「日本の文化や歴史がよくわかった!」と言ってくれたときに、日本文化を外国人に知ってもらう仕事をしてみたいと思うようになりました。

    そのあと日本語教師の職業を知り、語学を通して文化も教えることができることに魅力を感じて養成講座を申し込みました。

    👩 36歳・日本語教師歴 4.4年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2020年07月28日

    国内 日本語学校 経験談

    「海外で働くことができる仕事」を模索しているうちに日本語教師という職業に出会いました。当時は日本語教師という仕事に特に憧れを抱いていたわけではなく、それよりも「海外で働くことができる」という条件が何よりもの魅力だったのが事実です。

    👩 43歳・日本語教師歴 11.7年 ・千駄ヶ谷日本語教育研究所修了
  • 2020年07月28日

    国内 日本語学校 経験談

    国際結婚を考えていたので、日本でも彼の母国でも働ける職業を探していたときに、彼に日本語教師という仕事の存在を教えてもらい、興味を持ち始めました。

    実際に、知らず知らずのうちに彼に直説法で日本語を教えていたので、「いつもの会話の延長だ」という軽いノリで養成講座に通い始めました。勉強して、授業の練習等をしてみて、自分に向いていると感じたので、そのまま日本語教師として働くことに決めました。

    👩 33歳・日本語教師歴 8.1年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2020年07月28日

    国内 日本語学校 経験談

    前職でも教員関係の仕事についていたので、その経験を生かした仕事がしたかったためです。

    また、私はそもそも外国の文化を感じることや他の言語を勉強するのが好きだったので、そのような環境に身を置きたかったため、日本語教師になろうと思いました。

    🧑 35歳・日本語教師歴 2.8年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2020年07月26日

    国内 企業 経験談

    20代中盤に差し掛かり、そのころ私はフリーターとして遊園地で働いていました。接客はとても楽しく大好きでしたが、日々体を動かし、乗り物を操作し、汗をかく仕事。こころに芽生えた「このまま年をとっても続けられる仕事じゃない」という気持ちでした。

    この気持ちが徐々に大きくなっていたある日、仕事でけがをし、出勤できない日が2週間程続きました。そのとき「年をとっても、会社がダメになっても、世界のどこでも働けるスキルが欲しい!」と決意。退職し、日本語教師を目指しました。

    👩 34歳・日本語教師歴 7年 ・ASJ青山 ※オーストリアにて取得修了
  • 2020年07月26日

    国内 日本語学校 経験談

    学生時代にアメリカ留学をした際、初めて日本語教育という存在を知りました。自分が自然に話している言語が学ばれているのがとても不思議に感じたのと同時に、非常に興味深く思いました。

    そして、国内の大学で言語学を学べる学部に入学しました。そこで、日本語の仕組みや文法の構成を学ぶうちに、それを専門職にしたいという気持ちが大きくなりました。そして、同大学で日本語教育を副専攻として学び、現在に至ります。

    👩 27歳・日本語教師歴 6.1年
  • 2020年07月25日

    インドネシア 日本語学校 経験談

    現在、インドネシアからの外国人技能実習生の需要が高まっていると見られます。人口の多いインドネシアは安定した人材の供給が持続的に保たれると期待されています。また、真面目で素朴な国民性においても、日本で仕事をする上で非常に相性の良い国のひとつと認識されつつあります。

    このことからも、人材送り出しの条件となる日本語教育の需要はますます増えるものと考えられると思います。

    👩 51歳・日本語教師歴 2.1年
  • 2020年07月24日

    韓国 日本語学校 経験談

    会社の同僚を通じて知り合った日本語教師の方がいらっしゃいました。色々な国で日本語を教えていらっしゃった経験談を聞くうちに、日本語教師という職業に魅力を感じました。

    また、ダイビングが趣味で、一定期間東南アジアに住み、もっと上のライセンスを取得したいとの思いがありました。

    現地で生活費だけでも稼げるように、興味のあった日本語教師になろうと思いました。

    👩 47歳・日本語教師歴 11.4年 ・LEC東京リーガルマインド修了
  • 2020年07月22日

    中国 日本語学校 経験談

    中国へ来る前、三週間ほど韓国へ行ったのですが、自分にとって初めての長時間滞在で、海外に住むということを体験することができたと同時に、本格的に海外に住んでみたいという思いが強くなりました。韓国から帰国してから、ネットで求人を探して今のように中国に住むことになりました。

    👩 28歳・日本語教師歴 3.6年
  • 2020年07月22日

    タイ 日本語学校 経験談

    海外の文化や人と関わることが好きで、いつか海外で働いてみたいと考えていました。そんな時に「日本語パートナーズ」(国際交流基金のプログラム)の広告を目にしました。それから「日本語パートナーズ」に参加し海外で日本語の事業に携わりたいと考えました。

    「日本語パートナーズ」は日本語に関する資格がなくても参加できるものでしたが、やはり何か日本語についての知識があったほうが良いのではないかと思い、日本語教師養成講座を受講することに決めました。

    養成講座の先生と進路のことについて話している時、先生から、「日本語パートナーズ」として現地の先生をサポートするというポジションも良いけど、日本語学校で自分がメインで教師として授業するのも楽しいと思う、というお話がありました。どちらの働き方も魅力的に感じましたが、考えた結果、日本語教師として働くことに決めました。

    👩 28歳・日本語教師歴 2年
  • 2020年07月21日

    タイ 日本語学校 経験談

    私は子供の時から海外に関わるような仕事をしたいと思っていました。大学生のときにタイで2週間ほどインターンシップ兼ボランティアに参加しました。そのときにタイに魅力を感じ、ぼんやりといつかタイで働いてみたいと思うようになりました。就職活動中も自分が何をしたいのかわからず、ぼんやりとしていました。

    その後、食品メーカーに内定をいただき3年ほど働いていたのですが、本当にこれが自分のやりたいことなのかとモヤモヤしていました。やりがいのある仕事もたくさん任せていただき、成長できる職場ではあったのですが、心身ともに疲れている状態になっていました。

    そんな中、以前から興味のあった日本語教師の養成講座を思い切って受けてみることにしました。日本語教師の資格があれば、言葉が話せなくてもどの国でも働けるという所に魅力を感じていたのですが、養成講座を受けているうちに日本語の難しさや、その日本語を教えることの難しさに奥深さを感じて、日本語教師になってみたいと強く思い始めました。

    食品メーカーに勤務しながら、約1年間養成講座に通いました。3年目を終えるタイミングで当時の職場を辞める決意をし、退職しました。

    その後タイでの日本語学校に無事就職し、現在に至ります。

    👩 27歳・日本語教師歴 2年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2020年07月21日

    アメリカ 日本語学校 経験談

    海外から日本を見ると本当に四季と伝統があり日本語の美しさを再認識します。私が日本語を教えようと思ったのはその様な日本の良さを、海外から伝えたいと思ったからです。

    需要としては駐在として日本から移動してくるご家庭も多いので一定数あると思います。ただ、塾講師として受験の為に日本語を教える事と、継承語として日本語を教える事は違うと思い、私は後者の方が興味がありました。

    そんな風に思うのは、周りに片言の日本語を話す日系人がいたからだと思います。その人に正しい言い方を教えたりしているうちにとても楽しさを感じました。海外で日本語が増えていく感じがうれしかったのがきっがけです。

    👩 30代・日本語教師歴 1.8年
  • 2020年07月21日

    アメリカ 日本語学校 経験談

    もともと人とかかわること特に子どもとの関りが好きだったので、それを活かした仕事に就きたいと思っていました。息子が産まれて、大きくなるにつれて、外国で日本語を大切にしていける環境を作ってあげたいと思い、日本語教師になりました。

    👩 35歳・日本語教師歴 7.7年
  • 2020年07月14日

    韓国 日本語学校 経験談

    韓国へ語学留学に行くことになった際に、先輩から日本語教育の資格があると役に立つと思うよとというアドバイスを受けて、渡韓直前まで通信講座で日本語教師養成講座を学習しました。

    思っていたより奥が深くて、難しかったので、実際に日本語教師として働くことはないだろうと思っていましたが、知人の紹介で始めることになり今に至っています。

    👩 48歳・日本語教師歴 13.7年
  • 2020年07月13日

    ベトナム 日本語学校 経験談

    私が小学校4年生の時から剣道をやっていたこともあり、中学生ぐらいのころから「日本の文化を世界に伝える人になりたい。」と思っていました。

    そこで大学では日本語日本文化を深く勉強できるところ選び、そこで日本語学、日本語教育学などを学ぶうちに、「日本語教師」という職業を知りました。私の学んでいた学科では「日本語教師」になりたい人やなった先輩の話を聞くことが多くあったので、自分自身もなってみたいと思うようになり、目指すようになりました。

    また大学には多くの留学生がいてその人たちが母国で一体どのように日本語を学んできたのかというのも気になったこともあります。

    👩 30歳・日本語教師歴 4年
  • 2020年07月13日

    タイ 中等教育機関 経験談

    大学で留学生に日本語を教えるボランティアをしていたことから日本語教育に興味を持ちました。海外に旅行へ行くと「日本で働きたいから日本語を勉強している」という方が多くいることを知り、日本語教師を目指すことにしました。

    👩 25歳・日本語教師歴 1.5年
  • 2020年07月13日

    フィリピン 日本語学校 経験談

    オーストラリアに2年間ワーキングホリデーで滞在し、英語を勉強しているうちに語学の指導に興味を持つようになりました。

    当初は英語の講師を目指すつもりでしたが、日本に帰国する前にフィリピンのセブで観光がてら3週間ほど英語学校に通い、そこで知り合った先生にすすめられ、日本語講師の仕事を現地で探すことにしました。

    🧑 33歳・日本語教師歴 2年
  • 2020年07月10日

    ボリビア 日本語学校 経験談

    何度か書きましたが、移住国での仕事の必要に迫られて決定しました。就職活動をしている時にタイムリーな日本語教師の話をいただきました。

    以前に学習塾で3年間教えた経験があったので、紹介があったときに躊躇せずに決定できました。もしその経験がなければ、断ったように思います。

    🧑 50歳・日本語教師歴 1.7年
  • 2020年05月27日

    メキシコ 日本語学校 経験談

    もともと外国に住みたいと思っていて、ドイツへワーキングホリデーで行ったり、国際協力のボランティアに参加したりしたので、友人に日本語教師を勧められていました。だから、頭の片隅には日本語教師という仕事のことはありながら、ボランティア終了後、通信教育の大学で勉強し直した為、資格をとる金銭的余裕はないといったんは忘れていました。

    その後、派遣で各地のホテルで勤務をする中、外国人スタッフと交流することが多く、日本語教師を勧められたことを思い出しました。それから、学校を調べるうちにだんだん気持ちが固まり、日本語教師を改めて目指すことに決めました。

    👩 43歳・日本語教師歴 1.2年 ・BBI修了
  • 2020年05月21日

    国内 日本語学校 経験談

    私の場合は、海外の学校にいたので、自然に日本語を教えるようになりました。やり出すと面白く次第にのめり込んでいったというのが実際の所です。

    ただ、必須ではなかったですが、自己流はよくないので、日本語教育能力試験の準備を独学で行い合格しました。

    🧑 60歳・日本語教師歴 20年
  • 2020年05月21日

    国内 日本語学校 経験談

    大学でボランティアとして留学生と接しているうちに、日本語を教える楽しさに目覚めました。もともといろんな国の人と友達になりたいと思っていたのですが、日本語教師になればそれができるじゃないかと思い、日本語教育を専攻することにしました。

    👩 30歳・日本語教師歴 4.3年
  • 2020年05月20日

    中国 日本語学校 経験談

    日本に住んでいる時から、仕事上中国人研修生との接点があり、中国語を学ぶ機会に恵まれました。
    主人の中国転勤を機に、私自身も、中国でできる仕事をと思い、日本語教師の資格を取るべく努力致しました。

    実地で学んできたことも多いようには思いますが、中国ではとても需要が高く、目指す価値があ流と現地の友達も励ましてくれた事もあり、日本語教師を目指そうと思いました。

    👩 40歳・日本語教師歴 3.5年
  • 2020年05月20日

    国内 日本語学校 経験談

    元々小さなころから教師になりたいという願望がありましたが、高校生になったときに、給食が苦手、子どもがあまり好きではないことから教師を諦めました。

    しかし、誰かに何かを教えたいという思いは変わらず、また国語の成績はずっと良かったので、自分の知識を活かしつつ人にものを教えられる仕事は何かと思ったときに出会ったのが日本語教師でした。

    大学進学後は授業が難しく諦めようと思ったこともありましたが、無事養成課程を修了し、検定にも合格でき、夢だった日本語教師になれました。

    👩 31歳・日本語教師歴 3.2年
  • 2020年05月20日

    国内 日本語学校 経験談

    中学生の時に日本語教師という職業があることを知りました。そのままときが流れ大学に進学し、就職、そして結婚しました。

    結婚した相手が海外へ駐在する可能性があるとわかり、いつかは今の仕事を辞めるだろう、この先どうしようか……と考え始めるようになりました。そのとき昔から興味を持っていた日本語教師のことをふと思い出し、ネットで日本語教師について調べ始めました。

    知り合いに日本語教師の資格を持っている人がいて、メールでいろいろ教えてもらうことができました。

    色々検討した結果、外国でも仕事ができる日本語教師は魅力的だと思い、会社を退職することを決意。そしてすぐ養成講座に通いました。

    👩 32歳・日本語教師歴 3年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2020年05月19日

    フランス 日本人子女 補習校 経験談

    我が家も日仏家庭ですので、0歳児のときから、子供に母語を定着させようと工夫を凝らしてきました。

    国籍も文化もダブルという恵まれた背景を持つ子供達に、せっかくだから母国語を忘れないでいて欲しい、幼少時から学んだら少しでも記憶に残るかしら、思ったのがきっかけです。

    👩 49歳・日本語教師歴 2年
  • 2020年05月15日

    ベトナム 日本留学会社 経験談

    高校時代にアメリカ留学をした時、現地の高校で日本語クラスのアシスタントをしました。そこで初めて日本語教育というものを知り、日本から離れた国で日本語や日本文化が学ばれていることに感動し、日本語教師になりたいと思うようになりました。

    留学を終え日本に帰国後、日本語教育が学べる大学へ入学しました。在学中から日本語ボランティアや日本語の家庭教師などを経験し、現在まで日本語教師を続けています。

    👩 27歳・日本語教師歴 6.1年
  • 2020年05月14日

    ベトナム 技能実習生送出機関 経験談

    中学生の頃、アフリカを舞台にした映画を見たことがきっかけでした。普段過ごしていた田舎の平和な日常からは全く想像できない世界がこの世にあることを知りました。

    それから、世界をもっと知りたいという気持ちから、外国で働く方法を考えたところ、日本語教師がありました。そして、私は運よく、日本語教師になることができました。

    👩 30歳・日本語教師歴 1年
  • 2020年05月12日

    韓国 日本語学校 経験談

    日本では医療職で、専門職の強みを知っていたので、海外への転勤の可能性が出てきたときに、日本語講師の資格取得をしておきました。通訳や翻訳も考えましたが、取得に時間がかかるため、それよりは短期間であると思い、日本語講師の資格取得を目指しました。

    👩 46歳・日本語教師歴 7.2年
  • 2020年02月25日

    国内 日本語学校 経験談

    2000年冬、ミャンマーに旅した折、「大学を出た息子が日本に行けるように相談に乗ってもらえないか」とある女性から言われ、ルビーをもらったことがあった。多少傷が入っていたが大きなルビーだった。

    そのときは「申し訳ないが自分にやれることはない」と手紙を送るしかなかった。しかし現地での若者の日本に対する関心の高さには驚くべきものがあった。もちろん「仕事を探したい」という切実な願いがあったには違いない。

    30年勤めた会社を2013年に早期退職したが、今後人口減少が進む日本は外国人の受け入れがますます重要になると確信した。

    良き労働者となるためには日本語教育が欠かせない。アジアの若者の夢実現を助ける仕事がしたいと願い、日本語教師を目指すことにした。同時に日本語教師をしながら海外生活を体験してみたい、という希望も抱いていた。

    🧑 59歳・日本語教師歴 2.5年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2020年02月24日

    国内 技能実習生研修センター 経験談

    大学で日本語教育学を専攻していたので卒業後は日本語教師になろうと入学したときから決めていました。きっかけは中学校のときにALTとして来ていたカナダ人の先生の授業がそれはそれは楽しくて、英語が大好きになり、いつか自分も海外で日本語を教えてみたいと思ったからです。

    卒業後、夢が叶い海外で日本語教師として働くことができました。

    👩 33歳・日本語教師歴 6.3年
  • 2020年02月24日

    国内 専門学校 経験談

    昔から漠然と海外に住みたいという夢がありました。高校生のとき、海外でできる仕事を考えたとき、日本語教師という職業があることを知りました。そのため、日本語教師になるための勉強ができる大学を選び、進学しました。

    👩 27歳・日本語教師歴 4.5年
  • 2020年02月21日

    国内 日本語学校 経験談

    韓国語を勉強していて、韓国語では表現できない日本語が多いことに気づいたことがきっかけです。難しい言葉を勉強している外国の方は凄いと感じ、日本語を勉強している方のサポートがしたいと思って日本語教師になりました。

    👩 40歳・日本語教師歴 3.5年 ・千駄ヶ谷日本語教育研究所修了
  • 2020年02月21日

    中国 日本語学校 経験談

    元々は理数系講師であったため、何かを教えることに対しての抵抗はありませんでした。実際に、現地の人たちと知り合い、彼らが日本語に興味を持っていたため、日本人として現地の人々に日本の言語、文化、マナー等を伝えたいと思ったのが、日本語教師になった経緯です。

    🧑 41歳・日本語教師歴 8年
  • 2020年02月20日

    オーストラリア 日本語学校 経験談

    私は主人の仕事の関係でオーストラリアに来ました。

    オーストラリアに行くことが決まり、情報収集のために日豪プレスやJAMS.TV等の生活情報ウェブサイトを見ている時に、日本語教師になるための養成講座があることを知りました。

    元々教師という職業に興味があり、大学も教育学部で、学生当時は家庭教師のアルバイトもしていました。

    大学卒業後は、日本で一般企業に就職しましたが、そこでも新人教育を任されて指導している時に、やはり私は人に何かを教えてその人の成長を見ることが好きだなと感じていました。

    そのような理由から、養成講座のことを知った時に、すぐに申し込み、通い始めました。

    日本のバックグラウンドを持つ子どもたちが親や親戚、友達と自然に会話出来るように。また、将来日本に住むという選択が出来る等、日本語が出来ることによって将来の可能性を広げるお手伝いが出来たらと思い、日本語教師を目指しました。

    👩 33歳・日本語教師歴 1.3年 ・WJLC修了
  • 2020年02月20日

    コスタリカ 大学 経験談

    海外就職に憧れていましたが、自分には特別なスキルがありませんでした。ある時知り合った人が日本語教師をしていて、その話にとても興味を抱き、日本語教師養成講座を受講してみました。

    実習を始めたばかりの時は教案作成がとても大変でしたが、模擬授業で講師やクラスメイトに褒められて、教えることの面白さを知りました。

    👩 46歳・日本語教師歴 13.5年 ・アルファ国際学院修了
  • 2020年02月19日

    インド 大学 経験談

    学生時代にも、ゼミ仲間の外国人に日本語を教えたことがあり、インドでも日本語を教えたり日本の文化を紹介したりしたいと思っていました。

    👩 38歳・日本語教師歴 2.8年
  • 2020年02月19日

    スリランカ 日本語学校 経験談

    私の大学は1年生の時は専攻学科が決まっていません。1年間の間にいろんな学科の授業の入門を履修して2年生に上がる時に専攻学科を決める仕組みななっています。そこで、どうせ4年間大学ニア用のであれば、何か資格をとった方がいいのではないかと考えました。

    海外にもすごく興味がありいつか海外でも生活してみたいそんなぼんやりとした夢があったので、じゃあ海外で私にできる仕事って何だろうと考えた時に、日本語教師の資格を大学で取得できることを知り、資格が取得できるような授業を履修しました。

    👩 28歳・日本語教師歴 3年
  • 2020年02月17日

    フィリピン 企業 経験談

    私の場合新しい何かを求めていただけで、日本語教師を目指していたわけではありません。目指すなら、事前に資格などを取っていました。

    ただ、仕事としてではなくかつてフィリピン人に日本語を教えるときにものすごく心地よく感じた事が私の気持ちを後押ししたのかもしれません。

    🧑 55歳・日本語教師歴 1.1年
  • 2019年11月26日

    国内 日本語学校 経験談

    以前は客室乗務員として国際線に乗務しておりました。

    その後、客室乗務員・グランドスタッフ予備校で講師をする中で「教える」ことにすごくやりがいを感じました。

    大好きな「海外」と「教える」を両立することができる日本語教師の仕事に興味をもち、目指すことにしました。

    👩 32歳・日本語教師歴 4年 ・KEC日本語学院修了
  • 2019年11月26日

    国内 日本語学校 経験談

    前職を辞める時に、今の自分には特筆すべきものが何もないことに不安を感じたことがきっかけです。

    30歳過ぎると就職難しいよと友人が言っていたことを思い出し、このまま転職先を探すのではなく、資格を取って、その資格を活かした仕事に就こうと思いました。

    👩 28歳・日本語教師歴 3.5年 ・CEC外語センター 日本語講師養成科全課程修了602時間修了
  • 2019年11月25日

    アメリカ 大学 経験談

    きっかけは私が通っていた大学の日本語の先生と出会った事だったのですが、インターンをしながら授業のお手伝いをさせていただいて、日本の事を知らない生徒に日本や日本語を教える事に喜びを感じた事でした。それをきっかけに日本語の先生を目指そうと思いました。

    👩 28歳・日本語教師歴 1.4年
  • 2019年11月21日

    パラグアイ 日本語学校 経験談

    当時日本語教師として派遣されていたJICAの方とお話しする機会があり、日本語のもつ素晴らしさとそれらを広めていく姿勢に憧れて、やってみたいと思いました。また、日本語を学んだ生徒がいずれ国同士の架け橋になっていく可能性があることも大きな魅力の一つでした。

    👩 32歳・日本語教師歴 2.9年
  • 2019年11月20日

    タイ 大学 経験談

    大学を卒業してから日本の某企業で働いていましたが、激務で心身不調になり退職。

    療養を兼ねてタイに滞在している時、知り合ったタイ人の中に学校経営をしているオーナーがいて、日本語を教える日本人先生がいないので、やってほしいと頼まれて始めたのがきっかけです。

    教師経験もなく、そのようなキャリアでもないので、最初はとても不安でした。

    🧑 52歳・日本語教師歴 16.5年
  • 2019年11月20日

    インドネシア 大学 経験談

    日本の世界における相対的地位が落ちている中、将来日本の味方となってくれる人々を増やすこと、つまり日本語教育は急務です。

    特に、インドネシアは親日国であるだけではなく、数十年後には経済面で日本を追い越すことが予想されます。今は日本がインドネシアを援助している状態ですが、いずれこの立場は逆転すると考えています。

    そんなとき、インドネシアが日本を助けたくないと言ったらどうしますか?そういう危機意識もあり、日本語教育にあたっています。

    🧑 31歳・日本語教師歴 2年
  • 2019年11月19日

    スペイン 語学学校 経験談

    スペインに来たとき、仕事はなんとかなると甘い考えを持っていました。ところが不況もあって、スペイン人にすら仕事がない状態。日本人であることを武器にすることしかなく、一時帰国時に合わせ日本語教師の通信教育を申込み、スペインに持ち帰って勉強しました。

    課題の添削をエアメールで対応してもらえたことが本当に助かりました。そこから無償で個人授業をし経験を積んでから、語学学校にアプローチをかけていったという次第です。

    👩 43歳・日本語教師歴 6.5年
  • 2019年11月19日

    韓国 大学 経験談

    もともと海外で仕事をしてみたく、留学時代に韓国人の友人ができたこともあり、日本語教師に挑戦しました。

    韓国という国や人にも関心がありましたので、日本語を韓国人に教えるという仕事はとても魅力があると思い、日本語教師養成講座を受講しインターンをしました。

    おもったよりも厳しい環境で一回はあきらめましたが、また機会があり、自身で資格を取った後、再度挑戦しました。

    👩 38歳・日本語教師歴 2.5年
  • 2019年09月04日

    国内 専門学校 経験談

    英語や中国語など自分自身も語学の勉強が好きで、結婚出産後外に働きに出れないときに近所の日本語教室でボランティアを始めたのがきっかけでした。

    その時は日本語教師という資格があることも知らなかったのですが、学生時代は塾講師や家庭教師、ピアノの先生などもやっていたこともあり、人に何かを教えることは好きだったので子育てしながら養成講座を受講しました。

    実際学校だと夏休みや冬休みなどがあり子供と過ごせるので、子供の居る主婦には働きやすい職場だと思います。

    👩 46歳・日本語教師歴 4.1年 ・アークアカデミー修了
  • 2019年09月04日

    国内 日本語学校 経験談

    子供のころから国語が得意で、国語の先生を目指していたのですが、大学の選択科目で日本語に関する科目があり、初めて日本語を客観的に見たら、おもしろく、日本語関係の科目を多めに取っているうちに、2年生になるころ、教務の方からもう少しがんばったら日本語教師の副専攻がとれると言われました。

    卒業ぎりぎり間に合うだろうとのことだったので、2年生になってから本格的に始めました。

    その時初めて日本語教師という仕事を知りました。卒業要件の教育実習で海外の大学の日本語学科へ行ったとき、その学生たちのキラキラした目に感激し、日本語教師という職業のすばらしさに気が付き、将来の夢としてこの仕事を目指しました。

    👩 40歳・日本語教師歴 7.5年 *途中2年ほど 2回休んでいます ・アルファ国際学院修了
  • 2019年09月03日

    台湾 日本語学習塾 経験談

    大学生時代の海外ボランティアで日本語を教えました。教えたといっても、現地の日本語教師のサポートという形でしたが、その時初めて日本語に難しさを感じました。このことがきっかけで日本語についてもっと学びたいと思うようになりました。

    👩 28歳・日本語教師歴 1.1年
  • 2019年09月03日

    メキシコ 日本語学校 経験談

    学生時代から、異文化コミュニケーションに興味があり、ボランティアでホストファミリーをしていました。今まで、オーストラリア、カナダ、アメリカ、マレーシア、ブルネイ、台湾、イタリア、中国からのホームステイを受け入れてきました。

    そこから日本語教師に興味が湧き、日本語教師養成講座へ通い、資格取得を目指しました。

    👩 38歳・日本語教師歴 4.2年 ・愛甲法科専門学校修了
  • 2019年05月26日

    国内 日本語学校 経験談

    もともとは英語教師で、日本人に英語を教えていましたが、日本語で英語を教えることに違和感を覚えていました。ネイティブでない私が教えることには限界があると感じ、日本人として自信を持って教えられるのは日本語ではないかと思い、日本語教師に興味を持ちました。

    👩 34歳・日本語教師歴 4年 ・WJLC修了
  • 2019年05月26日

    国内 大学 経験談

    高校2年生の夏に市民講座で日本語教師の体験講座があり、受講してみました。

    その中で行われていたのはどちらかというと日本文化を外国人に伝えるような講座でしたが、自分が英会話塾に通っていた時、ネイティブの先生から直接法で教わる方が楽しいと感じていたこととつながり、自分もネイティブとして言語を教える仕事したいと思い、目指し始めました。

    👩 29歳・日本語教師歴 5.5年
  • 2019年05月23日

    国内 日本語学校 経験談

    きっかけは大学のゼミの教授が日本語教育を専門とされていたことでした。語学としての日本語の面白さに気づき、日本語教師になりたいと思うようになりました。

    しかし、先輩からいろいろな話を聞いて、給与の面の不安が大きくなり一旦は諦めました。

    働きながら通信講座を受講しましたが、勉強を続けることができませんでした。諦めることができず、会社を辞めて養成講座を受講しました。そこで紹介していただいた学校で日本語教師として働くことになりました。

    👩 32歳・日本語教師歴 4.7年
  • 2019年05月22日

    国内 日本語学校 経験談

    私は学生の頃、語学留学をしたいと思っていたのですが勇気がなくできませんでした。社会人になりワーキングホリデーを考えましたが、これも実行できませんでした。

    そんななか、日本語教師という職を知り、自分がしたかったことの反対に、日本語を学びに来る学生に日本語を教えるという職業に興味をもち目指すようになりました。

    👩 42歳・日本語教師歴 7.1年
  • 2019年05月21日

    ベトナム 大学 経験談

    元々、言語にも海外で働くことにも興味があったので、高校生の時からなんとなく考えていました。でも大学の4年間を日本語教育に捧げるほどの決意はなく、他に興味のあった分野を選択しました。

    卒業して、英語を生かせる仕事に就いたのですが、もっと具体的に誰かの将来に役に立てる日本語教師という仕事にあこがれるようになりました。旅行が好きだったので、海外で働きながら長期的に生活できたらいいなという思いもありました。

    自分自身に留学経験があり、日本に留学に来る人のお手伝いができたらという気持ちから、国内で働くことも考えていました。

    初めは働きながら通信講座で勉強したのですが、日本語教育能力試験に合格できなかったので、退職して養成講座に通うことにしました。そして翌年の試験には合格し、養成講座も修了し資格を取ることができました。

    👩 33歳・日本語教師歴 2年 ・アークアカデミー修了
  • 2019年05月21日

    国内 日本語学校 経験談

    ずっと以前から、海外に関わる仕事がしたいと思っていました。自分自身を振り返ると、英語力よりも日本語力(学生時代は現文や古典)が高いと判断し、日本語教師の道を選びました。出産子育て中に通信講座を受講し、検定に合格しました。

    👩 56歳・日本語教師歴 25年
  • 2019年05月16日

    ドイツ 市民学校 経験談

    海外で働いてみたいと思ったのがきっかけです。親が外国に縁のある仕事をしており、もともと外国へのあこがれは強かったと思います。前職では会社員をしていましたが、内勤を続けていく中で、一度だけでいいから海外へ出てみたいという気持ちが強まりました。

    ちょうどそのころボランティアで地域の外国人に日本語を教えていたので、これで専門性を高めていこうと、働きながら勉強しました。その後日本語教育能力検定試験を受け、アジアで働き始めました。

    👩 33歳・日本語教師歴 5.6年
  • 2019年05月16日

    韓国 韓国の私塾 経験談

    もともとなんとなく日本語教師には興味があり、大学時代の友人も何人か日本語教師をしていました。

    30代突入目前になり、30歳になる前に海外で働いてみたいという強い想いが生まれ、海外だと自分にできる仕事は何かと考えた時に日本語教師しかないと思いました。

    👩 32歳・日本語教師歴 2年
  • 2019年02月25日

    国内 日本語学校 経験談

    海外で働くのが子供のころの夢でしたので、すぐに、手っ取り早く働ける日本語教師の資格を取って、海外で働いていました。実際、海外で日本語教師をしていると、給与は低いのですが、学生がまじめなのもあってやりがいは結構感じられました。

    しかし、国内は職場の人間関係も大変です。「先生」と呼ばれる方々はプライドが高く、自分が一番だと思い込んでいる人が多く、排他的です。そんな人たちが集まって働くので、人間関係の摩擦が非常に強くあり、ストレスになります。また、給与や待遇が悪いので、お勧めできません。

    🧑 32歳・日本語教師歴 7.5年 ・KEC日本語学院修了
  • 2019年02月21日

    メキシコ 大学 経験談

    大学では言語習得を学びました。もともと外国語の勉強が好きだったからです。なので、外国語の勉強に関わることを専門として仕事をして行きたかったです。

    大学を出てからもどうしても外国語に関わる仕事がしたかったので、手っ取り早く海外で働ける日本語教師を目指しました。会社で海外転勤を待つ手もありましたが、それも不確かだったので。私の知り合いの日本語教師もだいたい同じような考えで日本語教師になった人が結構おおいです。

    🧑 32歳・日本語教師歴 7.5年 ・KEC日本語学院修了
  • 2019年02月21日

    韓国 日本語学校 経験談

    子供のころから海外が好きで、いつか海外で働きたいと思っていました。教えることに興味があり、大学の教育学部に入学したあとは、留学生に日本語を教えたりして、日本語教育の楽しさを実感しました。

    卒業語は2年ほど日本の企業で仕事をしましたが、やはり日本語教師になりたいと思い、退職して日本語教師になりました。

    👩 34歳・日本語教師歴 6.8年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2018年11月27日

    国内 日本語学校 経験談

    20年以上IT企業で勤務していましたが、セカンドキャリアを考える年齢となり今までとは全く別な仕事に就きたいと思うようになりました。

    元々大学で教員免許を取得していたり、長い間部下や新入社員の指導をしていたこともあり、「教える」仕事をしたいと考えたのですが、今更「学校教育」でもないし「塾」や「予備校」もピンとこないし・・・と何処で何を教えたらいいのかが決まりません。

    そこで、インターネットで「先生」「講師」「教師」のキーワードでを検索してみたら、「日本語教師」という仕事を初めて目にし興味を持ちました。それまで海外や外国人とはあまり接点のない生活をしていたので、日本語教師をしたら今までとは違う新しい世界が広がるはずだと思い、資格を取ることにしました。

    👩 51歳・日本語教師歴 3.2年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2018年11月22日

    国内 日本語学校 経験談

    子供のころから、世界の国々に興味がありました。いろいろな国について知りたい、いろいろな国へ行って、文化に触れたいという思いがあり、日本語教師を目指しました。

    そして、日本語教師の勉強をしていくうちに、日本の文化や日本語についての新たな気づきがあり、それらを外国の人たちに伝えたいという強い気持ちを持つようになりました。

    👩 46歳・日本語教師歴 3年
  • 2018年11月22日

    国内 日本語学校 経験談

    韓国に留学で滞在中、地元の日本語学習者の方から、作文の添削を求められ、あまりうまくアドバイスできなかったことと、日本語のことについて尋ねられ、返答に屈してしまったことがきっかけでした。 それで帰国後、教える仕事を始めてみようと考え、帰国後に養成講座の受講を決めました。

    🧑 32歳・日本語教師歴 3.2年 ・東京外語専門学校修了
  • 2018年11月22日

    国内 日本語学校 経験談

    公立中学校と日本語学校で迷いましたが、決め手は「母国者ではない学生に日本語を教える」ということでした。

    自分の力がより試されるのは、日本語が生活の基盤になかった人たちに日本語を理解してもらえるかどうかかと思ったので日本語教師を目指しました。

    🧑 26歳・日本語教師歴 4年
  • 2018年11月21日

    ドイツ 大学 経験談

    子どものころから外国や外国語に興味がありました。通っていた学校の関係でたまたまドイツ語を学ぶ機会があり、それからドイツに住みたいと思いました。

    ドイツにできるだけ長く滞在するにはどうすればいいのだろうと考えている過程で、日本語教師という仕事を知り、学部のときから検定試験の講座に通ったり、個人で本を集めたりして勉強していました。

    🧑 30歳・日本語教師歴 3.8年
  • 2018年11月20日

    中国 日本語学校 経験談

    以前サラリーマンをしていたころから日本語教師にあこがれており、通勤時間を利用して資格をとりました。

    その後海外の日本語学校で働く機会があり、これまでしばらく海外で働いてきましたが、海外での日本語教師はエキサイティングで現地の言葉を含め多くのことを学べます。

    これから日本語教師を目指す方々にもぜひ、海外での就労を検討してみてほしいと思います。

    🧑 42歳・日本語教師歴 6年
  • 2018年11月20日

    アメリカ 企業 経験談

    日本語教師になろうと思ったきっかけは、東日本大震災です。海外からたくさんの応援や援助が送られてきた中で、自分にも海外の方達に直接恩返しできるものはないかと思ったことです。

    それまで募金をしたりもしたのですが、具体的に何に使われているのかが分からず、満足感などはありませんでした。また、その頃の会社勤めでは、毎日同じようなの業務だけに追われており、もっと新しい経験をしたいと思っていました。

    それと同時に、海外への挑戦はできるだけ動けるうちのほうがいいと思い、会社を退職しました。30代を超えてからの挑戦でしたので、上手くいかなかった時のことをかなり覚悟しましたが、震災がきっかけで、とにかくやってみようという思いで渡米しました。

    👩 38歳・日本語教師歴 3.5年
  • 2018年11月20日

    モンゴル 日本語学校 経験談

    モンゴルに滞在するにあたって、就業ビザは狭き門でした。(外国人労働者に対する税金があまりに高いので、日本人が就業するには日本語教師しかないというのが実情です。)本当だったら日本でしていた仕事を生かす方向で医療関係などで、仕事に就くことも考えたのですが、それも実例がなく、無理でした。それで、日本語教師に進みました。

    👩 35歳・日本語教師歴 1.5年
  • 2018年11月18日

    台湾 企業 経験談

    自分が言語を学ぶのが大好きで、言語を学ぶのも、言語によって考え方・思考過程が異なるのが分かると楽しいので、自然と人に言語を教えるようになりました。

    分からなかった人が分かると顔が輝くのを何度も見て、自然とやりがいを感じ、言語を教えるようになりました。

    👩 37歳・日本語教師歴 9年
  • 2018年11月18日

    オーストラリア 企業 経験談

    元々は保育士の一人として担任のクラスを持ち2年ほど働いていました。自分の担任のクラスで日本語の歌を歌ったり数の数え方を教えたりし始めたことがきっかけで、日本語を教えることの楽しさに目覚めました。

    せっかく世界に飛び出してきたのだから、日本人の私にしか出来ないことをやりたいと常日頃思っていたので「これだ!」と思いました。

    園長とナショナルマネージャーに日本語教室を始めたいという旨を直接相談し、自分が出来ることや教えられることをレジュメに書き出しプレゼンテーションをしました。その結果が認められ今に至ります。

    👩 27歳・日本語教師歴 2年
  • 2018年11月18日

    ペルー 高校 経験談

    ワーキングホリデーで、オーストラリアに住んでいた時に、日本語教師をしている人に出会い、そんな資格があることを初めて知りました。

    地元の教育機関で働いていることが、ただただ羨ましくて、私も資格を取ろう!と決めました。

    👩 34歳・日本語教師歴 3年 ・BBI日本語教師ネットワーク修了
  • 2018年11月16日

    フィリピン 企業 経験談

    具体的にとのことですが、もともと日本語講師を目指していたわけではありません。
    もともとはニュースを読むアナウンサーになりたくてそれを目指して大学時代を過ごしました。

    そしてテレビ局にアナウンサー志望として内定をもらっている状態でしたがたまたまテレビ番組で日本語講師のコーナーを見て、そこに憧れを抱いたことから自分もやってみたいと本気で考え、目指したという経緯になります。

    👩 26歳・日本語教師歴 2.3年
  • 2018年08月27日

    国内 大学 経験談

    小さいころ、近所に中国から渡ってきた家族が住んでいました。田舎だったため、偏見の目もありましたが、子どもだった私はその家族が話す中国語が面白く、自分で中国語の本を借りて挨拶や簡単な単語で話しかけるようになり、子どもながらにコミュニケーションの楽しさを感じました。やがて中国人の家族も日本語を話せるようになり、家族ぐるみで仲良くなりました。

    その経験から、日本語や外国語に興味を持ち、たくさんの人と言葉を通じてコミュニケーションできる楽しさを教えたいと思うようになりました。

    👩 33歳・日本語教師歴 3年
  • 2018年08月27日

    国内 日本語学校 経験談

    もともと語学学習に興味があったこと、外国の人と触れ合うことが好きだったことがきっかけで日本語教師という職業に興味を持ちました。また、働き方によっては国内外問わずどこでもできること、年をとってからでも可能であることも理由の一つでした。

    👩 30歳・日本語教師歴 2年
  • 2018年08月23日

    国内 日本語学校 経験談

    最初はボランティアで地域の日本語教室で教えていました。日本人と結婚して来日した女性や、ご主人の仕事の都合で数年間日本に滞在する人など、留学以外で来日する人も多いです。

    そんな人たちが、日本に滞在している間「日本はいい所」と思ってくれたらいいな、と思いました。そのためにも言葉はできた方がいいだろう、そのお手伝いができたらと思い、ボランティアの養成講座に行きました。

    そして講座が終わって、ボランティアとして活動しました。その間に、日本語教育能力検定を受け、合格しました。

    ボランティアとして活動しているときに、書店のチラシコーナーを見て、日本語学校が「みんなの日本語」を使って養成講座を開催し、受講生を募集していることを知りました。地域の教室では初級を教えることが多いので、「日本語学校で初級の教え方をみっちり勉強したい」と思い、受講しました。

    その養成講座が終わるころ、教務担当の先生から「非常勤講師を募集してます」という話をいただいたので、応募し採用となりました。先生方の雰囲気もよく、ここで働けたらいい経験になると思いました。今は地域の教室では活動しておらず、日本語学校だけで日本語を教えています。

    👩 46歳・日本語教師歴 3年
  • 2018年08月22日

    タイ 大学 経験談

    実は私は日本語教師を目指していたことはなくて日本の小学校で教えていた経験しかありませんでした。

    しかし大学で教える機会に恵まれたので内定をいただいた後に資格を取りに行きました。私の場合、必要に迫られて資格を後からとることになったわけです。しかし、小学校で指導をしていた経験がいかせたので比較的スムーズに資格をとることができました。

    🧑 36歳・日本語教師歴 3年 ・KEC修了
  • 2018年08月22日

    スリランカ 公立中学校・高校(青年海外協力隊) 経験談

    元々英語や国語が得意で中学生のときから日本語教師になりたいと思い、大学も日本語教育が主専攻で学べる学科があるところを選びました。海外で日本語を教えたいと思ったきっかけは大学時代に留学生の友人が多く、彼らの影響で異文化の中に自分の身をおいて生活してみたいと感じたからです。

    👩 32歳・日本語教師歴 5年
  • 2018年08月21日

    中国 日本語学校 経験談

    母国語である日本語が武器になり、日本文化を海外に伝えられるということで、以前から日本語教師には興味がありました。

    足を骨折して1ヶ月ツアーガイドの仕事をお休みしなければならなかったときに、時間があったので有効に使おうということで独学で日本語教育能力検定試験の勉強を始めたことがきっかけです。

    👩 38歳・日本語教師歴 1年
  • 2018年08月20日

    イギリス 企業 経験談

    元々、外国語の勉強が大好きで、大学時代は英語や中国語を勉強していました。民間企業のOLを得て、結婚・出産後、ライフスタイルの変化に応じて、柔軟に働くことができる、かつこれまでの外国語の勉強暦も生かすことのできる日本語教師の職に魅力を感じ、飛び込んでみました。

    👩 39歳・日本語教師歴 8.4年 ・アークアカデミー修了
  • 2018年08月20日

    フィリピン 介護・看護就労希望者 教育機関 経験談

    私が日本語教師になろうと思ったのは、高校でオーストラリアに留学した際、現地の友達からされたたくさんの質問がきっかけでした。

    自分は日本人なのに、日本語や日本の文化について上手く答えられないことが悔しくて、日本語や日本を勉強し直している時に日本語教師という職業を知り、目指すようになりました。

    👩 31歳・日本語教師歴 6.5年
  • 2018年08月15日

    ブラジル 日本語学校 経験談

    現地では、ナチュラルな日本語を話す日本人と会話の授業をしたいと望む日系人の生徒と、漫画やアニメから日本語を学んだ若いブラジル人の教師、という相容れない状況が生まれていると感じました。

    資格も何も持たない私が日本語教師を目指したのは、そんな「日本人の日本語教師」が不足している、と感じたからでした。

    外国人の日本語教師は、自然な日本語は話せません。私が必要とされている、という責任感を強く感じました。

    👩 33歳・日本語教師歴 7年
  • 2018年05月24日

    国内 大学 経験談

    学部の専門が外国語(英語)だったのですが、主専攻である英語以外にも様々な外国語を勉強するうちに、自分の母語である日本語に興味を持つようになりました。

    大学院は日本語専攻に進み、文法を研究していたのですが、同級生の留学生の日本語使用を目の当たりにし、最初は漠然とでしたが、実際に日本語を教えてみたいと思うようになりました。

    🧑 40歳・日本語教師歴 16年
  • 2018年05月23日

    国内 日本語学校 経験談

    20代前半のころ大学を休学して将来に迷っていました。その時大学で受講した「日本語の音声」という講義がおもしろかったことを思い出して、日本語教師養成講座に通い始めました。

    その後、大学を卒業してわたしの目指していた演劇の道と、日本語教師としばらく2足のわらじでやっていましたが、日本語教師の仕事がおもしろくなって、教師一本でやっていくことにしました。

    👩 28歳・日本語教師歴 4年 ・IAY修了
  • 2018年05月23日

    中国 日本語学校 経験談

    外国での仕事と考えると母語を使えるのが一番有利だと考えたからです。現地語は仕事ができるほど流暢ではありませんし、日本人の求人の他の職種も経験がありませんでした。日本語こそ教える経験はありませんでしたが何かを「教える」経験はあったので、やってみようと思いました。

    👩 38歳・日本語教師歴 3.8年
  • 2018年05月23日

    国内 日本語学校 経験談

    日本語教師という職業の存在は、大学生になって初めて知りました。大学に入って留学生の友達ができ、仲良くなっていくうちに、何か留学生の役に立てるような職業はないかと考えるようになりました。

    そんなとき、ふと目に留まったのが、学内に置いてあったヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座のパンフレットでした。それを見て、日本語教師という職業があることを知り、日本語教師になろうと目標を定めました。

    当時は法学部に通っていましたが、卒業した後に、日本語教育の副専攻がある大学に編入し、本格的に日本語教育に関する勉強を始めました。

    👩 40歳・日本語教師歴 6.5年
  • 2018年05月21日

    ベトナム 日本語学校 経験談

    20代前半のころ大学を休学して将来に迷っていました。その時大学で受講した「日本語の音声」という講義がおもしろかったことを思い出して、日本語教師養成講座に通い始めました。

    その後、大学を卒業して私の大学の専攻の職業と、日本語教師としばらく2足のわらじでやっていましたが、日本語教師の仕事がおもしろくなって、教師一本でやっていくことにしました。

    👩 28歳・日本語教師歴 4年 ・IAY修了
  • 2018年05月21日

    カンボジア 日本語学校 経験談

    ガイドやホテルスタッフ等、日本に行った事もないのに日本語が上手に話せるカンボジア人が周りに数多くいた事がきっかけです。

    現地在住の外国人からも日本語を教えて欲しいといわれる機会もよくあったで新しいスキルを身につけようと思い、挑戦する事にしました。

    👩 26歳・日本語教師歴 1.2年
  • 2018年05月18日

    フィリピン 技能実習生教育機関 経験談

    短大に通っていた時、国際協力について勉強する機会がありました。そのとき、「お金や物資などを与えることもいいが、それより知識など現地の人が自らの力で成長していくきっかけを与えることが大切だ」ということを学びました。

    その時に「自分には何ができるだろうか」と考え、国語が得意だったことがあり「日本語教師を目指してみよう」と思いました。

    👩 28歳・日本語教師歴 3年
  • 2018年05月16日

    韓国 大学 経験談

    日本語教師という職業の存在は、大学生になって初めて知りました。大学に入って留学生の友達ができ、仲良くなっていくうちに、何か留学生の役に立てるような職業はないかと考えるようになりました。

    そんなとき、ふと目に留まったのが、学内に置いてあったヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座のパンフレットでした。それを見て、日本語教師という職業があることを知り、日本語教師になろうと目標を定めました。

    当時は法学部に通っていましたが、卒業した後に、日本語教育の副専攻がある大学に編入し、本格的に日本語教育に関する勉強を始めました。

    👩 40歳・日本語教師歴 6.5年
  • 2018年05月15日

    メキシコ 語学学校 経験談

    日本語が母国語なので、教えてみたいなと思い日本語教師をやってみたいと思いました。また、あまり日本人が居ないので、私が日本語を教えることで学生と日本語で楽しく会話が出来たら、私も幸せだと思いどこで教師が出来るかを探しました。

    👩 28歳・日本語教師歴 1.2年
  • 2018年05月15日

    タイ 日本語学校 経験談

    大学で取得できる資格の中に日本語教師があり、その頃はまだ夢が決まっていませんでしたので、いろんな可能性を広げるために挑戦しました。

    大学を卒業して、一般の会社で働きながら週末にボランティアで日本語の指導をしていたのですが、やはり仕事として日本語教師に挑戦してみたいという想いが強くなり、海外に行くことを決意しました。

    👩 29歳・日本語教師歴 1.1年
  • 2018年05月15日

    韓国 アカデミー 経験談

    大学は、理系でした。4年生では主に実験室で研究の日々。この道に進むのかどうか、自分には合わないんじゃないかと思っていたときに大学の生協で「日本語教師」のパンフレットを見ました。

    何気なく手に取ったのですが、よく見るととても面白そうな仕事内容だったので、日本で社会人経験を数年間積んだあとに養成講座を受けて海外で教えてみようと思い、実行にうつしました。

    👩 39歳・日本語教師歴 1年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2018年02月23日

    国内 日本語学校 経験談

    もともと英語が使える仕事や、海外と関わることができる仕事に就きたいと考えていて、人に何かを教えることが好きだったこともあり、日本語教師という職業に興味を持ち始めました。そのような動機で日本語教師になりたいと考える人は他にもいらっしゃると思いますが、実際は「教える」という側面が強い仕事でした。

    👩 31歳・日本語教師歴 3.8年
  • 2018年02月22日

    国内 専門学校 日本語科 経験談

    大学在籍中にニュージーランドに留学し、現地の小学校でボランティアで日本語を教えました。教壇に立って人前で話すことに、自分自身、抵抗を感じていませんでした。ただ「楽しい!私にもできるかもしれない」それだけの理由で、その頃から日本語教師という職に興味を持ち始めました。

    大学3年の春から日本語教師養成学校にダブルスクールで通い、卒業までに取得し、必死の覚悟で職を探したと記憶しています。

    👩 32歳・日本語教師歴 6年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2018年02月22日

    中国 大学 経験談

    高校の時、大学のパンフレットに日本語教師というワードを初めて見たのがきっかけです。外国に憧れていた私にとって、外国で生きていくためにはよい仕事かもしれないと興味を持ち、大学の副専攻で学びました。その後はインターンシップに参加し、より日本語教師に魅力を感じるようになりました。

    👩 30歳・日本語教師歴 6年
  • 2018年02月22日

    モロッコ 大学 青年海外協力隊 経験談

    大学を卒業後、企業で貿易の業務を行っていました。海外駐在でシンガポールに赴任した際、多国籍な文化に触れ、母国日本について改めて考えるきっかけとなりました。現地の友人から日本語を尋ねられた時に上手く答えられない自分に気づき、帰国後日本語教師の勉強を始めました。

    👩 43歳・日本語教師歴 2年 ・アークアカデミー修了
  • 2018年02月22日

    インド 日本語学校 経験談

    元々アナウンサーなので、人前で話すこと、言葉を使って何かをすることを生涯続けたいと思っていました。

    また、夫の仕事の関係で海外で生活すると予想し、友人からも日本語教師の養成講座を受けておくとそのうち役に立つと言われたのもきっかけです。

    👩 43歳・日本語教師歴 2.5年 ・アークアカデミー修了
  • 2018年02月21日

    フランス 日本語学校 経験談

    友人の勧誘がきっかけだったので、私自身は日本語教師を目指していたわけではないのですが、海外に出て働きたい人には、日本語教育は強い武器になると思います。私自身も外国と関わる仕事がしたいと思って、大学では外国語専攻でしたが、日本語教育を学んでおけばよかったなと今になって思います。大学で外国語専攻、大学院で日本語教育を専攻して、海外で日本語教師として活躍している友人がいるので、彼女の先見の明には感心します。

    👩 46歳・日本語教師歴 9年
  • 2018年02月21日

    アメリカ 大学 経験談

    元々言語を教えたいと思っておりました。でも高校の時は、英語は得意でしたが、話すのは得意でなかったため、専攻に悩んでいました。そんな時、日本語を教えるコースがあるということで履修をしました。日本語なら、母語なので出来ると思ったからです。

    よく日本語教師の方は、日本語が話せるだけじゃ、教師にはなれない。というと思います。でもそこが始まりでもいいかなと思います。私も日本語が話せるから日本語教師になろうと思ったまでです。

    肝心なのはそこからの努力で、その後修士号を取って、教えるのは難しいということもわかりました。でも、勉強したからこそ続けたいと思うようにもなりました。

    👩 31歳・日本語教師歴 7年
  • 2018年02月20日

    タイ 高等専門学校 経験談

    海外に移住したいという希望はあり、貯金をためてタイに引っ越してきました。しばらくいるうちに、現地で仕事をしたいという気になりましたが、タイでは外国人のできる職種には限りがあり、一番有力候補が日本語教師でした。

    タイの田舎に住む日本人で仕事をしている方は、大抵日本語教師です。

    🧑 35歳・日本語教師歴 6年 *2015年から2年ブランクあり
  • 2018年02月20日

    シンガポール 高等教育機関 経験談

    外国語を学ぶことが好きなため、日本語教師なら外国で働くチャンスがあるのではないかという安易な理由からスタートしましたが、初めて就職した学校で、真面目に学ぶ学生、情熱溢れる同僚や先輩たちに感化され、自らの流されるような生き方に疑問を持ち始め、そのうちに、目的をもって日本語教育に真剣に取り組もうと思うようになりました。

    長く働けるよう、日本語教育能力検定試験の合格、修士号の取得、英語の習得など、少しずつ、スキルアップしながら、キャリアアップを目指しました。

    👩 43歳・日本語教師歴 19年
  • 2018年02月20日

    カンボジア 日本語学校 経験談

    日本では中学校美術の教員をしていたのもあり、「教師」という職業で海外で働きたいという志向が強かったためです。初めての一人旅で訪れたカンボジアという国のあたたかさ、雰囲気、そしてあまり設備等が揃っていない学校の環境に逆に魅力を感じてしまい、いつしか「カンボジアで日本語教師を目指す」ことを目標に、日本で暮らしていた形です。

    👩 35歳・日本語教師歴 1.5年
  • 2017年12月24日

    韓国 日本語学校 経験談

    教えることが好きだったこと、海外生活に興味があったこと、などが最初の動機です。

    英語圏も憧れがありましたが、色々な英語圏にいくうちに、なんとなく生活文化が日本と違いすぎて私には合わないということを肌で感じるようになり、韓国ならもう少し共通点も多そうだなとおもったのが韓国での日本語教師をめざすスタートとなりました。

    👩 33歳・日本語教師歴 7.6年
  • 2017年11月27日

    国内 日本語学校 経験談

    この質問の前の質問でも答えたように、教育機関の事務で働いていた友人の勧めで始めた仕事でした。初めから目指していたわけではありませんが、日本語講師の仕事を続けるうちに、本格的に日本語講師として働きたいという意欲は強まっていきました。

    🧑 41歳・日本語教師歴 11.6年
  • 2017年11月24日

    ロシア 大学 経験談

    英語が好きだったことがきっかけで、外国の人と関わる仕事、外国に行ける仕事がしたいという思いと、先生になりたいという思いがあり、日本語教師という仕事を見つけました。様々な国に訪れてみたいというのも、日本語教師になりたいという気持ちを後押ししました。

    👩 31歳・日本語教師歴 4年
  • 2017年11月24日

    イタリア 語学学校 経験談

    ロンドンでのワーキングホリデー期間に、私が日本人として日本人だけが出来る事はないかなぁと思い始めた時に、日本語教師のコースを見つけました。コースではどうやって外国人に日本語を教えるのか、日本語とはどんな言語かなど、一から日本語について勉強するというのは興味深いもので、普段使っている日本語でも知らない事ばかりで毎回発見ばかりでした。

    日本語教師資格取得には、コース終了前のテスト合格と数回の教育実習の評価も含まれていました。

    👩 35歳・日本語教師歴 9.5年
  • 2017年11月22日

    カナダ 日本語補習校 経験談

    カナダのカレッジを卒業した後、3年間の就労ビザが出たので日本に帰って就職するかカナダに残るか迷っていました。そのときに、日本にいてもカナダにいてもできそうな仕事を考えた結果、日本語教師を思いつきました。

    👩 27歳・日本語教師歴 2年 ・ニューヨークアカデミー修了
  • 2017年11月20日

    フィリピン 日本語学校 経験談

    フィリピンへ語学留学へ半年間行き、そこでフィリピン人の彼ができました。フィリピンで働く方法を考えた時に、思いついたのがフィリピンの一般企業に就職するか、日本語教師かの二択でした。

    日本語教師の資格を取れば、フィリピンだけでなく、他の国で働くチャンスも作れると思い、日本語教師を目指しました。

    👩 30歳・日本語教師歴 1.5年 ・KEC修了
  • 2017年11月17日

    ベトナム 企業 経験談

    日本語教師そのものを目指したのではなく、教育事業の運営をするために、結果的に、日本語教育に関わることになりました。日本では、大学で教えていましたが、組織が大きいこともあり、チャレンジできることが限られています。

    そこで、40歳をまえに、これまでとは異なるチャレンジをしたいと思い、日本語学校の運営に携わることになりました。

    👩 40歳・日本語教師歴 1.5年
  • 2017年08月09日

    国内 日本語学校 経験談

    私が日本語教師を目指したきっかけは、大学時代のアメリカでのホームステイ経験でした。あまり英語が話せなかった私は、ホストファミリーとうまくコミュニケーションがとれずに、悔しい思いをしました。「もっとその国の言葉が分かれば、自分の感じたことが共有できるし、自分から話しかけることで世界も広がるし、ホストファミリーに対する感謝の気持ちを上手に伝えられたのに…」と後悔ばかり残ってしまいました。

    そして、いざ、大学卒業後の自分を考えたときに、私と同じように他言語を使って、活躍したいと考える人の手助けができれば…と思い、この仕事を選びました。実際に学生の日本語が上手になって、日本で生き生きと生活する様子を見られるのは、非常にうれしいものがあります。

    👩 30歳・日本語教師歴 3.8年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2017年08月09日

    中国 大学 経験談

    大学時代に中国留学をし、中国の人や文化、美味しい食べ物に魅了され、またいつか中国で生活がしてみたいと考えるようになりました。

    海外の文化が好きで、日本で就職した後も中国やその他の海外と取引がある部署への配属を希望していましたが、なかなか機会がなく、大学の時に日本語教育課程を専攻していたので、まずは日本語教師として中国で生活してみようと考えました。

    👩 28歳・日本語教師歴 1年
  • 2017年08月09日

    ケニア 外国語学校 経験談

    初めは日本語教師という職に絞っていたわけではありませんでしたが、ケニアで日本語教師を探しているというお話を頂いたので、そこから日本語教師養成講座を通信で学び始めました。

    もともと外国語大学で、日本語専攻の友人や日本語教育能力検定を受ける友人などもいたので、日本語教師という職自体はすんなり受け入れられました。

    👩 31歳・日本語教師歴 4年 ・WJLC修了
  • 2017年08月07日

    カナダ 日本語学校 経験談

    海外で働きたいと以前から考えていたのですが、自分のこれまでのスキル以外にも、何か役立つスキルが欲しいと思っていました。

    学生時代に塾の講師をしていたこともあり、教えることに対してはとても興味があり、やりがいを感じていました。偶然、日本語教師育成講座の存在を知り、その学費が適当であったこと、学習時間の確保ができることからまずは養成講座で学ぶことから決めました。

    日本語を語学として学ぶことは大変面白く、それを人に教えることは大変ですが楽しいのではないかと段々その思いが強くなり、現在の仕事に結びつきました。

    👩 33歳・日本語教師歴 2年
  • 2017年05月19日

    中国 日本語学校 経験談

    わたしは、広告代理店に勤めておりましたが、40歳手前になり、金と欲望にまみれる業界に嫌気がさしておりました。人生半分を迎えるにあたり、今後の人生をどう過ごすかを考えた折、幼少の頃からの夢であった海外生活にチャレンジしてみたくなり、そのための職業として、手に職をつければどの国でも需要がありそうな日本語教師という職業を知り、目指すことになりました。

    🧑 48歳・日本語教師歴 7年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2017年05月19日

    タイ 大学 経験談

    大学では日本教育史を専門としていた為、元々教師という職業には興味がありました。

    大学卒業前、進路を決めなければならない時期、周りの友達は次々と就職先が決まっていく中、どうしても海外で働きたいという気持ちが諦められませんでした。そこで、海外で教育にも携わることのできる仕事はないかと色々調べた結果、日本語教師がいいのではないかと思い、決意しました。

    👩 28歳・日本語教師歴 2年 ・アルファ国際学院修了
  • 2017年05月18日

    タイ 大学 経験談

    大学生の頃、留学先で日本語を教えてほしいと言われることが多かったのですが、上手く教えることができず、もどかしく思っていました。

    そこで、日本に帰国してから日本語教育の授業をとり、本格的に勉強しはじめました。その後、教育実習を経て、日本語教師という仕事にやりがいを感じ、日本語教師を目指すことにしました。

    👩 26歳・日本語教師歴 4年
  • 2017年05月18日

    カナダ 日本語学校 経験談

    高校生の時に習っていた国語の先生が退職される時に「退職後は中国に渡って日本語教師になるのが夢だ」と語ってくださったのが日本語教師という仕事を知るきっかけです。

    それまでは漠然と教える仕事がしたいと思ってはいたのですが、中学の国語教師になるか高校の国語教師になるかぐらいしか考えていませんでした。

    その後、日本語教師について本格的に調べ始め、大学も日本語学部へ進みました。

    👩 36歳・日本語教師歴 14年
  • 2017年05月17日

    国内 大学 経験談

    大学生の頃、留学先で日本語を教えてほしいと言われることが多かったのですが、上手く教えることができず、もどかしく思っていました。そこで、日本に帰国してから日本語教育の授業をとり、本格的に勉強しはじめました。その後、教育実習を経て、日本語教師という仕事にやりがいを感じ、日本語教師を目指すことにしました。

    👩 26歳・日本語教師歴 4年
  • 2017年05月15日

    国内 企業 経験談

    文学部出身で、もともと日本語などの言語に興味がありました。あるとき、スペイン人の友達に日本語を教えてほしいと言われました。そこで、教えるのがとても楽しかったことと、日本人なのに日本語の質問に答えられなかったことがショックだったことから、本格的に勉強を始めたいと思いました。

    当時はフルタイムで仕事をしていましたが、夜間や休日を利用し養成講座に通って日本語教師を目指しました。

    👩 32歳・日本語教師歴 5年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2017年02月17日

    中国 大学・中学校 経験談

    もともと、日本にいた時に自分が中国に興味があり、中国語を勉強していました。その関係で日本に住んでいる中国人と友達になり、個人的に日本語を教えていました。

    日本では、もちろん自分の力だけではありませんが、教えている生徒が日に日に上達していくのを見てやりがいを感じ、それから本格的に日本語教師の勉強をしました。

    後に、中国に渡ってきて、日本語教師の仕事を見つけました。

    🧑 42歳・日本語教師歴 1.3年
  • 2017年02月17日

    台湾 日本語学校 経験談

    台湾で中国語を1年勉強した後、現地の旅行会社で働いていました。

    日本人クライアントとのやり取りばかりで、日本で仕事しているのとあまり変わらない。「台湾人ともっと深くかかわる仕事がしたい!」と思うようになりました。

    そんな時、台湾人の友人から「日本語教師になれば?」とアドバイスが。

    その友人は日本語を勉強しており、私によく質問をしてきました。説明の仕方が的確で上手なので、日本語教師に向いていると考えたそうです。

    友達に背中を押されて、この道を目指すことになりました。

    👩 30歳・日本語教師歴 2.1年
  • 2016年11月22日

    アルゼンチン 日本語学校 経験談

    もともとは日本で勉強したスペイン語を上達させるためにアルゼンチンに渡ったのですが、2年強現地に住み、スペイン語講座に通う中で、自分がこれといった強みを持っていないことに気づき、「何か手に職をつけなければ」と思うようになりました。

    帰国後、スペイン語を習った学校に挨拶に行き、恩師たちと思いを話す中で、「日本語教育の勉強をしたらどうだ。」と言われたのがきっかけです。

    私は結構、第六感といいますか、直感で物事を決めるのですが、先生の言葉がコトンと心に落ち、その時からもう自分の中では「日本語教師になって、また海外へ行く。」というビジョンが出来ました。

    👩 42歳・日本語教師歴 5.5年 ・天理教語学院 伝道実習科 日本語教育課程修了
  • 2016年11月18日

    ブラジル 日本語学校 経験談

    学生時代から日本語教育の世界に興味はあったものの、それだけでは生活が難しいという話を聞いていたので、一旦はあきらめ、一般企業に就職しました。

    しかし、仕事をする中でやはり海外とのつながりを持って生活したいという思いが強くなり、時を同じくして参加した交流事業の募集を目にし、思い切って応募してみました。

    応募の時点では日本語教師の経験も資格もありませんでしたが、ブラジルで過ごすうちにやはりこの仕事をしていきたいという思いが強くなり、日本に帰国してから本格的に勉強を始め、現在に至ります。

    👩 32歳・日本語教師歴 6.2年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2016年11月18日

    アメリカ 日本語学校 経験談

    夫が仕事中の昼間、子どももいなかったため家事以外にすることがなく、また国際結婚をしたばかりで現地に友人もいなく、毎日張り合いのなさを感じていました。

    外に出て仕事をするにも、英語が話せない私に働ける場所なんかないだろう…と思っていたところへ、声がかかりました。

    未経験でしたが、 資格は必要ないということと、もともと子どもが好きだったので、当時の年齢の若さもあって思い切ってチャレンジしてみようと思いました。

    👩 29歳・日本語教師歴 1.5年
  • 2016年11月17日

    タイ 高校 経験談

    私が日本語教師になったきっかけは、大学のときのタイでの国際交流でした。初めての文化に触れることや、タイ人の友達ができることが嬉しくて楽しくてたまらず、国際交流の仕事がしたいと思いました。

    まずは自分の夢のきっかけとなったタイに住んで、自分でタイとのつながりを作りそこから国際交流のベースをつくろうとタイでの仕事を探し始めました。

    「日本語教師」という仕事は、その最初の国際交流でお世話になったタイの大学の教授からご紹介いただき、1年契約でやることになりました。

    👩 25歳・日本語教師歴 1年
  • 2016年11月16日

    国内 日本語学校 経験談

    もともと国語の教員になりたかったこと、大学時代に留学し、現地で日本語を教えるアルバイトをしたことがきっかけで「日本語教師」に興味を持つようになりました。

    大学4回生のときに、就職活動をしましたが「絶対この会社に入りたい!」という会社に出会えず、「本当に自分がしたいことは何だろう?」と考えるうちに、日本語教師に魅力を感じ、養成講座に通うことからスタートしました。

    👩 27歳・日本語教師歴 3.5年
  • 2016年11月14日

    国内 日本語学校 経験談

    幼少期から外国人と触れ合う機会を多く与えられ、そのため自然と「将来は外国に出たい」と思うようになりました。

    大学時代にカンボジアに行ったことがきっかけでアジアの新興国に興味を持ち、外国の人々に提供できる技術を習得し、将来は新興国で働こうと決めました。

    その技術として選んだのが「日本語教育」でした。資格取得後、海外と日本で悩みましたが、まずは本場の日本国内で経験を積むことにしました。

    👩 20代後半・日本語教師歴 2.5年
  • 2016年08月22日

    国内 日本語学校 経験談

    子供の頃から英語を習っていて、『逆に日本語を外国の人に教える仕事はあるのかな?』と思ったのが最初のきっかけです。そこで初めて『日本語教師』という仕事があることを知りました。

    それから中学卒業後に高校留学をし、海外の友人たちに互いの言語を教えあったりしているうちに、うまく説明できないことが多いことに気づきました。自分の将来を考えるなかで、日本語教師になりたいという思いが強くなっていきました。

    👩 28歳・日本語教師歴 2.5年 ・日本外国語専門学校 日本語教育科 日本語教師専攻修了
  • 2016年08月22日

    国内 日本語学校 経験談

    私自身、外国語を勉強するのが大好きで、留学したり会話サークル等に入りながら英語や中国語を勉強していました。

    こんなに「言葉」が好きならば、自分の母国語である「日本語」を教えることにも挑戦してみたいと思うようになり、養成講座の門をたたいたのがきっかけです。

    養成講座で初めて、日本語の教授法から文法までゼロから学び、自分自身がすっかり虜になってしまいました。

    👩 37歳・日本語教師歴 6年 ・アークアカデミー修了
  • 2016年08月15日

    タイ 日本語学校 経験談

    仕事で日本に来ている外国人や留学生と知り合う機会があり、時々日本語を教えていました。

    どうやって説明したら良いのかわからないことも多く、日本語を教えることの難しさを知り、日本語教師の仕事に興味を持つようになりました。

    立派に日本で生計を立てている外国の友人達と関わる中で、自分も海外で働きたい、挑戦してみたいという思いも湧いてきました。

    そういう思いもありつつ、長い間他の仕事に就いていましたが、家庭や周りの状況など、行動できる条件が整ったので、思い切って海外での日本語教師に挑戦してみました。

    👩 39歳・日本語教師歴 2.8年 ・アークアカデミー修了
  • 2016年05月24日

    オーストラリア 小学校 経験談

    当初、オーストラリアには、ホテル学を学ぶために留学しました。留学中、本当に自分のやりたい事とは何かと思い悩む時期がありました。人に相談するうちに、本当に挑戦したい事は、小学校教員ではないかと思うようになりました。

    もともと人と接する仕事に就きたいと思っていたので、大学に入学後、すぐに教員の魅力に引き込まれていきました。

    また、日本語と英語のバイリンガル小学校でのボランティア経験が、日本語教師の面白さを知り、目指すきっかけになったと思います。

    👩 32歳・日本語教師歴 2.5年
  • 2016年05月24日

    中国 大学 経験談

    もともと日本の文化について外国人に知ってほしいと思っていました。お寿司やアニメなどの影響で日本は日本人が思っているより興味を持たれていると思います。

    以前日本のゲームが趣味のカナダ人と友達になったことがありました。彼に日本について色々質問されて、案外自分の国のことでも教えられないものだということに、その時気がつきました。

    その後、日本文化や日本語を教えるには、勉強が必要だと思い、日本語教育の講座を受講しました。また日本語教師経験のある方にお話を伺うなどして、準備をしてきました。

    👩 42歳・日本語教師歴 2.8年
  • 2016年05月24日

    ドイツ 日本語学校 経験談

    怪我をして以前の職を続けられなくなり、その時に目に留まったのが日本語講師資格でした。

    その当時は、日本語講師という職業が徐々に広まってきていた時代。私は、外国人に日本語を教えるという事以外は何をするかあまり知りませんでした。

    当初は、自分に合わなければ、講座をやめればいいかなと考えていました。勉強を始めてみると、なるほど!という事が多くどんどん夢中になりました。

    👩 38歳・日本語教師歴 13.1年
  • 2016年05月24日

    カナダ 日本語学校 経験談

    日本で特別支援教育を専攻しており、現場実践もしてきました。

    言葉を習得していくことには興味があり、語学の獲得も自分が実践と学習してきた分野にとても共通する所があり、初めてでしたが、自分のこれまでの経験と技術が活かせると思い、応募しました。

    また、英語圏において英語が十分に話せず、選択肢が狭まっていたことも、結果として、自分の好きなことと技術を活かせ、適した仕事に就けることに繋がっていました。

    👩 43歳・日本語教師歴 6年
  • 2016年05月24日

    中国 日本語学校 経験談

    台湾、香港と夫の駐在について滞在する中で、現地の言葉習得のため、語学学校や家庭教師の生徒になるという経験をしてきました。

    生徒として授業を受けることはとても楽しかったので、自分も同じように教える機会があったら楽しいだろうと思いましたし、日本語を教えるという具体的なイメージも自分なりに持っていました。誰かの役に立てる、自分には向いている仕事だという思いがありました。

    👩 48歳・日本語教師歴 2年
  • 2016年02月29日

    インド 日本語学校 経験談

    人の紹介です。パーティの席で人づてに日本人女性が日本語教師をしていると聞き、そんな方がいるのか、と興味を持ちはじめました。

    在留邦人は当時デリーとその近郊で2000人といわれており、かなり狭い世界でした(今も3000人ほどなので狭いですが)。その後、クラスを実際に見学に行き、クラスの熱気に魅了されました。

    👩 48歳・日本語教師歴 7.5年
  • 2016年02月29日

    シンガポール 日本語学校 経験談

    私は大学卒業後2年間会社勤めをした後、中学生の頃からの夢だったカナダへ短期留学に行きました。その時に自分の英語力がどんどん伸び、英語でコミュニケーションが取れることにとても感動しました。

    「英語が話せるとコミュニケーションが取れる人が一気に増える!言葉を勉強するって素晴らしい!」と思いました。その喜びをもっと多くの人に知ってもらいたいと思い、日本語教師を志しました。

    👩 33歳・日本語教師歴 2年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2016年02月29日

    台湾 日本語学校 経験談

    日本語を教えることに興味を持ったきっかけは、大学生の時のドイツ留学です。そこで、言語交換として、日本に興味のあるドイツ人と友達になりました。挨拶など簡単なことを教えて、覚えてくれるととてもうれしかったです。

    しかし、日本人だから日本語が話せるけれど、教えられるわけではないのだということを痛感しました。例えば、「に」と「で」の使い方がわからない、と言われた時に、違うのはわかるのだけれどどう説明したらわかってもらえるかがわからないというが多かったです。

    留学後、日本で通信講座の勉強を始め、また同時に地域のボランティア教室で日本語を教えるようになりました。

    👩 27歳・日本語教師歴 1.6年
  • 2015年12月19日

    中国 大学 経験談

    大学入学以前は、社会人をしていました。その時にイタリアで三ヶ月間の滞在をしたことがあります。旅行より深く現地の人たちと関わる中で、日本がどこにあるのかさえ知らないイタリア人との出会いの多さに少しショックを受けました。

    自分のイタリア好きの気持ちはどんどん育っていくのに、「日本は知らない」。その言葉に自分を否定されている気持ちに・・・。

    それから「好きな国の人に、自分の国・日本のことをもっと良く知ってもらいたい!」「イタリアと日本の架け橋になりたい」と考えるようになりました。

    しかし、実は私自身が日本のことをよく知らないと気づきました。そして、日本のことをちゃんと勉強してイタリアで日本語を教えたいという気持ちが生まれ、日本語教師を目指すようになりました。

    👩 34歳・日本語教師歴 2.6年
  • 2015年12月19日

    中国 大連 経験談

    中国に来るまで、日本語教師についてはまったく関心がありませんでしたが、こちらで大学の日本語教師と知り合いになり、授業を見せてもらったことがきっかけです。

    その時点では同じ仕事をすることになるとは思っていませんでしたが、仕事を探し始めたときに、彼女が話していた拘束時間や仕事の内容を思い出し、できるのではないかと思いました。

    👩 40歳・日本語教師歴
  • 2015年12月19日

    イギリス 日本語学校 経験談

    日本では英会話講師として仕事をしており、元々教育に興味がありました。イギリス人の夫と結婚し、イギリスに住むことが決まり、日本の文化を広めたいと思ったのがきっかけです。

    それに加えて、3年日本にいた夫は、ほとんど日本語が喋れずに苦労したので、日本ではいかに日本語が必要かということに気付かされましたし、日本に旅行に行くにしても英語が通じない場所もあるので、ある程度の日本語は旅行に行くにしても知っておいてもっと楽しんでほしいと思いました。

    👩 28歳・日本語教師歴
  • 2015年12月19日

    イギリス 大学 経験談

    旦那(英国人)と婚約し、英国に住むことが決まった時に日本語教育能力検定試験を慌てて受検しました。もともと留学経験があり、日本語や日本文化に興味を持った方に、日本を紹介することが好きだったので、結婚して渡英した後はこの仕事しかない!と思い必死で勉強しました。

    日本語は自分で思っていたよりも奥が深く、日本語教育能力検定試験のために勉強している時は難しくてくじけそうにもなりましたが、海外で日本語講師以外に自分のできる仕事がある気がしなかったことと、渡英の時期が決まっていたので、楽しむというよりは「何が何でも合格しないといけない」といった気持ちで勉強しました。

    👩 29歳・日本語教師歴
  • 2015年12月19日

    ベトナム 日本語学校 経験談

    私が日本語教師を目指したきっかけは、中学生の時にホームステイを招いたことです。

    中学一年生の時に来たアメリカの方は日本語にとても興味を持っており、「これは日本語で何?」とよく聞かれました。

    そのうち、「どうしてこれは○○というの?」「どうしてこれとこれは文章が違うの?」などと日本語文法に関する質問をされるようになりました。私は「わからない」と答えることしかできませんでした。

    答えられなかった悔しさもあり、私自身の中でも「どうしてだろう」という今まで考えたことのない日本語の不思議というものに興味を持ち始めたのです。

    そこからは、日本語について調べると同時に日本語教師という仕事があることを知り、将来の夢へと変化していきました。

    日本人なのに日本語に関する質問をされても答えられなかったこと、日本語の魅力を外国の方に伝えたいと思ったことが私の日本語教師になろうと思ったきっかけです。

    👩 31歳・日本語教師歴 ・インターカルト修了
  • 2015年12月19日

    香港 日本語学校 経験談

    学生時代から語学や海外に興味があり、大学で言語学を履修したり、第二外国語以外の言語を習いに行ったりもしました。

    日本語を教えることに興味を持つようになったのもこの頃で、アルクの日本語教師養成講座(通信)を受講しましたが仕事にすることまでは考えていませんでした。

    就職後も海外への夢が捨てきれず、数年働いた後に語学留学をし、運よくそのまま現地で就職することができました。

    しかし十分な就業経験もなく、特別な技術や資格もないと海外で労働ビザを取得し働き続けていくことが難しいことを痛感し1年半ほどで帰国し日本で再就職しました。

    数年後、過労が原因で正社員から派遣社員に変わったのをきっかけに「今度は日本語教師で海外を目指そう」と思い立ち、働きながら日本語教師養成講座(通学)に通い始めました。

    講座受講中に応募した海外教師派遣の選考に合格し、講座修了と同時に渡航となり、それから現在までずっと海外で日本語を教えています。

    👩 45歳・日本語教師歴 ・千駄ヶ谷日本語教育研究所修了
  • 2015年12月19日

    台湾 大学 経験談

    大学卒業時に日本語教師を目指そうと思いましたが、経済面での大変さを聞き断念しました。その後大学職員をしているときに、日本語を流暢に話す留学生たちや日本語を教える先生と触れ合う中で、自分も日本語教師になって海外で日本語の良さを広めたいという思いが再び強まり、退職して日本語教師を目指すことにしました。

    経済面の安定を考えて、まずは日本語教育関係の学位を取るために大学院に進学しました。

    👩 35歳・日本語教師歴
  • 2015年12月19日

    台湾 日本語学校 経験談

    もともと語学にとても興味があり、語学に関する仕事がしたいと考えていました。

    大学時代に留学先で日本語の授業に参加させていただいたのですが、その時に学生さんたちが一生懸命日本語を話そうとしていたり、漢字を熱心に練習していたりする姿を見て、「私もこういう学生さんたちの手伝いができれば」と思ったのがきっかけです。

    👩 29歳・日本語教師歴
  • 2015年12月18日

    国内 日本語学校 経験談

    学生時代から海外や外国人には興味があり、旅行会社に勤務していました。

    その後、旅行関連の専門学校で入試広報に携わっている時に、専門学校へ入学したいと来校する外国人留学生と接する機会が増えてきました。

    彼らと話していて、「なぜこんなにきちんとした敬語を使えるのだろう」「こんなふうに目標を持って、それを実行しているのはなぜだろう」と思い、来日している外国人にますます興味が湧いてきたのです。

    ただ、日本語が堪能でも、異文化で暮らしている中で困ったことや困惑していることがたくさんあることもわかってきて、何か支援できる方法はないかと調べたところ、日本語教師という選択もあるとわかり、日本語教師を目指しました。

    👩 42歳・日本語教師歴 3年 ・アークアカデミー修了
  • 2015年12月18日

    国内 日本語学校 経験談

    大学で国際関係の学部で勉強していて、留学生の友人も多かったです。彼らと接しながら日本語を教えることが多く、日本語教師という仕事に興味を持っていました。

    持病があるため、もし悪化し辞めることになっても再就職できるように資格を取ろうと考えていたのですが、数ある資格のなかで勉強したいと思ったのが日本語教師でした。

    👩 25歳・日本語教師歴 2年 ・千駄ヶ谷日本語教育研究所修了
  • 2015年12月18日

    国内 日本語学校 経験談

    私が日本語教師を目指したきっかけは、中学一年生の時のホームステイでのことです。小学生の時から、自宅にホームステイ希望の外国の方を招いていました。当時は英語が好きで、少しでもネイティブの方と話したいというのが目的でした。

    中学一年生の時に来たアメリカ人の方は日本語にとても興味を持っており、「これは日本語で何?」とよく聞かれました。

    最初は物の名前などを聞かれるだけでしたが、途中から「どうしてこれは○○というの?」「どうしてこれとこれは文章が違うの?」などと日本語文法に関する質問をされるようになりました。私は「わからない」と答えることしかできませんでした。

    答えられなかった悔しさもあり、私自身の中でも「どうしてだろう」という今まで考えたことのない日本語の不思議というものに興味を持ち始めたのです。

    そこからは、日本語について調べると同時に日本語教師という仕事があることを知り、将来の夢へと変化していきました。日本人なのに日本語に関する質問をされても答えられなかったこと、日本語の魅力を外国の方に伝えたいと思ったことが私の日本語教師になろうと思ったきっかけです。

    👩 31歳・日本語教師歴 7.5年 ・インターカルト修了
  • 2014年12月02日

    ブラジル 日本語学校 経験談

    高校生時代にアメリカでホームステイをした際、ホストファミリーから色々な日本語の質問を受け、日本語を教えるのが楽しいと感じました。日本へ戻って日本語教育能力検定試験の存在を知り、過去問題集を買って読んだ時、自分は日本人であるのに日本語をきちんと理解していないことにも気づきました。

    大学ではほかの言語を専攻しましたが、やはり日本語を教えてみたいという気持ちが強くあったので、大学卒業後に日本語教師養成学校へ通い、養成講座を修了した後、札幌のボランティアグループで教え始めました。

    当時、日本では経験のないものが日本語教師として働くのは簡単ではありませんでしたので、ボランティアで教えた2年は実に掛替えのない大変貴重な経験となりました。

    生徒が段々と日本語を覚え、使ってくれることで、「誰かに日本語を教えるために、日本語を勉強し、自分の知らなかったことを発見するのが楽しい」と感じ、日本語教師として生きていきたいと思いました。

    👩 39歳・日本語教師歴 12年 ・札幌国際日本語学院修了
  • 2014年12月02日

    中国 日本語学校 経験談

    以前カナダへ留学していた際、「Conversation exchange」というお互いの言語を教えあうという活動をしたときのことです。実際教えてみると、相手の質問に答えられない、分からないことだらけで、「話せることと教えられるということは別なんだ」と衝撃を受けました。

    そんな時現地の日本人向けの新聞に掲載されていた「日本語教師養成コース」の広告が目に入り、日本語教師という職業があることを初めて知りました。

    将来、海外で働きたいという気持ちもあったので、日本語教師なら英語圏または東南アジアで職を探す際に生かせると考え、日本語教師を本格的に目指すことに決めました。

    👩 32歳・日本語教師歴 7.5年
  • 2014年12月02日

    国内 日本語学校 経験談

    小学校の社会の授業で、オーストラリアで日本語が教えられていることを知ったことがきっかけです。当時小学生だった私は外国人が日本語を教えているのが想像できず、当然日本人が現地に赴いて教えているものだと思っていました。

    ちょうど英語や海外に興味を持ち始めた頃でもあり、日本語を教えるという仕事に就けば外国に住めるのではと考え、そのころから漠然と日本語教師になりたいと思っていました。

    その後、他の職業を目指した時期もありましたが、大学に入る段階で日本語教師になるべく、言語学が学べる学科を選びました。

    👩 33歳・日本語教師歴 6年
  • 2014年10月13日

    国内 日本語学校 経験談

    日本語教師をする前は、英会話学校で日本人に英語を教えていました。元々教える仕事にやりがいを感じていましたが、長く続けるにあたって、果たして留学の経験もない自分に英語を教え続けることがいいことなのか、疑問に感じ始めるようになりました。

    そして、日本人の自分には外国人に日本語を教えるほうが合っているのではないか、と考えるに至りました。
    英語を教える傍ら日本語教師養成講座を受け、日本語教育能力検定試験にも合格し、日本語教師としてデビューすることになりました。

    👩 48歳・日本語教師歴 8年
  • 2014年10月13日

    ベトナム 日本語学校 経験談

    外国に興味があり、短大で英語を勉強し、ホテルでサービス業をしていました。しかし、英語もあまり使わず海外勤務にもほど遠く、30歳を目の前にしたときに“海外に住みたい”という夢を諦めきれず転職を考えました。

    どこの国でもできる、年を取っても続けられる職業とは?と考えたとき、英会話を習っていたときの同じクラスの人が日本語教師を目指しているのを話していたことを思い出し、調べてみたところ私にぴったりだと思い、日本語教師の養成講座に通い始めました。

    👩 35歳・日本語教師歴 4年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2014年08月10日

    タイ 日本語学校・高校・中学・企業 経験談

    以前カンボジアで3年間ボランティア活動をしていたときに、プライベートで小学生に日本語を教える機会がありました。

    反応のいい子供たちでとても楽しく教えられたのですが、反面、体系的かつ系統だった教え方が分からずに大変苦労したのを覚えています。どうすれば効果的に教えることができるのだろうかと悩みました。

    その後、日本に帰国した際に日本語教師養成科の存在を知りさっそく受講を申し込みました。
    もともと海外での生活を目標にしていたこともあり、現地の人々と深くかかわることのできるやりがいのある仕事として日本語教師職を目指しました。

    🧑 43歳・日本語教師歴 3年 ・学校法人福岡成蹊学園 日本語教師養成科修了
  • 2014年08月10日

    ロシア 日本語学校・大学・他 経験談

    元々ロシアのバレエや絵画に興味があって2度ほど旅行したのですが、その時に日本語を勉強しているロシア人の学生と交流会があって、どんな風に日本語を勉強しているのか聞いてみました。

    日本語を勉強している、とはいってもその大学では日本人はおらず、教科書もなく、辞書もなく、韓国人とロシア人のハーフの先生が自身もつたない日本語で話していました。

    そんな中でもたくさんの学生が日本に興味を持ち、日本語を勉強したいといっていたことにびっくりし、それから日本語を教える日本語教師という職業に興味を持つようになり、実際に自分もやってみたいと思うようになりました。

    👩 45歳・日本語教師歴 16年 ・セイコー学院 舞子校修了
  • 2014年06月14日

    国内 日本語学校 経験談

    もともと海外で働きたいという思いから、日本語教師を目指しました。

    以前は建築の仕事をしていたので、建築の仕事で海外に行くことも考え、青年海外協力隊の説明なども聞きに行ったのですが、女性で建築の仕事はハードルが高く、それなら女性が多く働いている日本語教師で、海外で働こうと考えました。

    それまでも海外旅行が好きで、海外でボランティアで日本語を教えて、生徒達が片言の会話ができるようになったのを見て、日本語教師という仕事は少し身近に感じられたのも大きいと思います。

    👩 37歳・日本語教師歴 8年
  • 2014年05月31日

    中国 日本語学校 経験談

    学生時代に短期でしたがホームステイをした際に、当時の私は英語を学んで海外で多くの事を吸収し、働いていきたいと考えていましたが、海外では多くの方々が日本について興味を持っていることに気づかされました。

    そこで、日本語を通じて日本の文化を広く伝え、日本を知ってもらう手伝いができる日本語教師という仕事に興味を持ちました。

    しばらく会社員として働いたのち、当時の思いを思い出し、日本語教師という仕事にチャレンジしてみようと思いました。

    👩 40歳・日本語教師歴 5年
  • 2014年03月11日

    国内 日本語学校 経験談

    以前は、会社勤めをしていましたが、家庭の事情で引っ越すことになり退職しました。同じ職種で転職を考えましたが、また、引っ越しや海外に行く機会もあるということだったので、国内外問わず出来る仕事があれば、と考えて、日本語教師を目指しました。何歳からでも、未経験でもスタートできるというところにも魅力を感じました。

    日本語教師は以前から興味があったので、良い機会だと思い、現役の日本語教師の方にいろいろと話を聞き、養成講座に通うことにしました。

    👩 33歳・日本語教師歴 3年 ・KEC日本語学院修了
  • 2014年01月12日

    ニュージーランド 高校・中学 経験談

    学生時代より教員になりたいと思っていたのですが、卒業後すぐに教員にならずに一度民間の企業に就職してから教員になろうと思っていました。

    就職先で海外の部署に配属され英語を使うようになり、もっと英語力をつけられ教員にもなれる理想の職業を探していたら、外国で日本語を教えるこの仕事に出会いました。

    はじめは日本語教師アシスタントとして一年色々な体験をし、これならやっていけるという自信、この仕事をしたいという願望があったので、ニュージーランドの国立大学の教育学部に入りなおし、ニュージーランドの教員免許を取得し現在に至ります。

    🧑 40歳・日本語教師歴 14年
  • 2014年01月12日

    フランス 日本語学校 経験談

    もともとは発展途上国での国際協力の現場で働いており、現地での空き時間に要望があって日本の歌や紙芝居を披露したり、簡単な日本語会話を教えたりしているうちに、日本語を教えることそのものに興味を持ち始めました。

    興味を持って勉強しているうちに、大学時代の恩師より、本腰を入れて日本語教師をやってみないかというお誘いをいただきその話に飛びついたのがきっかけです。

    途上国開発支援の仕事は大変やりがいがあり、自分が本当にやりたかった仕事ではありましたが、将来の事を考えて、どこの国へ行っても、もちろん日本国内でも生きていく事ができる仕事をしたいと考えておりましたので、日本語教師を本職にしていく道を選びました。

    👩 30代後半・日本語教師歴
  • 2014年01月12日

    トルコ 大学 経験談

    大学に入る時、何となく「海外でできるような仕事に就きたいな」という漠然とした思いで、日本語教育を専攻できる大学に入学しました。

    その時は特に、絶対日本語教師になるという強い決意もありませんでしたが、大学で日本語教育を勉強いていくうちに、だんだんと面白くなってきたのですが、それでも本当に日本語教師になるかどうかを決めかねてはいました。

    そんな時、大学在住中に海外での日本語教育実習に参加し、その時に初めて、海外で日本語を熱心に勉強して、何とかコミュニケーションを取ろうとしてくれる学習者の姿を目の当たりにし、やはり海外で日本語教師になろうと思うようになったのがきっかけだと言えます。

    👩 28歳・日本語教師歴 5.5年
  • 2013年12月14日

    中国 大学 経験談

    私は大学・大学院ともに外国語系の専攻でしたので、外国語を勉強する中で、外国人にとっては外国語である日本語を彼らはどのように学習し、先生はどのように教えるのかしだいに興味をもちました。

    また、私は中国語を勉強していたとき中国人とランゲージ・エクスチェンジをしていて、中国語を教えてもらう代わりに日本語を教えていましたが、質問されてもうまく答えられなかったときなど、もっと正しく日本語を教えたいと思い、それには日本語教師になる必要があると思いました。

    🧑 32歳・日本語教師歴 1年
  • 2013年12月10日

    国内 私立の外国人学校 経験談

    元々は日本語教師を目指していたわけではありませんが、大学生時代に部活やアルバイトとは違ったことがしたいと思い、ボランティアで日系ブラジル人の子ども達へ宿題や日本語を教えていました。

    その流れでブラジル人が経営する学校で日本語や文化を教えてほしいとの依頼があり大学3年の秋から先生として働き始めたのがきっかけです。

    それからもう1校からも依頼があったので掛け持ちするようになりました。掛け持ちしていた時は卒業していたので、企業で働きながら日本語教師をやっていました。

    正社員ではなかったとはいえ、掛け持ちさせてくれた寛大な企業だったなあと思います。私の場合は目指したというより、ニーズがあったのでそこに自分の可能性と経験のためになると思って始めました。

    👩 30歳・日本語教師歴 6年
  • 2013年12月07日

    台湾 大学・高校・企業 経験談

    夫の赴任に伴い台湾へ行き、そこで初めて日本語教師という仕事を知りました。元文学少女だった私は、これこそが私のやりたい仕事だと燃え上がりました。

    しかし、教師の条件は(日本においての)日本語学科卒業、養成講座修了というものがほとんどでした。そこで一念発起して台湾の大学に入学し、自分の子供のような年頃の若者と席を並べて勉強しました。

    その後大学院まで進み、卒業と同時に日本へ帰国、日本語教師養成講座へ半年通いました。足掛け7年でやっと日本語教師としての資格を得る事ができました。

    👩 59歳・日本語教師歴 3年
  • 2013年11月10日

    中国 大学 経験談

    もともと中学生の頃くらいから言語に興味を持っていて、高校で進路を決める際も自然に外国語大学を選びました。大学での勉強は面白かったのですが、次第に言語への興味が言語学習への興味へと変わっていったのです。

    そのため、大学院では言語習得プロセスを中心に研究したのですが、毎日理論ばかりでそれは大変つまらない物でした。

    そんなとき、日本語教師養成講座ならすぐに言語学習の実践を学べるということを知り、すぐに教壇に立ちたいという願いもあったので、近くの養成講座へ入学しました。そこで日本語教師の面白さに取り付かれ、今に至ります。

    🧑 27歳・日本語教師歴 2年
  • 2013年11月10日

    中国 日本語学校 経験談

    先にも書きましたが、まず友人のつてで語学留学のために中国へ渡り、生活費をまかなうため外国人向けの青年旅行社のアルバイトに応募しました。

    そこは不採用だったものの、そこの日本人のオーナーから知り合いが日本語教師を一人探していると聞き、面接に行ったところ即日採用されました。

    塾講師の経験はあったものの、日本語を教えたことは全く無く、まずは10日間の研修を受け、それから初級の授業を担当させていただきました。

    👩 34歳・日本語教師歴 4年
  • 2013年11月10日

    韓国 大学・高校・企業 経験談

    日本語の教師になったきっかけは、留学中の韓国で留学先の大学で日本語教師として授業を受け持ってもらいたいと頼まれたためです。

    その以前には、個人的に韓国国内で周囲の人々に日本語を教えていましたが、本格的に日本語教師として活動することになったのは、大学の国際学科での日本語授業を受け持つようになったことです。

    その後、日本語教師としての経験を買われ、大学の日本語学科での授業も受け持つようになりました。又一番安定していたのは、外国語高校の日本語教師です。

    👩 48歳・日本語教師歴 15年
  • 2013年11月09日

    ボリビア 国公認 社団法人小中学校 経験談

    離婚後、アルバイトをしながら仕事を探していました。簡単に就職できると思っていましたが、手に職もなく大した就業経験も無かったため、応募しては落ちるという毎日で途方に暮れていました。

    しかし、社会に縛られず自由が効くのは今しかない!と考え方を変え、何か新しいことやってみようと思うようになりました。

    以前から「海外に住んでみたい」と興味を持っていて、特に根拠はないのですがなぜかスペインにすごく惹かれるところがありました。

    スペインに住むためには、仕事を見つけなければなりません。今の自分にプラスできる仕事はないか?とネットで調べているうちに、日本語教師という職業があること、そのステップになる日本語教師養成講座が行われていることを知りました。仕事をしながら420時間の講座を受講するには1年ほどかかりましたが、全く苦にはなりませんでした。

    講座時間が終わりに近づくほど、海外で日本語教師として働きたい!という気持ちが大きくなっていきました。

    👩 48歳・日本語教師歴 3年 ・ヒューマンアカデミー修了
  • 2013年09月06日

    国内 日本語学校 経験談

    アルバイトを探していた時に、求人情報を見て「何となくできそうな仕事だから」と思ったので、気楽に始めました。ところが、外国人と接することや、日本語の教え方を工夫することがとても面白く、自分にあっている仕事だと感じたので、以来、一貫して日本語教師です。

    日本語教師になるからには、本格的に学んで「日本一の日本語教師になりたい」と思い、通信教育で420時間の養成講座を修了し、大学の日本語学科に入り直し、日本語能力検定試験もとりました。今もまだ、新しい分野を開拓するために学んでいます。

    途中一度、諸事情により職を退きましたが、復職する際に選んだ仕事は、やはり「日本語教師」です。

    大変なことは多いのですが、他の仕事をやることを想像しても物足りない感じがしたのと、それまで積み重ねてきた自分の経験や、作成した教材などを生かせる場だと思ったので、日本語教師を選び、以来、続けています。

    👩 49歳・日本語教師歴 17年
  • 2013年09月06日

    国内 日本語学校 経験談

    国際交流が好きで、趣味としていろいろな国の人と話すパーティー等には行っていました。ある時、誰でもかわりがきく会社の歯車である仕事がいやになり、会社を辞め、海外の山にトレッキングに行きました。

    そのとき、道中は辛かったのですが、ネパール人の朗らかで気さくなガイドさんに、気を紛らわすために「アイーン」等、日本のギャグを教える機会があり、とても楽しい時間を過ごしました。

    それがきっかけで外国人に日本の文化も伝えることができる、日本語教師を目指そうと思いました。

    👩 45歳・日本語教師歴 12年 ・千駄ヶ谷日本語教育研究所修了
  • 2013年09月06日

    国内 小・中学校 経験談

    海外で生活した経験があり、外国人とのかかわることが多かった。帰国後英語を教える仕事に就いたが、日本で外国人とかかわる機会という事で、ボランティアで大学の留学生などに日本語を教える仕事をしていた。

    その後、再度英語を教える仕事に就いたが、その流れで外国人児童生徒に日本語を教える仕事をしないかとの打診を受け、現在に至っている。

    仕事をするにあたって、大人に指導するのとは違ういろいろと難しい点もあると感じ、アルクのNAFL日本語教師養成プログラムを受講し修了。

    👩 45歳・日本語教師歴 4年
  • 2013年09月06日

    国内 企業 経験談

    まず最初に、外国語を学ぶことに自分自身が興味があり、英語、フランス語、スペイン語などを勉強しました。

    そのときに、私ならこう教えるのにという思い常にありました。英語の講師として勤務していた幼稚園に、ブラジル人親子がいて、通訳として手助けしていたときに、日本語を教えてあげたいと思ったことが転職のきっかけになったと思います。

    また、英語の講師では結局ネイティブではないのでなんとなく自信が持てませんでしたので、母語である日本語を教えたほうがもっと自分に自身が持てると思い、転職にふみきりました。

    👩 41歳・日本語教師歴 2年
  • 2013年09月05日

    中国 日本語学校・大学・企業 経験談

    もともと教員志望でしたが、得意教科にむらがあり、特に英語と数学が全くできずに教員採用試験合格は不可能でした。しかし、人に教えることがしたいという夢はあきらめきれずにおりました。

    中学生の頃から中国の歴史に興味があり、一番の希望は中国語を教える先生になりたかったのですがその語学を学ぶために留学した先で日本語教師について知り、1年の留学期間を終えいったん帰国。

    もう少し語学が学びたいし、中国国内のことも見て回りたいと思い日本語教師の職を探してから上海の民間の日本語学校に赴任しました。

    👩 36歳・日本語教師歴 8年
  • 2013年09月05日

    中国 大学 経験談

    中学生の時から外国で仕事してみたいと思っていました。高校生になり、留学生が日本語を勉強する姿を見て一緒に交流するのがとても楽しく、同時に留学生が日本語はとても素敵な言葉がたくさんある。

    音がきれいだ。と日本語の美しさを度々口にするのを聞き、私たちが普段話している言語は素晴らしいものなのだと日本語の魅力を逆に教えてもらい、外国の人に日本のことをもっと知ってほしいと思うようになりました。

    そして、日本語教師をいう職業を知り、大学で日本語教師になるための養成講座を受けました。大学にも留学生がたくさんおり、交流するなかで日本語を教える楽しさを知り、外国で日本語を教えたいと強く思うようになりました。

    👩 26歳・日本語教師歴 2年
  • 2013年09月05日

    アメリカ 大学 経験談

    アメリカに留学中、留学先大学の日本語学科で日本語講師が必要になり、授業を手伝うことになったのが、日本語教育に興味を持つきっかけとなりました。

    授業では、学生から矢継ぎ早に飛んでくる日本語や日本文化に関する質問に、今まで体験したことの無い、日本人としての「使命」を感じました。

    その後、本格的に日本語教師を目指そうと決心し、日本で日本語教師養成講座420時間のトレーニングを受けた後、アメリカの同じ大学に戻り、日本語教師として働き始めました。

    👩 36歳・日本語教師歴 5年
  • 2013年09月05日

    韓国 高校 経験談

    教育に関してもともと関心がありましたが、日本語教師というものに関しては、あまり関心がありませんでした。友人が日本で日本語教師として海外から来る留学生たちの世話をしているのを見て、大変だなぁと思っていました。

    しかし、その反面、その友人が外国のあちこちに生徒がいて交流があるのを見て、少し羨ましいとも思っていました。

    そんなある時、韓国の友人を通して、韓国にある観光に特化した私立の高校で働いてみないか、と紹介を受けました。日本に来ている外国人の友人に(主としてアメリカ人)日本語を少し教えた経験がありましたが、日本語教育に対して、経験はなかったのですが、せっかくのチャンスと思って引き受けました。

    そして、そこで、日本語を学んでいる学生たちと出会い、正式に日本語教師としての勉強をしようと目指すことにしました。

    👩 40歳・日本語教師歴 2年 *途中休職期間あり

当サイト人気スクール 420時間養成講座