掲載日:

海外日本語教師経験談

韓国 南部 就職支援教育機関(2020年) 就職サポートとして学生の人生に関われる

👩 shonaさん・ 27歳

総評

  • 韓国 南部 就職支援教育機関
  • 雇用形態:非常勤講師
  • 期間:1年 (2019~2020年) *退職
  • 月収:約15万円 (150万ウォン) *なんとか生活できる
  •  日本女子大学
  • 勤務時間:1日4時間(時期によって変動あり)週3日勤務   *残業:1ヶ月 合計5時間

こちらの機関は、語学院(塾)や大学の授業などと違い、プログラム期間中の日本就職を目標とした学生に教えるという点が、内容面では一番特殊な部分でした。そのため授業は履歴書や面接練習などの就職準備から、入社後のビジネス敬語、ビジネスマナー、メール作成などがメインです。私自身は日本企業での就職経験がなかったため、ネットや書籍などでの情報収集は欠かせませんでした。

しかし、そのかいあって、私が作成した面接想定質問が、実際の面接でも沢山出て、”落ち着いて面接を受けることができた”という声をもらったり、内定をもらった学生から「先生のおかげです!」という言葉をもらったときは、やはり嬉しさとやりがいを感じることができました。

履歴書や面接指導は、日本語指導を超えた部分(文章や表情等)もアドバイスする必要があったため、学生の気分を害することなく的確にアドバイスする難しさを感じていました。
より的確で深い指導をするためにはキャリアコンサルティングやコーチングのスキルも必要だと思います。

また、学生は自分の就職状況によってイライラしたり落ち込んだりすることが多かったので、クラスの雰囲気を保つことも難しいことの一つでした。しかし、学生1人ひとりの性格を把握して、なるべく声をかけるようにしていたら、心を開いてくれて、自身のことなどをよく話してくれるようになったりと嬉しいことも多くありました。

待遇面では、韓国の学院などの講師と比べるとかなり良いものでした。しかし時期によって担当クラスの数と給与が変動するので、1人でこの仕事だけで生活はできることはできますが、余裕はないかと思います。

また、このプログラムは韓国政府が支援しているものなので、信頼があり、今後のキャリアにもプラスになることはいいことでした。

特に大変だった点は、と運営側とのすれ違いが多かったことです。授業時間は、一番多いときで1日8時間でした。体力的にもつらいですし、6時間は同じ学生と授業するので、飽きさせないよう工夫が必要でした。

またこれも韓国あるあるですが、上司や運営側からの事務連絡などがいつも直前であることが多くて、対応も難しく振り回されることによるストレスが大きかったです。

日本語教師として苦労したこと、戸惑ったことはありますか?

授業内容は任せられていて、教材から何をするかまで自由に決められたので、学生のニーズに合うようにやりたいことをやれたのは良かったです。しかし制限がないので、”どの時期に何をやるべきだ”ということをすべて自分で決める責任の重さがありました。

また、日本人的発想では、授業をするにあたっての様々な情報や、細かい予定などはなるべく早く把握して、しっかり準備をして臨みたいという希望がありますが、直前に情報をもらったり、上の人からの急な一声で授業の予定がひっくり返るなどということは、ざらにありました。

なぜこの就職支援教育機関を退職しましたか?

他の地域に引っ越しをすることになったので、物理的に勤務ができなくなったためです。ですが、ストレスが大きかったので、引っ越しがなくても長くは続けなかっただろうなと思います。

給与

月収:約15万円 (150万ウォン)
なんとか生活できる

フリーランス契約だったこともあり、給与は学生の入学時期によって月給にして5万円程差がありました。私含め講師は皆既婚者でしたが、1人で生活する場合、前述の通り月給が前後するため生活自体はできますが、遊びに行ったり贅沢はあまりできないと思います。

また韓国のほとんどの企業がそうであるように交通費は支給されませんでしたが、昼食代は支給されました。韓国は交通費は安く、外食代などの物価は高いので、これは助かりました。

給与の詳細を読む...

給与

  • 月収:約15万円

月収の内訳

  • 時給:2,500円

待遇

  • 昼食費

雇用形態

  • 非常勤講師

勤務時間

  • 1日4時間(時期によって変動あり)週3日勤務   *残業 1ヶ月 合計5時間

長期休暇中の給与保証

  • 長期休暇がない

授業形態・勤務スケジュール

スケジュール管理で大変だったことは?

授業時間が長い分、授業準備に時間がかかります。納得するまでやると休日の自分の時間がなくなるため、最低限のポイントは準備して、後は授業中に学生の様子を見ながら調整する、アドリブ力を鍛えました。

授業形態やスケジュールの詳細を読む...

主なクラスの授業形態

  • クラス授業  1クラス7人

学習者層

  • 大学生
  • 就職準備中の人 22歳~35歳

スケジュール

月・水・金曜日(繁忙期)
  • 9:00~12:50  上級クラス4コマ
  • 12:50~13:40  昼休憩
  • 13:50~17:00  上級クラス2コマ、中級+上級クラス2コマ
月・水・金曜日(普通期)
  • 9:00~12:50  上級クラス4コマ
休日
  • 土曜日:一日休めていました
  • 日曜日:授業準備1時間

教案作りで参考にしているサイトは?

  • 大学生と作る就活応援ゼミ
    授業中に記事を読ませたり、動画を視聴させて、企業選びのポイントや面接の参考にしてもらいました。
  • 東洋経済オンライン
    記事を宿題で読んできてもらい、授業中は記事の内容に関するワークシートで質問に合う答えを探したり、ディスカッションをしたりという使い方でした。

教案作りで参考にしている書籍は?

  • 長沼スクール 就職&ビジネス日本語 対象: 中級・上級
    コースの初めの段階で、自己分析や履歴書作成の基本を知ってもらうために使いました。ワークやロールプレイが多いので能動的にやってもらえました。
  • 実践IT日本語 対象: 中級・上級
    学生がIT企業志望だったので、コースの中盤で、入社後の想定として活用しました。

就職活動

この就職支援教育機関で働くきっかけ・決め手は?

学院を辞めて個人レッスンを中心にしていましたが、不安定なためもう一度機関で働こうと思い、求人サイトで探していたところ偶然見つけたので応募しました。

決め手は、政府が支援するプログラムだったので信頼がある所、給与面でした。

面接ではどのようなことを聞かれましたか?

模擬授業などはなく、簡単に経歴について聞かれました。
あとは勤務可能日や、どのように授業をするか聞かれました。
鋭くこちらについて聞かれるというよりは、機関側がプログラムについて説明してくれる時間が長かったです。

この就職支援教育機関で求められる資質や資格、経歴や語学レベルは?

やはり日本企業での就職経験は大きな強みになります。また、キャリアコンサルタントやコーチングの手法も知っておいて損はないと思います。

日本語教師としては、自分の教え方に固執しすぎず、学生と状況を見ながら柔軟に授業内容を変えられる力が必要です。

就職活動で参考にしたウェブサイトは?

  • saramin
    すべて韓国語。日本語教師の求人は多い

就職 教育機関選びで特に重視した点

  • 給与・待遇
  • 通勤時間
  • キャリアにいいか

応募時に必要とされた資格

  • なし

就職 選考方法

  • 面接

面接方法

  • 現地にて実施

日本語教師全般に関する質問

どのような経緯で日本語教師を目指しましたか?

大学4年のとき、一般企業に就職するのは何か違うと感じ、大学院に入学しました。
日本語教育の専門職大学院だったので、このスキルを生かしたいと日本語教師になりました。

韓国はもともと興味がある分野が多く(KPOPや美容)、恋人もいたため就職先として選びました。

日本語教師をやってよかった! どんな時に実感しますか?

日本語を通じて学生と深い話ができたときや、私のアドバイスによって学生の人生がよくなったと言われたときに充実感を感じます。個人レッスンの学生ですが、「先生の授業を受けて、日本語の上達はもちろん、性格も明るくなった気がして感謝しています」と言われたときは非常に嬉しかったです。

日本語教師を辞めたいと思ったことはありますか?それはどうしてですか?

一生懸命授業準備をしても、学校側の急な都合で授業ができなくなったり、連絡が急すぎたりして尊重されていないと感じたときは失望を感じました。

また、授業準備時間や履歴書を見る時間は給与に含まれないので、わりに合わないなと感じることは多かったです。

学生のみなさんへ 進路についてアドバイス。

養成講座を副専攻で受けられる大学を選択すれば、効率的に講座を修了できます。

私自身、主専攻の課題をこなしながら、少し大変ではありましたが、学部在学中に修了することができたのはよかったなと思っています。

しかし、養成講座の先生によっては教え方やビリーフが凝り固まっていたり、自分と合わない場合があるので、事前のリサーチは十分することをおすすめします。

専門職大学院は、かなり実践力を鍛えられるので、大変ではありますがおすすめです。

社会人のみなさんへ 進路についてアドバイス。

日本語教師といっても今は非常に多様なニーズと教師の形があるので、自分の性質とどんな日本語教師になりたいのかということを考えてから始めるのがいいと思います。

資格なしでも、カフェトークなどのオンラインでは気軽に始められるので、そのような所でやってみてから、足りない部分を把握して養成講座なり検定試験を受けるのもいいのではないかと思います。

韓国で日本語教師を目指す方へ心構え・アドバイス。

韓国で日本語教師として働く上で必要なのは、授業力などはもちろん、いい意味で「気にしない」ことと、準備などは不十分でもとりあえずやってみる!という心意気かと思います(笑)チャンスが突然やってきて、一週間後から授業開始!ということもざらにありますので、アンテナを常に張っているのも大事です。

韓国語はできるに越したことはないです。求人情報等、韓国語ができれば得られる情報は違ってきますし、事務や経営陣とのやりとりは韓国語なので、こちらが不利にならないためにも韓国語はある程度できるようになった状態で渡航することをおすすめします。

アジアの国・地域別 経験談

当サイト人気スクール 420時間養成講座