掲載日:

日本国内 日本語教師経験談

国内 日本語学校 30カ国の学生への指導の醍醐味

SKYさん・ 32歳・ 女性 👩 ・ 日本語教師歴 4年

総評

  • 国内の日本語学校
  • 雇用形態:非常勤講師
  • 期間: 2年(2017~2019年) 現在も勤務中
  • 月収:5万円

私が勤務している日本語学校は、30カ国以上の学生が集まる学校です。日本語教師としてこの学校で勤務する中で、私自身も日々勉強することが大切だと感じています。

まず多国籍の学生がいる学校でのやりがいは、授業で学生の出身国についての話を織り交ぜながら授業ができることです。アメリカ・ヨーロッパ・中東やアフリカ、アジア・オセアニアなどの学生がここまで入り混じっている学校はそんなに多くないと思います。

学生は日本語を勉強することはもちろん、他の学生の国についても興味をもったり国際交流できるフィールドがあるのが魅力です。

文法導入をする際にも、「アメリカではどうですか。」「クェートではどうですか。」などと学生とのインターアクションを取ることでより参加型の授業にすることができます。クラスの雰囲気も自然とよくなり、授業外でもクラスメイト同士が集まり外出することも多くあります。

また、授業カリキュラム以外にも日本文化を学べるアクティビティがほぼ毎日用意されているため、授業外にも日本語をインプットアウトプットする機会が多くあります。

逆に多国籍クラスの難しい点は、直接法を基本とした授業でありながらゼロ初級クラスでは英語を使用することがあります。英語が理解できない生徒にはその生徒に応じた言語の文法解説書を渡して理解の促進を促す場合があります。

また、各国の情勢や関係性を勉強しておかなければ、生徒を傷つけるような発言をすることに繋がり金ないので慎重に対応することが求められるところだと実感しています。

他の教育機関と比較・検討しましたか?

学生の出身国が1カ国に集中している学校と比較しました。

その学校も魅力的ではありましたが、学生は授業以外では母国語を使用してしまったり、言語だけでなく異文化も学んでほしいという思いから選びませんでした。

日本語教師として苦労したこと、戸惑ったことはありますか?

同じ初級クラスでも生徒の能力に大きな差がある場合です。その場合でも、理解が遅い学生を取り残さないようにゆっくり導入したり、できる学生が退屈しないようあえて難しい問題をたくさん出題して1つでも多くの学びを提供できるよう工夫しています。

また、漢字圏、非漢字圏の学生では漢字学習に大きなハンデがありますので補足プリントを作成して配布するなど全員がしっかり理解でき授業ができるよう尽力しました。

給与

給与:5万円/月 ・非常勤講師

日本語教師のお給料は決して高くありません。多くの講師が学校を掛け持ちしたり副業をしています。

また、慣れるまでは授業準備にかなり時間がかかるので割にもあっていないように思います。専任講師として働けば手取り20万円くらいは稼ぐことができますが、残業も多くハードワークです。

専任講師になった場合、小さい学校の場合事務処理やビザの管理、出席管理など多くの仕事があり、体調を崩してしまう講師もいます。

新しい講師の教育もしないといけないため自分が授業をする時間も自然と減っていくのが特徴です。

給与の詳細 情報を読む...

月収 5万円

  • 1コマ50分:1,500円

待遇

  • 交通費

勤務時間

  • 1日4コマ 週3日勤務
  • 残業 残業なし

長期休暇中の給与保証

  • 給与保証がない

仕事のかけもち

  • 日本語教師以外の副業に就いている

授業形態・勤務スケジュール

クラス運営で大変だったことは?

私の学校は短期日本語留学学校のためゼロ初級の学生が非常に多いです。その学生の層への指導が大変です。

「こんにちは。」しか言えない学生、ひらがなも一切読めない学生が毎週のように入学してきます。

そのため、ある程度の英語力を必要とされます。

「わかりますか。」「質問は?」「宿題」といった教室用語もわからないので最初にローマ字で教室用語をまとめて説明したり通常の日本語学校とはちょっと違った指導スタイルに難しさを感じました。

受け持ちのクラスの詳細を読む...

主なクラスの授業形態

  • クラス授業  1クラス8人

学習者層

  • 10代から60代まで

学生の主な出身地

  • 30カ国以上の学生

スケジュール管理で大変だったことは?

授業準備のスケジュール管理が大変でした。子育てをしながら副業をしていたため、授業準備はいつも徹夜でしています。

また、同じ授業をしても学生の反応は毎回違うので、何年経っても教案のリバイスが必要なところも大変なことの一つだと思います。

1週間のスケジュールを読む...

スケジュール

  • 月:9:30~12:20/13:30~14:20 4コマ
  • 火:
  • 水:9:30~12:20/13:30~14:20 4コマ
  • 木:
  • 金:9:30~12:20/13:30~14:20 4コマ
  • 土:授業準備
  • 日:休日に取り組んだ仕事:授業準備

教案作りで参考にしているサイトは?

  • ちよさんぽ
    導入の例を見ることでバリエーションを増やすのに役立ちます。

教案作りで参考にしている書籍は?

就職活動

この日本語学校で働くきっかけ・決め手を教えて下さい。

日本語教師養成講座420時間を学習した学校の先生に就職相談をした際の勧めで働くことになりました。

元々海外に住んでいたこと、50カ国以上を訪問した経験から、多国籍の生徒がいる学校で、英語能力も必要とされる学校で働くことに決めました。

面接ではどのようなことを聞かれましたか?

  • 志望動機
  • なぜ日本語教師になりたいのか
  • どんな日本語教師になりたいのか
  • 英語で日本語を教えることは可能か
  • 外国人インターン学生にビジネスに関する日本語や日本のマナーを指導できるか
  • 自己紹介
  • 以前の職歴について

模擬授業ではどのような課題が与えられましたか?

みんなの日本語の1つの課の授業を120分で行う形式でした。

120分の授業であるため、導入だけでなくリピート・反復練習だけでなく、タスクワーク、会話、アクティビィティなども盛り込んで、学生を飽きさせないような授業になるように工夫しました。

また、会話を重視する学校だったため、学生へのインターアクションを多く取るようにしました。

この日本語学校で求められる資質や資格、経歴や語学レベルは?

日本語教師としての資質はタフであること、臨機応変であることです。

外国人の学生ははっきりと授業内容に不満があれば発言します。それをバネにして改善し続けるガッツが大切です。

日常会話程度の英語力は必要だと思います。また、私は初級中国語が話せ流のでそれも役に立つことが多いです。

就職活動で参考にしたウェブサイトは?

  • 日本村
    オンライン日本語教師の採用も載っていて多くの採用を見ることができる。

その他就職活動で有効な手段は?

  • KEC日本語学院
    学校の掲示板にたくさんの就職情報が掲載されている。

就職 教育機関選びで特に重視した点

  • 学習者数

応募時に必要とされた資格

  • 日本語教師養成講座420時間修了

就職 選考方法

  • 書類
  • 面接

日本語教師全般に関する質問

どうして日本語教師を目指しましたか?

以前は客室乗務員として国際線に乗務しておりました。

その後、客室乗務員・グランドスタッフ予備校で講師をする中で「教える」ことにすごくやりがいを感じました。

大好きな「海外」と「教える」を両立することができる日本語教師の仕事に興味をもち、目指すことにしました。

日本語教師をやってよかった!どんな時に実感?

生徒からもらう言葉によってモチベーションをあげることができます。

以前インドの学生から「月曜日はブルーマンデーだけど、先生の授業でハッピーマンデーになったよ」と冗談で話してくれたことがすごく印象に残っています。

また、スペインの60代の学生から「授業にメリハリがあって、授業が楽しい。わかりやすく是非学校のアンケートにも報告させてほしい」という言葉をもらった際も感動しました。

学生のみなさんへ 進路のアドバイスはありますか?

学校でも日本語教師養成講座を開催していることがあるのでチェックしてみるといいと思います。

また、長期休暇を利用して国内・国外の日本語ボランティアに参加して実際の仕事内容を学ぶのも良いと思います。

社会人のみなさんへ 進路のアドバイスはありますか?

仕事をしながら日本語教師養成講座に通われる方は非常に多いです。土日や夜間に開催されるレッスンも増えているため仕事を辞めずに挑戦することが可能です。

社会保険に加盟している場合大きな割引を適応している学校も多くあるので学校を見学したり、カウンセリングを受けるといいと思います。

当サイト人気スクール 420時間養成講座