元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

教案作りで参考になる書籍とみんなの活用法

2020/07/31 更新

日本語教師経験者からの情報提供を元に「教案作りで参考にしている書籍」を随時更新しています。実際に活用している方の使い方、コメント付き。

→教案作りで参考になるサイトはこちら

初級

初級を教える人のための日本語文法ハンドブック 
(スリーエーネットワーク)

日本国内 (2011-20)
初級文法の意味や用法など基本的なことから、かなり専門的な知識まで得ることができます。かなり細かな情報まで書かれているので、教える際には学生に情報を与えすぎぬよう注意が必要かもしれません。

日本国内 (2017-20)
初級レベルであれば、だいたいの教科書では役立つ内容が書いてあります。日本語教師になったばかりの時、この本には本当に助けられました。教え方の手引きなどには載っておらず、予想していないような質問に応えるために、授業準備の際に、関係する文法項目を読み込んでおきました。

メキシコ (2019-20)
文法の用法を確認するため

韓国 (2009-19)
文法の説明の仕方や、例文を提示する際に参考にしていました。

日本国内(2016-19)
他文型との比較・助詞の役割についての確認

日本国内(2017-19)
文法を教える時は必ずこの本で自分の作った例文が正しいかチェックします。また学生から類似表現の使い方の質問があったときも、間違った答えをしないようにあらかじめ質問内容を予測しておいてこの本で調べておいたりと、とにかく重宝します。中上級バージョンもあるので初級が終わった学生のクラスの授業にはそちらを参考書籍として使います。

台湾(2018-19)
大学生時代、教授にこの1冊だけは持っておくように言われました。文法を調べる時に役に立ちます。

ドイツ(2018-19)
文法事項の確認のために活用しています。どう説明すればわかりやすいのか、ほかの文法と比べてどう整理して紹介すればいいのか、考えるのに役立ちます。

中国 (2015-18)
初級文法解説、要点整理のために利用しています。みんなの日本語初級レベルはこれ一冊でOKというぐらいいい教材です。こちらは中級編も出ていてともに必携です。

日本国内 (2016-18)
初めて教える文型の特徴や教える時気をつけなくてはいけないことを調べるために使用。巻末に「みんなの日本語」の何課にのっているか記載されているので辞書のようにひいて使っていた。

中国 (2017-18)
文法の微妙な違いを知りたい時に役立てた。

ベトナム (2017-18)
文法で悩んだときに開いています。

日本国内 (2013-17)
初級文法を調べるときに役立ちます。同様の中級文法の本もあります。

日本国内(2015ー17)
詳しく文法解説があるので、教案作成時に使用

インド (2015ー17)
中級レベルになると、基本形以外の質問も出てくる。また、教えている側も混乱してくる場合もあるので、その時はこの本を読んで頭の中を整理しておくとよい。文法と現場が結び付かない人は是非。こちらの「初級を教える人のための」と「中上級を教えるひとの」と合わせてあると便利。

タイ (2013-16)
教師用指導書をみてもわからないときに参考文献として使えます。

日本国内 (2012-15)
文法授業で、例文作成時に気を付けるべき点を予め読んでおく。

台湾 (2014-15)
初級レベルの教案を作っているときに、学習者にとってどのような所がつまずくポイントになるのか、ということを知ることができ、便利。そのようなつまずくポイントを理解してもらうための説明を考えるのにもヒントがたくさんある。

日本国内 (2005-14)
初級文法を教える際、文法の説明を考えるのに使います。

日本国内 (2008ー14)
文法の特徴、要点をまとめた本なので、確認のために使用していました。

台湾 (2011-14)
文型の分析、教え方の注意点などを考える

タイ(2012-14)
初級を教える際に、絶対に持っておきたい一冊です。初級に必要な文法は網羅されており、文型導入の準備をする前に、必ずこちらで文法の確認をしていました。また、初級のみならず全レベルで文法確認の際に使えます。

香港 (2011-13)
参考書として。文法項目から検索できるので確認したい時、まず開いてみる。巻末の主要教科書との対応表も数種教科書マニュアルを参考にするときに便利です。

韓国 (2007-09)
授業で取り上げる文法の基本的知識を確認できます。学生からの質問に答える際にも役に立ちます。

おたすけタスク 初級日本語クラスのための文型別タスク集 
(くろしお出版)

タイ(2018-20)
主に初級の文法を学ぶためのタスクがたくさん載っています。各文法を楽しく学べるようなゲームや活動などがあるので、授業に盛り込めると思います。

タイ(2004-19)
文型別に様々なゲームやコミュニケーションが取れるカードやシートがあるので、それを使って、クラスの中でグループを作り、会話練習をしました。

コスタリカ(2017-19)
クラスを活発にしたい時のアクティビティの参考にする。

タイ(2018-19)
教科書を使用した練習が終わった後、内容を理解できているか確認するための活動のアイデアとして使用します。

アメリカ(2013ー18)
挿絵がたくさんあり、活動別に挿絵と使い方の説明も入っています。

ドイツ(2015-18)
ペア活動の作成

スリランカ(2015-17)
初級文法の授業のときのゲーム・アクティビティ用にいつも参考にしています。中学生・高校生は集中力が短いので1コマの授業に飽きないように「楽しい且つ学習もできる」ようなアクティビティを盛り込みました。普段講義形式の授業に慣れきっている生徒たちもはじめは戸惑っていましたが、楽しんで積極的に授業に参加できる環境を作れるよう努めました。

イギリス(2014-16)
基本的な初級文型を扱った授業の最後に、その文型を使用してどんな活動ができるか、という活動事例が盛り込まれているので便利です。2人でできる活動から、10人前後でできる活動まで幅広く取り上げています。

日本国内(2014-16)
簡単な文型についてのゲームがたくさんあるので、参考にしています

フィリピン(2011-15)
文型練習後の応用タスクに使用

台湾(2011-14)
練習方法の参考に

日本国内(2009-13)
初級のアクティビティのために。

日本国内(2010-12)
絵やカードなど、分かりやすいものが1冊の本にそろっている。拡大コピーして、応用練習やゲームにも使用した。

中国(2010-12)
ただ教授するだけではなく、クラス内活動を行いながら授業を組み立てることが、学生を飽きさせないためにも重要なため、参考にして教案を組み立てています。

シンガポール(2010-11)
文型導入した後の練習に使います

初級日本語文法と教え方のポイント 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2011-20)
初級文法を教える際の最低限のポイントが確認できます。また、学生がやってしまいがちなミスについても書かれているので質問対策にも役立ちます。

日本国内(2017-20)
初級で担当の課を教える時にこれだけはやってはいけない間違いや、学生からこのような質問がくるということが書いてあり、参考になりました。

韓国(2017-20)
初中級学習者が紛らわしく感じる文法内容の説明

日本国内(2018-20)
代表的な文法について詳しく知ることができます。学生の誤用例も載っていて勉強になります。

日本国内(2013-19)
文法事項で、学生が間違えそうな文が載っていたり、文法についてもわかりやすいことばで書いてあるので、とても見やすく使いやすいです。中級バージョンも同じです。

日本国内(2017-19)
文法の導入方法を参考にしていました。他の文法との比較もしていました。

日本国内(2015-18)
初級から中級に及ぶ文法の典型例が要領よくまとめられている。「学習者からよく出る質問」「学習者の誤用の例」などは、他の本にない特色。「指導法あれこれ」では著者の豊富な授業経験に基づいた解説が役立つ。学習者がどのような点でつまづくのか、学生サイドに立って書かれた貴重な本。授業で想定される学生の疑問点を想像しながら教案を作成するのに役だった。

中国(2015-18)
初級レベルで、少し教え方に迷ったとき、答えにくい質問に出会ったときに参考にしています。いつでも手元に置いて確認したい本で、こちらも必携です。同シリーズで中級も出ていますので、そちらもおすすめです。

韓国(2017-18)
主に授業作りのために活用しています。学習者が難しいと感じる点を誤用例とあわせて解説しているので、とても使いやすいです。いくら会話の授業とはいえ文法についても分かりやすく説明できるよう、常にこの本を読んでいます。日本語ネイティブが気づきにくい学習者の疑問を理解しておくと、授業がスムーズになります。

日本国内(2013-17)
学習者が陥りがちな誤用例も載っているので、教案を作成する際に、事前に誤用を想定して教案を作ることができます。

日本国内(2015-17)
文法の確認

日本国内(2015-17)
初級教案作成に関わる文法のチェック、誤用を確認

ベトナム(2016-17)
基本的な教え方や文法の説明があり、初めて日本語を教える際には参考になる一冊。学習者からの質問例や誤用例も載っていて、教壇に立つ前に読むことで実際の授業をイメージすることができる。

フィリピン(2016-17)
文法説明のポイントが分かりやすく、また格助詞の説明もとても分かりやすいので、生徒から質問された時は、この本を参考にして答えています。

中国(2012-15)
初級で出てくる文法について解説してあります。「これだけは」のセクションでは基本的なわかりやすい解説があり、「もう少し」「もう一歩進んでみると」の内容は授業の時間がまだある時に豆知識的な感覚で学生が混乱しない程度にシェアしてました。

アメリカ(2014-15)
日本語の69種類の基本文法の使い方が説明されています。 授業では上記のGENKIを使用していたのですが、GENKIの説明だけでは物足りないと感じた時に、この本で補足しました。
この本は、それぞれの文法についての指導法も書かれています。そのため、先生にとってはもっていると便利な1冊だと思います。

日本国内(2009-13)
初級の教案作成。

オーストラリア(2009-11)
授業案の準備

みんなの日本語初級I 第2版 教え方の手引き 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2018-20)
ほとんどの学校で使用されている、みんなの日本語の参考書です、最初はこの本を使うことで基本的な教え方がわかりやすく学べると思います。教科書と対応しているのでとても使いやすいです。この本をベースに、他の教材やサイトを参考にするのが良いと思います。

タイ(2018-20)
日本語教師の経験が浅い人におすすめです。「みんなの日本語」の初級クラスの、各課の文法についての解説が書かれています。どのようなポイントに気をつけて教えたらいいかも載っているので、役に立ちます。

日本国内(2013-19)
教案作成時にざっと読んで、その課のポイントをつかむ。

日本国内(2013-19)
練習ABCのつながりの確認に使っています。中身の教案部分は参考にしていませんが、うっかり見落としてしまいそうな小さい部分に注意書きがされていて、授業準備の短縮になっています。初級第2版も同じです。

日本国内(2015-19)
各課の導入方法や文型のポイント、動詞の活用の教え方や導入の順番、登場人物のイラストの活用など、「みんなの日本語初級Ⅰ」の教科書を教える際にはとても役に立ちました。

日本国内(2016-19)
文法の導入方法の確認 練習問題の使い方の確認 導入するときのポイントや注意点の確認

パラグアイ(2016-19)
教案作成時の参考程度

インド(2017-19)
授業の大まかな流れを掴むために、教案作成の時にまず最初に目を通しています。教える時の留意点は教案にも書き込んで、忘れないようにしています。

ベトナム(2017-19)
定番かもしれないですが、教案を組み立てる時に必ず確認を兼ねて目を通すようにしています。文型の提出順序だけでなく、新出語彙や文型を教える際の注意すべきポイントが書かれてあり、とても役に立ちます。それから『会話』の内容確認の質問事項も参考になります。

日本国内(2015-18)
導入に使う例文と、導入項目に抜けがないように確認します。

日本国内(2013-17)
例文を提示したい、説明の仕方がわからないなどのときに、教え方の参考にしていました。

インド(2015ー17)
文法の基礎を説明する際に必ず必要となるテキスト。特にチームを組んで教えていく場合、この本を基準に授業をすすめていけば生徒も混乱しない上に、こちらもそれ以前の部分を理解できていると理解して授業がすすめられる。日本語教師養成講座を受講するとこの本の使い方がよく分かる。

日本国内(2005-16)
教え方の手引きなのでこの本そのものを教案にできます。

日本国内(2012-15)
教案を作る際に例文を見たり文型解説を見ていました。

中国(2014-15)
いわゆる先生のテキストです。学生さんが使う方のテキストと合わせて、教案作りに欠かせない一冊です。

日本語の教え方ABC 「どうやって教える?」にお答えします 
(アルク)

中国(2019-20)
主に日本語の基本的な文法箱の一冊で十分対応できます。また、その文法によって授業の進め方なども詳細に記載してあるので、文法の授業にはとても役立ちます。

日本国内(2016-19)
初級の授業の授業構成を考えるとき、参考にします。なりたての頃、よく参考にしました。

日本国内(2015-18)
シラバスは「みんなの日本語初級Ⅰ」に沿っている。文型導入の教師の発話例を懇切丁寧に記述しており、自分でどう指導を展開していくべきか、大いに学べる。正直、そのまま教案に用いることのできる指導発言のやりとり例も多い。どういう板書をすべきか、イラストを用意すべきかも一目瞭然。新人教師向けに手取り足取り指導するというイメージの本。

スペイン(2014-17)
日本語教師になり、最初に購入した本です。手放してしまったので具体的な内容は忘れてしまいましたが、はじめのうちはここに書いてあるまま使ってしまっていることが多かったと思います。意外に、巻末の教科書・課の対応表が役に立っていました。

中国(2016-17)
文法説明をする時事前に確認、説明の仕方を考える

日本国内(2005-16)
教え方に迷ったときに参考になる書籍です。

台湾(2014-16)
経験の浅い教師向けに、教授法が丁寧に書かれている。教え方に迷ったときに読むと、ヒントがもらえる。

タイ(2014-15)
指導の仕方がとても細かく載っているので、そのまま授業に活用することができます。授業で使うワークシートもついており、とても便利です。

タイ(2012-14)
導入方法や練習の仕方、アクティビティなど、授業の組み立て方のヒントとして使っていました。

日本国内(2009-13)
一番最初に初級授業を持った時に大活躍しました

モロッコ(2010ー12)
教授経験が浅かったので、この書籍が役に立ちました。

みんなの日本語 初級I 第2版 本冊 
(スリーエーネットワーク)

中国(2016-20)
授業の時そのまま使ったり、教案、教材づくりに役立てたりしています。

スリランカ(2016-19)
CDも活用し、授業ごとにリスニング練習としてCDで練習問題をしていました。このテキストだけでは理解が難しいところがあり、単語表など自分で作成して必要に合わせて配布していました。

ベトナム(2014-18)
誰でも勉強しやすように、教えやすいように作られているので、大抵の日本語学習者はこれで勉強しています。学生に「みんなの日本語をどこまで勉強した?」っと聞くと大体のレベルがわかります。

中国(2016-18)
学校指定の教材として用いました

カナダ(2012-17)
細かい点での不満はありますが、総合的にみて今一番優れていると思われるテキスト。また、一切英語が使われていないのも生徒にとっては「勉強をしている!」という雰囲気がでて良いのではないかと思っています。

モンゴル(2016-17)
現地の先生が文法を教えるので、それを復習しつつ、応用できるように、一人ひとり文例を考えてもらいながら、会話練習をしていきます。

ドイツ(2003-16)
日本語を始めたばかりで、英語を母国語しとしない生徒、もしくはJLPTの受験をしたい生徒に使っています。

アルゼンチン(2013-16)
以前のものは省略しすぎていて、まだ経験が浅い教師には使えないものでした。こちらは分かりやすく改善されていて、この見本の教案プラス例題文を自分で作れば基本の教案としてもありだと思います。私は自分の教案の見直しとして使っています。

日本国内(2014-16)
教科書の使い方がわかりやすく説明されています。練習方法など参考になります。

ペルー(2015-16)
スペイン語版があるので、説明しきれないニュアンスはスペイン語で説明することができるので、とても便利でした。

中国(2010-12)
指導ポイントやイラストを参考にして、教案作成をしていました。

みんなの日本語初級II 第2版 教え方の手引き 
(スリーエーネットワーク )

タイ(2018-20)
「みんなの日本語」初級クラスの各課の文法の解説が書かれています。

日本国内(2013-19)
教案作成時にざっと読んで、その課のポイントをつかむ。

日本国内(2015-19)
「みんなの日本語 初級Ⅱ」になると、初級Ⅰの内容を踏まえた参考書になるので、時々初級Ⅰも見ながら教案作りに役立てました。

日本国内(2016-19)
文法の導入方法の確認 練習問題の使い方の確認 導入するときのポイントや注意点の確認

パラグアイ(2016-19)
教案作成時の参考程度

日本国内(2017-19)
会話練習の広げ方を確認します。

タイ(2018-19)
授業の構成を立てるためにこの本を使用します。

日本国内(2015-18)
導入方法の研究

インド(2015ー17)
文法の基礎を説明する際に必ず必要となるテキスト。特にチームを組んで教えていく場合、この本を基準に授業をすすめていけば生徒も混乱しない上に、こちらもそれ以前の部分を理解できていると理解して授業がすすめられる。日本語教師養成講座を受講するとこの本の使い方がよく分かる。

みんなの日本語初級1 教え方の手引き 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2015-18)
文型の導入方法や、その文型を使ったタスクの例を参照。

日本国内(2015-18)
教案づくりに参考にします。特に導入の際の例文をみます。あと、文型に対応した練習問題の確認に使います。導入項目に抜けがないように確認します。

韓国(2017-18)
まずは授業で出てくる新出単語や新しい文法をチェックできます。ある程度授業の組み立てや、指導方法は頭に入っているので手引きにある注意事項を見て、基本で教えること以外に注意点や追加で教えた方がよさそうなことを調べるときによく使います。

タイ(2013-16)
みんなの日本語1-13課までの指導手順。教師初心者でも指導できるように詳しく解説されています。教案作りの際参考にしています。

日本国内(2008-15)
文法のポイントや教え方のポイントがあるので、参考にしています。

日本国内(2004-14)
日本語教師なら一度は参考にしたことがあるのではないでしょうか。

香港(2008-10)
みんなの日本語の教案を作成するときに基本となるのがこの本です。文法項目ごとに分かれているので流れがつかみやすいです。

ベトナム(2007-09)
初級の教材はみんなの日本語だったので、教え方の手引きを見て、文法項目などをチェックしていました。

初級日本語 げんき I  
(ジャパンタイムズ)

イタリア(2010-17)
毎回授業で問題の部分を使います。教科書後半部分のひらがな・カタカナなどは宿題にします。長文は一緒に読んでいきます。

カナダ(2012-17)
途中から学校を変わる生徒のために参照することがあります。

ドイツ(2003-16)
初心者で英語圏の生徒向けに活用。

イギリス(2013-15)
基本の勉強はここからさせています。

アメリカ(2014-15)
初級の文法や単語から書かれており、日本語学習者がはじめて使用する本に適しています。
新しい文法の使い方を学ばせるために、この本の練習問題を授業中にたくさん解かせました。
単語は宿題で何回も書かせ、本の各課で出てくる文章は暗記してもらいました。また、何回も繰り返すことで、日本語の上達を図りました。

絵で導入・絵で練習 
(凡人社)

日本国内(2017-20)
技能実習生に教える場合、読み書きよりも、会話を重視する傾向があります。この本はN5~N4レベルの文法を、絵で見ながら発話して確認できるので、授業にとても重宝しています。

ベトナム(2017-19)
例文作成のヒントになるし、そのままイラストごと使えます。自分では思いつかない場面設定がたくさんあります。未習語彙を使わないと文が作成できない場合もあるので、使う場合は厳選しないといけません。できるクラスには、応用として使うのもありだと思います。中級でも使えるものがあります。

ベトナム(2016-17)
文型別のイラストが本になっているもので、導入や練習の際に役に立つ。導入方法の例も載っている。イラストはCD-ROMに入っているので、パソコンに取り込み、パワーポイントなどに簡単に貼り付けることもできる。

フィリピン(2011-15)
文型の導入に使用。ひとつの文型にいくつもイラストがあるのでドリル練習にも使用。教科書によってはイラストに未習語彙が出てくるので確認してから使用。

クラス活動集101 しんにほんごのきそシリーズ 
(スリーエーネットワーク)

タイ(2004-19)
シチュエーション別、文型別や文法別に使える絵があるので、それを使って会話教案を作成したりしました。またその絵をヒントに自分で絵をアレンジしたりして、シチュエーションを変えた教案を作成もしました。

フィリピン(2011-15)
応用練習に使用。そのまま使わず参考にしてクラスにあった応用タスクに変更してから使用。

日本国内(2009-13)
初級のアクティビティのために

短期集中初級日本語文法総まとめ ポイント20 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2017-19)
文法の導入方法を参考にしていました。他の文法との比較もしていました。

タイ(2013-16)
みんなの日本語で教える文法事項の復習と練習問題に使えます。

日本国内(2013-15)
追加課題

まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 りかい 
(三修社)

フランス(2008ー18)
会話練習

メキシコ(2016-18)
初級クラスでは、会話に重点をおいているため授業で使っています。

ドイツ(2015-18)
導入や聴解のときに

日本語コミュニケーションゲーム80 
(The Japan Times)

日本国内(2014-16)
簡単な文型についてのゲームや授業の前に少し使えるアイディアがたくさんあって使いやすいです

香港(2011-13)
学習項目の定着のための活動集。そのまま使えるものはなかなかありませんが、アイデアのヒントになり、いろいろな活動に応用できます。

モロッコ(2010ー12)
授業の導入に使えるちょっとしたゲームが参考になりました。

クラス活動集131(続) しんにほんごのきそシリーズ 
(スリーエーネットワーク)

タイ(2004-19)
シチュエーション別、文型別や文法別に使える絵があるので、それを使って会話教案を作成したりしました。またその絵をヒントに自分で絵をアレンジしたりして、シチュエーションを変えた教案を作成もしました。

日本国内(2009-13)
初級アクティビティのために。

直接法で教える日本語 
(東京外国語大学出版会)

日本国内(2017-19)
みんなの日本語の1課から50課を直説法で教える場合に参考として読んで理解しておきます。

インド(2017-19)
媒介語を使わず、日本語だけで教える方法が書いてあります。この内容をそのまま実践しているわけでは無いですが、新出表現の導入方法、授業の展開を考える時、教具を準備する時にとても参考になります。この本は、教える時の言葉の選び方、説明の順序、教師のジェスチャーなど、とても吟味されて書かれています。「ヒント」の項目を参考に、応用練習の内容を考えることもあります。

日本語教師のための楽しく教える活動集22 
(アルク)

インド(2017-19)
大人数のクラスで、楽しみながら活動をさせたいときに使用。

日本国内(2016-18)
文型別のテーマで発展活動をするときに使用。絵カードを人数分コピー。すごろく、かるた、地図、チケットなどの小道具が簡単に用意できるのでクラス活動で使いました。

Japanese for busy people I 
(Kodansha Amer Inc)

イタリア(2010-17)
毎回授業で問題の部分を使います。会話部分は一緒に読みます。

イギリス(2011-13)
大学指定のテキストでした。テキスト通りに進め、文法と会話の練習授業で学習。同シリーズのワークブックを自主または宿題用として使用しました。

みんなの日本語 初級I 第2版 翻訳・文法解説 英語版 
(スリーエーネットワーク)

フィリピン(2016-17)
学校でみんなの日本語を使用しているので、英語での文法説明の教案を作成する時に使用しています。

日本国内(2012-15)
クラス内で語彙表を配布したり、イラストを活用したりしていました。

日本語教科書の落とし穴 
(アルク)

日本国内(2011-20)
主に初級文法の学生が疑問に感じやすいポイントや、やってしまいがちなミスを知ることができます。

大家的日本语1 
(スリーエーネットワーク )

中国(2017-20)
初級の単語や文法の確認。

くらべてわかる 初級 日本語表現文型ドリル 
(ジェイ・リサ-チ出版)

日本国内(2018-20)
教え方というより、基本的な日本語の知識を身に付けることができます。助詞の「が」と「は」の違いや、自動詞と他動詞の違いなど、日本人にも難しい細かな違いを学ぶことができます。いつか必ず学生から質問されるであろう内容が盛り沢山で、読んでいて損はないと思います。

かんじ だいすき(一) ~日本語をまなぶ世界の子どものために~ 
(国際日本語普及協会)

オーストラリア(2018-20)
漢字を教える時に参考にしています。(一)〜(六)まであります。(一)は小学1年生。(六)は小学六年生です。画数、書き順、例文がかいてあり、また練習問題も載っている点が使いやすいです。

にっぽん地図絵本: こどもがはじめてであう 
(戸田デザイン研究室)

オーストラリア(2018-20)
子どもに分かりやすいように日本について書かれています。日本の地理だけでなく、風土や文化についての授業をする時に役立っています。

日本語初級〈1〉大地―メインテキスト 
(スリーエーネットワーク)

オーストラリア(2018-20)
日常生活で必要な日本語が思い出せるので、授業を考えるにあたり参考にしています。教師用ガイドもあるので便利です。

はじめて学ぶ介護の日本語 基本のことば 
(スリーエーネットワーク )

日本国内(2017-19)
介護実習生に日本語を教えることになるまで私自身、介護の知識が全くありませんでした。しかし、こちらの書籍はとても分かりやすく、介護の専門語彙と利用者さんとのコミュニケーションに使用するやさしい日本語のどちらもくわしく記載されているので授業の語彙導入や場面別の会話の仕方を教えるときにとても役に立っています。

Parlons japonais A1 
(Presses Universitaires de Grenoble)

フランス(2008ー18)
メインの教科書

新実用日本語1 
(学校法人江副学園)

ベトナム(2014-18)
新宿日本語学校で取り扱っている教科書で、漫画の横に江副式文法を元にした会話文が書かれていて、場面ごとにどのような日本語を使えばいいのかというのと同時に、日本語の文法を体系的に理解することができるように作られています。私の勤めていた学校ではこちらの教科書をベトナム版にアレンジしたものを使っていました。これは江副式の教え方を研修で身につけないと活用が難しいです。

みんなの日本語初級I 第2版 初級で読めるトピック25 
(スリーエーネットワーク)

ブラジル(2011-17)
発音練習、スピーチ練習のために読ませていました。

Nihongo Breakthrough 
(アスク出版)

日本国内(2015-17)
タクシーの乗り方やレストランでの注文方法など、サバイバル日本語を学べる教科書です。重要な単語が絵と一緒にまとめられているため、必要部分をコピーして、会話練習前の単語導入に利用しています。

こどものにほんご〈1〉外国人の子どものための日本語 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2014-18)
本当に初歩的な日本語の使い方が乗っています。日本語理解に乏しい生徒にはこの本が丁度でした。

基礎表現50とその教え方―これだけは知っておきたい日本語教育のための 
(凡人社 )

韓国(2015-17)
学習者の発話、教師の発話まで丁寧に書いてあります。また導入の仕方などが大変わかりやすく助かります。間違えやすい点や疑問点も丁寧に解説されています。

盗み見教案 きいろいぴよ 
(きいろいぴよ )

フィリピン(2016-17)
教案の書き方、ではなく教案そのものを拝見できるので、そのまま使ったり、自分のやり方とミックスするなどして使っています。

みんなの日本語 初級1 中国語版 
(スリーエーネットワーク)

中国(2015-16)
そのまま用いることはしませんが、例文を作る時に参考にさせてもらっています。また、この教科書は挿絵が多く、場面設定も自然で、そのまま日常生活で用いることができます。

実力アップ!日本語能力試験N5読む 
(ユニコム)

イギリス(2013-15)
練習問題をやらせています。読解の問題はこの本から出題しています。

こどもことば絵じてん 
(三省堂)

イギリス(2013-15)
言葉をこの辞典の中から選んでもらい、説明してなんの言葉を選んだか他の生徒に当ててもらう。

みんなの日本語 初級I 第2版 導入・練習イラスト集 
(スリーエーネットワーク)

中国(2014-15)
わかりやすいイラストで、導入にも使いやすいです。

みんなの日本語 翻訳・文法解説 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2004-14)
学習者の母語での意味をチェックするのによく利用しています(各国語バージョンあります)。
※写真は初級用テキスト。

初めて日本語を教える人のためのなっとく知っとく初級文型50 
(スリーエーネットワーク)

タイ(2012-14)
イラストなどで分かりやすく初級文型の説明がしてあります。文法の確認だけではなく、文型導入方法のヒントとしても使っていました。

日本語文法 学習者によくわかる教え方―10の基本 
(アルク)

香港(2011-13)
教えるときに解釈を間違えがちな文法項目について詳しく解説してあります。まず一読しておき、実際に教える段階でもう一度読み直すと失敗を減らすことができるでしょう。

ストーリーで覚える漢字300 
(スリーエーネットワーク)

ブラジル(2010-11)
非漢字圏の学生への漢字指導への参考に。

どんどんつながる漢字練習帳 
(アルク)

シンガポール(2010-11)
非漢字圏の学生の漢字授業にはもってこいです。「この本を使って私も漢字の勉強をしたかった!」というぐらい漢字の勉強がおもしろく感じます。

みんなの日本語 初級I翻訳・文法解説 英語版 
(スリーエーネットワーク)

シンガポール(2003ー10)
教材は、「みんなの日本語」ではなかったのですが、授業のためのハンドアウトに載せる文法説明や、実際に授業で文法説明をするときの言い回しなどは、みんなの日本語の文法解説書をかなり参考にして作成していました。

みんなの日本語初級〈1〉標準問題集 
(スリーエーネットワーク)

シンガポール(2003ー10)
教材は、「みんなの日本語」ではなかったのですが、標準問題集は、学生の宿題プリントや、コース終了後の試験作成の際に、参考にしていました。

初級・中級

みんなの日本語 初級II 第2版 本冊 
(スリーエーネットワーク)

スリランカ(2016-19)
みんなの日本語Ⅰと同様、CDも活用し、授業ごとにリスニング練習としてCDで練習問題をしていました。このテキストだけでは理解が難しいところがあり、単語表など自分で作成して必要に合わせて配布していました。

メキシコ(2016-18)
クラスは基本的にこの本で進めていきます。私の場合は、この本にスペイン語版がありそれも使いました。スペイン語版にはたくさんの単語が掲載されており、学生に読ませたり理解してもらうのに役に立ちました。日本語だけの本は、最初から開くと学生がこんなの読めませんという感じになっていたので、少しづつ読む練習の時に本を広げてもらいました。読みがだいぶ出来るようになってからは、授業のほとんどを教科書で進めていきました。

フランス(2008ー18)
文法練習の補足

モンゴル(2016-17)
文法が難しくなっていくなかで、どんなシチュエーションで使えるか具体例を挙げながら会話練習していきます。

ドイツ(2003-16)
日本語既習者で、英語を母国語しとしない生徒、もしくはJLPTの受験をしたい生徒に使っています。

まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 かつどう  
(三修社)

タイ(2018-20)
授業中のアクティビティ、ペアワークなどに使用しました。文法ばかりの授業だと退屈になる生徒がほとんどなので、日本文化を学びながらの会話練習などに役に立ちます。イラストや写真が多くあり、生徒が理解しやすかったように感じます。

インド(2017-19)
ロールプレイをする時によく利用しています。日常生活で出くわす場面やすぐ使えそうな表現が豊富なので、サバイバルジャパニーズを必要としている学習者にはとても役に立つ教材です。

インドネシア(2017-19)

初級日本語 げんき II [第2版] 
(ジャパンタイムズ)

アメリカ(2018-19)
3年生(初級〜中級)生徒用の教科書として利用していました。単語クイズと漢字クイズをこの教科書の各章に合わせて作成していました。ペアワーク用のページもありこちらを用いて日本語を話す練習を取り組んでいました。こちらのワークブックがあり、そちらを宿題として課題を出していました。

イタリア(2010-17)
毎回授業で問題の部分を使います。教科書の後半部分の長文は一緒に読んでいきます。

アメリカ(2014-15)
敬語などの使い方も説明されており、中級と上級の日本語学習者に適している本です。
単語は何回も書かせ、文章は暗記してもらうようにしました。授業ではミニテストを行い、どのくらい漢字を書けるようになったかもチェックしました。
本についてくるCDを活用することで、日本語の読む、書く、話すことに全て対応しています。

Japanese for busy people II 
(Kodansha Amer Inc)

イタリア(2010-17)
毎回授業で問題の部分を使います。会話は一緒に読みます。漢字は宿題にする事が多いです。

イギリス(2011-13)
大学指定のテキストだったので、こちらを授業中メインに使用し、インターネットから得たアクティビティリソースと併用しました。同シリーズのワークブックを自習・宿題用に使いました。

みんなの日本語初級〈2〉教え方の手引き 初版 
(スリーエーネットワーク)

タイ(2013-16)
みんなの日本語14-25課までの指導手順。教案作りの際参考にしています。

タイ(2014-15)
初級~上級まであり、それぞれの課の指導方法が載っています。テキスト「みんなの日本語」を推奨している国であれば、この手引きがそのまま活用できます。私も「みんなの日本語」タイ語バージョンで授業をしていたので、この手引きはとても重宝しました。

日本語の教え方の秘訣「新日本語の基礎1」のくわしい教案と教授法〈上〉 
(スリーエーネットワーク)

ロシア(2012-13)
こうした手引きがあったとしても、そのまま自分の教案にするのではなく、自分の教室にいる学生に合わせてアレンジする必要があると思いますが、こちらのシリーズは「みんなの日本語」の教師用手引きより詳しく解説されているので、一度は参考にすると勉強になると思います。

香港(2008-10)
教案作成時、導入のヒント、注意点などが詳しく書かれているので参考にしています。中級レベルの学習者への対応も書かれているので中級を教える際にも使えます。1上下・2上下使用。

楽しく話そう:文化初級日本語会話教材 
(凡人社)

韓国(2017-18)
中級にあがったばかりのクラスは、文法はよくできるのに、話すことに慣れていない人が多く、発話にも消極的な人がほとんどでした。言いたいことを声に出す、話すことに慣れてもらうために利用していました。易しい文法を復習しながらロールプレイができるので、気楽に取り組んでもらえましたし、積極的に話せるようになっていきました。

会話授業の作り方編 (日本語教師の7つ道具シリーズ 7)  
(アルク)

韓国(2015-17)
授業にすぐ使える活動がたくさんあり、また教案も書かれているため使いやすいです。会話、聴解、文法を持っていましたが、どれも最新の指導法などを用い、実際に使われたものを載せているなと感じさせるまさに教師の味方という本でした。

みんなの日本語 教師用指導書 
(大新書局)

台湾(2013-16)
日本のアマゾンには売っていませんでした。私も現地で購入したので、日本では売っていないかもしれません。これは台湾でたくさんの生徒さんに使用されているみんなの日本語の教師用解説書で、各課での説明の仕方などを参考にすることができます。

人と人とをつなぐ日本語クラスアクティビティ50 
(アスク社)

ニュージーランド(2000-13)
全学年に対して使っています。とくに話すアクティビティをよく使います。特に午後の授業などは集中力が切れることがおおいので私語が多くなりがちです。どうせ話すなら日本語を使って話して欲しいので大変役に立っています。

初級日本語 ドリルとしてのゲーム教材50 
(アルクの日本語テキスト)

ケニア(2009-13)
ユニークなゲームがたくさんあって、とても重宝しました。

シャドーイング 日本語を話そう 初〜中級編 
(くろしお出版)

台湾(2010-12)
毎回授業の初め10分間ほど、日本語の口語体に慣れてもらうためにシャドーイングの練習をしており、この本からプリントを作成して学生に配布しました。

中級

日本語文型辞典 
(くろしお出版)

日本国内(2011-20)
機能語の基本的な意味、用法、例文などを知りたいとき役立ちます。

日本国内(2014-20)
「ような」と「ために」、「によって」と「に対して」などの違いの説明をはっきり知る目的で使う。例文そのままは語彙が難しすぎて使えないことが多い。

日本国内(2015-20)
文法の例文や意味、接続を調べる時に使うことができます。

日本国内(2017-20)
文型ごとに、簡単な解説と例文が載っています。入国後講習は、基本的にはJLPTN4レベルの技能実習生が多いのですが、N3やN2レベルの文法を自分で学んでいて、休憩の時に質問に来る熱心な実習生も多いです。日本語の基礎力がまだ十分ではない実習生に、簡潔にわかりやすく、短く解説するのに役立っています。

韓国(2017-20)
文型全般における詳細説明

韓国(2009-19)
文型の説明や、間違った使い方などを提示する際に、確認・参考にしていました。

日本国内(2013-19)
文型の意味用法がとても細かく載っているので、教案作成の前に、自分の勉強用として参考にしていた。

日本国内(2016-19)
例文作成の参考にするため

日本国内(2016-19)
文型の理解がはかどります。

日本国内(2017-19)
文法の意味や使い方、例文を参考にしていました。

日本国内(2015-18)
日本語の文型を総覧した文例辞典。とにかく豊富な文例が紹介され、その文型の解説も詳細で分かりやすい。どういう表現に使われるかの用法についても実例を列挙、特に上級クラスでの文型導入時には欠かせない本だった。上級クラス文型導入では最低、5つの文例を用意していたが、この辞典を参考にオリジナルの例文を作成することができた。いつも傍らに置き、大変助けられた。

日本国内(2015-18)
文型分析の時には必ず使用します。本書を含め記載した3冊は文型分析時には必須です。この本は文型が多いため他文法書でも見つからないものでも記載されている事が多いです。

日本国内(2015-17)
用例の確認、文法比較

タイ(2013-16)
日本語教育は文型だけでなく、どんな例文で学ぶかも大切なポイントです。例文を考えるときに教える文型の該当ページを調べ、参考にしていました。

日本国内(2012-15)
似た文法同士の違いを調べるときに役立つ

台湾(2014-15)
文型の基本的な意味や接続を理解したり、文型に適切な例文を探したりする際に参照する。個人的には、検定対策の授業の準備には必須だった。

日本国内(2004-14)
文型の使い分け、例文を考えるときの参考にしています。

ベトナム(2010-14)
中級では似たような意味の文法が多いため、違いを説明する際に調べなければならず、そのときには日本語教師なら誰でも持っているでしょうか、基本アイテムの文法書を何度も読んでいました。

台湾(2011-14)
例文を挙げる時や、文型説明の時の参考に。(全レベルを対象に使用)

日本国内(2009-13)
中級以降の教案作成時。

韓国(2007-09)
例文も多く、表現の違いを確認するのにとても参考になります。

中級日本語文法と教え方のポイント 
(スリーエーネットワーク)

韓国(2017-20)
中上級学習者が紛らわしく感じる文法内容の説明

日本国内(2018-20)
こちらは文法を使った活動例も載っていて、参考になります。

日本国内(2017-19)
文法の導入方法を参考にしていました。他の文法との比較もしていました。

日本国内(2017-19)
中級レベルになってくると,N2文法などは特によくにた表現や心情や状況による細かい使い分けに関する質問が多くなってくるので,この本ががあると前もって質問を想定する事ができます。学習者からよく出る質問やよくする誤用例をもとに教え方が詳しく解説されいてるのでとても勉強になります。指導法の具体的なアドバイスも豊富なので,教案作りに助かります。

韓国(2017-18)
主に授業作りのために活用しています。学習者が難しいと感じる点を誤用例とあわせて解説しているので、とても使いやすいです。特に中級は似たような表現が出てくるので、違いを分かりやすく説明できるようこの本を読んでいます。日本語ネイティブが気づきにくい学習者の疑問を理解しておくと、授業がスムーズになります。

日本国内(2015-17)
文法の確認

日本国内(2009-13)
中級以降の教案作成時。

日本国内(2009-11)
授業案の準備

新完全マスター文法 日本語能力試験N3 
(スリーエーネットワーク)

インドネシア(2018-20)
例文や解説方法を参考にしました。

ドラえもんの社会科おもしろ攻略 都道府県がわかる 
(小学館)

オーストラリア(2018-20)
47都道府県の特徴がイラストつきで分かりやすく書いてあります。要点がまとめてあるので授業で扱う時に、重要箇所を伝えることができるので役立っています。

大学・大学院留学生のためのやさしい論理的思考トレーニング 
(アルク)

日本国内(2013-19)
日本語を使って柔軟な発想力や論理的思考を養います。週に一度一コマまたは半コマ程度の時間で行っています。

日本語総まとめ N4 文法・読解・聴解 
(アスク出版)

フィリピン(2017-19)
文法の使い方などが英語でも書いてあり、補足するだけで生徒が理解してくれる

日本語誤用辞典―外国人学習者の誤用から学ぶ日本語の意味用法と指導のポイント 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2014-18)
よくある外国人の誤用が沢山乗っていて授業の導入などに使えます。

45日間で基礎からわかる 日本語能力試験対策N2文法総まとめ 
(三修社)

日本国内(2015-18)
中級文法の本なのに、例文が短くて簡潔なので、例文を参考にしています。タイトルはN2文法ですが、N3もかなりカバーされているので、中級文法があたったときには、例文を参考にし、活用や接続を確認するのに使います。

日语口语课堂入门篇(全彩图文)(附MP3光盘) 
(外语教学与研究出版社)

中国(2016-18)
会話レッスンで用いました

みんなの日本語中級II本冊 
(スリーエーネットワーク)

モンゴル(2016-17)
会話練習。

中級へ行こう―日本語の文型と表現59 
(スリーエーネットワーク)

ドイツ(2003-16)
初級文法を終えて、さらに上のレベルを目指したい生徒やJLPTを受験する生徒に使っています。

会話に挑戦!中級前期からの日本語ロールプレイ 
(スリーエーネットワーク)

中国(2013ー16)
初級を終えた学生対象に使用。場面や状況を話し合ってまず自分たちのわかる範囲で取り組んでみてから正しい表現を学ぶことで、より不足部分に気付け吸収していきやすいです。

新版中日標準日本語中級上下冊

中国(2015-16)
みんなの日本語中国語版とこの標準日本語は中国人が使っている2大日本語教科書といえます。
こちらは、説明が豊富で、文法を細かく解説しています。そのため日本語能力試験向きです。
例文や説明文などを参考にさせてもらっています。

みんなの日本語 中級〈1〉教え方の手引き 
(スリーエーネットワーク)

中国(2014-15)
上級になるまではこのシリーズの教本でした。テキストと組み合わせて使えば、間違いない教案が作れるという安心感があります。

日本語読み書きのたね 
(スリーエーネットワーク)

シンガポール(2010-11)
読解と作文の授業で活用。簡単な読解とモデル文を見ながらの作文、自分で構成を考えての作文と段階を踏んで、楽しく作文の授業ができるような教材です。

新日本語の中級 教師用指導書 
(スリーエーネットワーク)

香港(2008-10)
中級教材として「新日本語の中級」を使う学校が多かったので教案作成時にはこれを参考にしました。

中級・上級

中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック 
(スリーエーネットワーク)

中国(2012-15)
学校のベテラン先生のおすすめでした。中上級ともなると込み入った質問をする学生もいるので、備われば憂いなしで授業前には熟読していた本です。

中国(2012-15)
初級で出てくる文法について解説してあります。「これだけは」のセクションでは基本的なわかりやすい解説があり、「もう少し」「もう一歩進んでみると」の内容は授業の時間がまだある時に豆知識的な感覚で学生が混乱しない程度にシェアしてました。

日本国内(2012-15)
文法授業で、例文作成時に気を付けるべき点を予め読んでおく

ベトナム(2010-14)
中級では似たような意味の文法が多いため、違いを説明する際に調べなければならず、そのときには日本語教師なら誰でも持っているでしょうか、基本アイテムの文法書を何度も読んでいました。

日本国内(2009-13)
中級以降の教案作成時。

中国(2010-12)
中級・上級になると、日本人でも複雑な文法があるため、その違いを明確化するために参考にしています。

韓国(2007-09)
初級編同様、授業で取り上げる文法の基本的知識を確認できます。学生からの質問に答える際にも役に立ちます。

どんなときどう使う日本語表現文法500 
(アルク)

日本国内(2015-20)
文法の例文や接続、意味などを調べるとき使うことができます。

日本国内(2015-18)
文型の形と使われ方の確認

日本国内(2013-15)
例文作りの参考、文法の使い方、類似表現との比較

“生きた”例文で学ぶ 日本語表現文型辞典 
(アスク出版)

日本国内(2015-18)
文型分析の時には必ず使用します。また文例を集める時もよく使います。

日本国内(2012-15)
教案を作る際に例文を参考にしていました。

日本国内(2005-14)
N1、N2の文法を教える際、文法説明と例文作りの参考に使います。

上級へのとびら 
(くろしお出版)

アメリカ(2018-19)
4年生(中級〜上級)の生徒用の教科書に利用していました。主に読む練習と書く練習の教材を作るのに利用していました。こちらも元気同様ペアワーク用のページがあるのでそちらを利用して生徒に会話の練習をしてもらいました。とびらのテキストは文法がひとつひとつ丁寧に説明されているので、文法の勉強をする時にもこちらを参考に教えていました。

ドイツ(2003-16)
特に英語圏の生徒で、読解が好きな生徒に提案しています。

改訂版 どんなときどう使う 日本語表現文型200 
(アルク)

日本国内(2013-15)
例文作りの参考、文法の使い方、類似表現との比較(初級レベルの学生にも使用)

台湾(2010-12)
中上級のクラスでの文型説明、例文作成の時に参考にしました。

マンガで学ぶ 日本語上級表現使い分け100 
(アルク)

日本国内(2011-20)
似ている文法や表現の違いを感覚的に捉えたいときに役立ちます。それぞれの表現にマンガがついているので、その表現を使うときの状況や細やかな心情まで捉えることができます。

「接続詞」の技術 
(実務教育出版)

日本国内(2011-20)
特に似ている接続詞の違いについて考えるときに役立ちます。学生の作文の添削をするときなど手元にあると心強いです。

実践 にほんご指導見なおし本 機能語指導編 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2011-20)
ある程度機能語を教えることが慣れてきた頃、ちょっと読んでみると「こんな見方もあったのか」「勘違いしてた」など新しい発見があります。他の一般的な文法書とは異なる観点から機能語を分析していたりするところも面白いです。

新完全マスター文法 日本語能力試験N2 
(スリーエーネットワーク)

日本国内(2016-20)
新完全マスター文法はN3~N1の3冊を読み比べて比較するのに使っています。要点がまとまっているので時間短縮になりますし、学習者も持っていることが多いのでお互いの共通項(「何ページのここにあるポイントだよ、チェックしておいてね」などの声がけ)で重宝します。

伸ばす!就職活動力・ビジネス日本語力 
(国書刊行会)

日本国内(2013-19)
授業の進み具合に応じて抜粋で利用しています。教師も勉強になることが多いです。

日语口语课堂(商务篇)(全彩图文)(附光盘) 
(外语教学与研究出版社)

中国(2016-18)
日本の企業に就職したいという方とのプライベートレッスンで用いました

にほんご敬語トレーニング 
(アスク)

韓国(2017-18)
中級の中頃から、敬語の定着のための練習に使用しました。まず、テキストのモデル会話を聞き、状況や人物の立場、尊敬語・謙譲語・丁寧語の分析させました。その後、声のトーンや前置きにも気をつけながら練習し、最後に、ペアでロールプレイを作成して発表してもらいました。敬語を繰り返し練習することで、少しずつ身についていきました。

多様な日本語母語話者による中上級日本語表現文型例文集 
(凡人社)

ベトナム(2017-18)
JLPT対策講座の準備に使っています。。一度にたくさんの文型を教えなければならなかったので、準備の時間短縮のために例文をここから引用しました。ただ、分かりにくいものもあるので、少し文章を直す必要があります。

Japanese for Busy People III 
(Kodansha Amer Inc)

イタリア(2010-17)
毎回授業で問題の部分を使います。

新完全マスター文法 日本語能力試験N1 
(スリーエーネットワーク)

韓国(2015-17)
主に日本語能力試験対策の本ですが、にている文法の解説や、問題が乗っているので、文法の解説や例文提示などに使用していました。

日本語総まとめ N1~N3 
(アスク出版)

ドイツ(2003-16)
JLPTを受験する生徒に使っています。

すぐに使える実践日本語シリーズ 4 広がる 深まる 副詞 (上級) (すぐに使える実践日本語シリーズ (4)) 
(専門教育出版)

台湾(2013-16)
副詞の説明ははなかなか難しいですが、この本は、似たような意味の副詞をいくつか並べて、例文を用いて違いを紹介しているので、授業で質問があった時にとても重宝しました。助詞や助動詞の解説本もでていますが、それらも役に立ちました。

合格できる日本語能力試験N3 
(アルク)

インド(2007-14)
読解の応用問題と、聴解のCDが使いやすい。

日本語総まとめ N2 語彙 (「日本語能力試験」対策) 
(アスク出版)

韓国(2009-14)
トピックに関連する語彙を選びプリントにして配布するときの参考になりました。

会話に挑戦!中級前期からの日本語ロールプレイ 
(スリーエーネットワーク)

台湾(2010-12)
会話クラスのロールプレイの題材や、中間・期末テストの会話テスト題材として使用しました。

全レベル

どんな時どう使う 日本語表現文型辞典 
(アルク)

日本国内(2014-20)
「ような」と「ために」、「によって」と「に対して」などの違いの説明をはっきり知る目的で使う。例文や練習問題を活用することも多い。

日本国内(2013-19)
文型導入で、わかりやすい説明(似ている文型との違い・やさしい日本語での言い換え等)や、いい例文があったら参考にして、実際の学生のレベルや興味に合わせて教案を作った。JLPTに本気で合格したい学生にも勧めた。

日本国内(2016-19)
例文の参考にしたり、テスト作成の短文作りの参考にしています。

日本国内(2017-19)
読解のテキストの準備の際、JLPTなどで必要となる文型を授業で解説するために便利です。また、家に1冊、学校に1冊おいていました。授業中の学生の質問に対して、休憩中に調べて、続く授業で解説いたこともあります。

タイ(2018-19)
文型について詳しく書かれています。教える前に自分で理解するために使用します。

メキシコ(2014-16)
文型がわからない時に使っています。そもそも、忙しくて教案も作れないので、以前使ったPPTをそのまま使って授業をしています。

日本国内(2004-14)
文型の使い分け、例文を考えるときの参考にしています。

日本国内(2009-13)
例文も多く説明も簡単で、学生が自分で勉強する際にも適していると思います。

ブラジル(2010-11)
各文型の使用方法の確認に。

くらべてわかる日本語表現文型辞典 
(ジェイリサ-チ出版)

日本国内(2015-20)
文法の例文や意味、接続を調べる時に使うことができます。

日本国内(2016-20)
中級で登場するいろいろな文法との違いを丁寧に書いてくれているので、内容をふまえたうえで例文をたくさん作っています。上級クラスでも意外と完全に理解できていない学習者もいるので、プリントなどでまとめて復習しています。

日本国内(2017-19)
文法の比較を調べるため参考にしていました。

日本国内(2015-18)
文型分析の時には必ず使用します。類似文型との違いが記載されているので、必ずチェックします。

日本国内(2005-14)
N1、N2の文法を教える際、文法説明と例文作りの参考に使います。

ベトナム(2007-09)
似ている文型の違いを調べるのに役に立ちます。

ことばの説明・文例集 この言葉、外国人にどう説明する? 
(アスク)

日本国内(2011-20)
レベルを問わず似ている語彙や表現について調べるとき役立ちます。例えば「きちんと・しっかり・ちゃんと」の違いなど。

教師と学習者のための日本語文型辞典 
(くろしお出版)

日本国内(2016-20)
全レベルの文型が掲載されているので、これをみながら例文を作っています。時間があれば、自分の中で違いをしっておきたい文型も同時に調べられるので、いろいろなレベルで応用できる知識をストックすることもできます。

日本語教師のためのテスト作成マニュアル 
(アルク)

フィリピン(2018-20)
テストの問題はJLPTの内容を参考にオリジナルで作っていたのですが、この本には文法、読解、聴解、会話などさまざまな分野のテストの作り方が載っていて、幅広い分野のテストをつくるのに役立ちました。

日本語教師の7つ道具シリーズ2 漢字授業の作り方編 
(アルク)

フィリピン(2018-20)
退屈になりがちな漢字の学習を楽しくしてくれるアクティビティをたくさん紹介されています。また巻末付録に漢字の部首と絵を組み合わせたカードがあり重宝しています。

どんなときどう使う日本語語彙学習辞典 
(アルク)

日本国内(2013-19)
語彙導入で、いい例文(意味の芯をとらえていて、教えたい用法を含んでいるもの)があったら参考にして、実際の学生のレベルや興味に合わせて練習用プリントを作った。辞書を持っていない学生にも勧めた。

外国人と対話しよう!にほんごボランティア手帖 
(凡人社)

日本国内(2014-19)
外国の方と「対話」するための手引き書です。ボランティアの方向けに書かれていますが、学生さんと接するとき、教師と学生のやりとりが「ことばの練習」にとどまってしまう場面が多々あります。この本に書かれていることを参考にすることで、それが防げると思います。

日本語教師必携ハート&テクニック 
(アルク)

韓国(2013-18)
この本の内容に、直接的な教案づくりに参考になることは、書いてありません。しかし、知っていはいるけれど、何のために教科書があるのか、どういう教材や教具が効果的なのか、授業の組み立て方などを、より現実的に落とし込んで理解できる本でした。

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か 
(岩波新書)

中国(2015-18)
何度も読み返し、こちらも手元に置いている。教材作成や、カリキュラム作成、日々の授業で迷ったときはこの本をパラパラ開きヒントをもらっている。外国語教師なら必ず読んでおいたほうがいい本。

音声を教える (国際交流基金日本語教授法シリーズ2)  
(ひつじ書房)

韓国(2017-18)
正しい発音をするための具体的な練習方法が詳しく書かれています。韓国人が苦手な発音を中心に度々取り入れ、音の違いを意識させるようにしていました。

会話の授業を楽しくするコミュニケーションのためのクラス活動40 
(スリーエーネットワーク)

中国(2016-17)
会話の授業の教室活動例として活用

日本語能力試験 公式問題集 N1~N5 全五冊 
(凡人社)

台湾(2005-16)
日本語能力試験対策の資料として使う。

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)  
(朝日新聞出版社)

日本国内(2013-16)
日本語の文章の組み立て方が丁寧に書かれているので、言葉の順番を考えたり、修飾語や助詞を指導したりするのに役立った。

日本語教師の役割・コースデザイン (国際交流基金日本語教授法シリーズ 第1巻)  
(ひつじ書房)

日本国内(2014-16)
教え方に自信が持てなかったり、授業の進め方に迷ったときに読んで参考にしていました。

日本語文法演習 助詞 
(スリーエーネットワーク)

台湾(2014-16)
助詞に関する質問で一番多いのが、「は」と「が」について。この本の内容を抑えておけば、そんな質問も怖くない。

クラスルーム運営 日本語教師のためのTIPS77 
(くろしお出版)

日本国内(2009-13)
クラス運営に悩んだ時に。

 

 

↑ ホームへ戻る

P C S P