掲載日:

海外日本語教師経験談

ベトナム ハノイ 日本語学校(2020年) 楽しいほど勉強意欲upのベトナム人

👩 みきさん・ 22歳

総評

  • ベトナム ハノイ 日本語学校
  • 雇用形態:専任講師 *正規雇用
  • 期間:2年 (2018~2020年) *退職
  • 月収:15万円 (3,000ドン) *かなり生活に余裕がある
  •  アークアカデミーweb講座
  • 勤務時間:1日8時間 週15日勤務   *残業:残業なし

youtubeのコミュニティでベトナムで日本語教師を募集しているという投稿を見て、短大を卒業しすぐベトナムへ出発しました。

私が勤めていた日本語学校はハノイで日本語学習者なら誰でも知っており、オンライン授業、オフライン授業どちらも展開している大きな学校でした。

学校内ではN5からN2まで教育しており、N5、N4はベトナム人教師が文法を教え、日本人が会話を担当してました。N3はベトナム人のみ、N2は日本人のみと教育を分担して行っていました。
多くの学生は大学生~20代社会人でした。

N5、N4クラスでは完璧な日本語習得よりも楽しく継続できることを目標としていたので授業中にみんなで楽しくグループワークをしたり、ベトナム人は写真を撮るのが好きなので一緒に写真を撮ったりと楽しく過ごしました(写真参照)

N2クラスでは日本企業で働きたい人、日本で就職したい人など将来に影響するレベルなので、JlPT合格を目標としており、試験日には会場まで応援に行ったりしていました。学生から合格したという声を聞いた時が一番日本語教師としてやりがいを感じました。

ベトナム現地企業の給与平均が15万くらいでベトナムでは5万あれば生活できるので贅沢とまではいかないもののそれなりに豊かな生活ができます。

土日(第1土曜日以外)は休みで休日は学生のバイクに乗って買い物に行ったり、カラオケに行ったり、カフェ巡りしたり、観光地を案内してくれたり、みんなで釣りやピクニックにいったりと楽しく過ごしていました。知らない土地で1人暮らしが不安でしたが、現地のスタッフや時には学生が手助けしてくれるので、とても有意義な時間を過ごすことができました。

海外で働く・日本語教師をしていたというのは大きな経験や思い出として残ります。
海外の場合、日本語教師は特別必要な技術はないので未経験の方でも挑戦しやすい分野かと思います。

日本語教師として苦労したこと、戸惑ったことはありますか?

学生に文法や助詞の違いを聞かれた時(例:「へ」と「に」の違い、「たら」「れば」「と」「なら」の違い)に、日本人にとっては国語でも外国人にとっては外国語なので特別日本語の勉強をしたことないため上手に答えられませんでした。

解決方法→インターネットで調べる、他の日本人先生に聞いてみる

学生の名前を全員覚えることが大変でした。ベトナム語は日本にない発音が多く、担当しているクラスも多いので100人以上の学生の名前を覚える必要がありました。学生から私は先生の名前覚えているのに先生は覚えてくれないとクレームが入ったこともありました。名前が分からないと授業中にあてる事ができないので困りました。

解決方法→スマホアプリで生徒の顔写真付きの出席名簿を眺めて授業前、寝る前に必死で覚えました。また、読めないベトナム語の名前はベトナム人先生に聞いて発音してもらいました。

なぜこの日本語学校を退職しましたか?

大きく2つあり、1つは2年更新のVisaの期限が終わってしまったため、もう1つは今後他国で日本語教師をするためには4年制大学を卒業しないとVisaが厳しいため(ベトナムは短大でも可でした)、日本に帰国し通信制大学に編入するためです。

給与

月収:15万円 (3,000ドン)
かなり生活に余裕がある

ベトナムはまだ発展途上でありローカル生活をするのであれば月5万円でも十分生活することができます。ベトナムで働く日本語教師の給与はおおよそ10万~20万あたりだと思います。よって贅沢しなければ豊かな生活ができるのは確かです。

私の場合は会社が住居を提供してくれて、家賃2万円のうち会社が1万5千円負担してくれてました。
自分が支払ったのは家賃の残り5千円と光熱費、インターネット費、水道費くらいでした。

またベトナム語がほとんど話せなかったのですが大家さんとの仲介をベトナム人スタッフがしてくれたり、病院に行くときもベトナム人スタッフが通訳してくれたりという優遇もあったのでベトナム語がほとんどできなくても問題ありませんでした。

基本的に移動はgrabというタクシー・バイクタクシーアプリを利用していましたが、長期滞在している日本人は自分のバイクを購入して移動している人もいました。

正直駐在員と比べると給与も低く、毎日日本食レストランに行く、ゴルフやマッサージに良くというような生活はできませんが、固定費引いても十分に遊べるお金も残るので楽しく過ごせると思います。

給与の詳細を読む...

給与

  • 月収:15万円

月収の内訳

  • 基本給:15万円

待遇

  • 有給

雇用形態

  • 専任講師 *正規雇用

勤務時間

  • 1日8時間 週15日勤務   *残業 残業なし

長期休暇中の給与保証

  • 長期休暇がない

授業形態・勤務スケジュール

スケジュール管理で大変だったことは?

現地と他の教育機関との比較で述べた通り、勤務時間が不規則だった事が一番大変でした。

昼食後夕方まで自由な時間だったので、昼寝したり学生と遊びにいったりジムに行ったりと自由に過ごしていましたが、その後、授業をしなければならないと少し負担に感じてました。

しかしそれが大変と感じるのも少しの間で、この生活リズムに慣れてしまえばそこまで大変ではありませんでした。

授業形態やスケジュールの詳細を読む...

主なクラスの授業形態

  • クラス授業  1クラス40人

学習者層

  • 高校生
  • 大学生
  • 社会人

スケジュール

月~金曜日
  • 8:00~12:00 N5とN4クラスを3コマ
  • 17:00~19:00 授業準備及びテスト作成・ベトナム人が作った資料の添削等
  • 19:00~21:00 N2クラスを1コマ
  • 土曜日:月1回午前中までの出勤が定められてました
  • 日曜日:一日休めていました

教案作りで参考にしているサイトは?

  • 絵でわかる日本語
    文法の違いや解説を絵と例文と共に掲載しており、検索するとほぼ上位にヒットするため文法解説に困った時参考にしていました
  • 日本語教師のN2et
    日本語学校では「みんなの日本語」の教科書を使っていたのでどのように指導すればいいのか参考にしていました。また形容詞一覧や動詞一覧ページから学生に質問する質問を考えたりしていました

就職活動

この日本語学校で働くきっかけ・決め手は?

youtubeのコミュニティでベトナムで日本語教師を募集しているという投稿を見て、まだ20歳ということもあり挑戦してみようと履歴書を送り、オンライン面接後無事採用となり、短大を卒業しすぐベトナムへ出発しました。

元々海外には興味があり一人でタイや韓国などアジア圏を中心に旅行していました。短大在学中に卒業しても特にしたいこともなかったので卒業年2月ごろ、周りはとっくに就活を終えていましたが私はまだ未定でした。

そんな時に求人をみつけ未経験可だったので勢いで送ってしまったのですが、若かったのでなんでもできる気がしました。

面接ではどのようなことを聞かれましたか?

短大在学中だったので卒業後のスケジュール、いつから働けるのか、ベトナムで働くことについて両親はどう思っているのか、給与や待遇のこと、ベトナム現地での生活のこと、420時間web講座を受講した方が良いということ、簡単なテスト(例:「~に関わらず」「~にも関わらず」の例文をそれぞれ3個ずつ作る・〇の部首がつく漢字を思いつく限り言うなど)がありました。

この日本語学校で求められる資質や資格、経歴や語学レベルは?

若さが強みだと思いました。日本語教師未経験どころか短大新卒20歳で就職しました。

日本語学校ごとに教案があり教育方針も違うので新卒だったことにより変な先入観がなくかえって良かったと思いました。

また海外で働く日本語教師は定年後の方も多いので、学生と同年代ということでたくさん遊びに誘ってくれたり仲良くなりやすいです。

就職 教育機関選びで特に重視した点

  • 必須資格
  • 給与・待遇

応募時に必要とされた資格

  • 日本語教師養成講座420時間修了

就職 選考方法

  • 書類
  • 面接

面接方法

  • 日本国内にて実施
  • skypeやzoomなどのインターネットツールを使用して面談

日本語教師全般に関する質問

どのような経緯で日本語教師を目指しましたか?

日本語教師を目指していて日本語教師になったわけではありませんが、日本で働くのであれば資格が必須となりますが海外であれば資格不要で働くことができるので海外で日本語教師になりました。

元々塾でアルバイトしていたこともあり、人に勉強を教えるのは好きだったので私には向いている仕事だと感じました。

日本語教師をやってよかった! どんな時に実感しますか?

日本にはないですがベトナムには11月ごろに「先生の日(教師の日)」という日があり、学生たちが花やプレゼントをくれたり歌を歌ってくれたりする日があります。

そんな時に日本語教師をしていてよかった、もっと学生たちに好かれる良い先生になろうと思えました。

日本語教師を辞めたいと思ったことはありますか?それはどうしてですか?

定期的に学生たちに紙でアンケートをとっていました。それには名前は匿名ですが先生の名前や先生の教え方、理解度、自由欄などを記入する欄がありました。

良い評価もありましたが中には「前の学生とばかり話している」などクレームを書かれていることもありました。そんな日は落ち込んでもう辞めようかなと思ったこともありました。

学生のみなさんへ 進路についてアドバイス。

どこの日本語学校も最低限4年制大学卒業が必須条件にあるので必ず4年制の大学を卒業するのをオススメします。ベトナムはまだ短大でもVisa申請が通りましたが、ほとんどの国は厳しいです。

社会人のみなさんへ 進路についてアドバイス。

4年制大学を出てない方は通信制大学に編入してまずは4年制大学を卒業します。

学生でも社会人でも特別必要な資格はないと思います。私は未経験で行きましたが学校ごとに教案もあり日本人もいるので教えてくれますし、最初は授業の見学をさせてもらえます。なので実際に働いて慣れるのが良いと思います。

ベトナムで日本語教師を目指す方へ心構え・アドバイス。

ベトナムについてあまり知らない方も多いと思いますが日本語学校に通うベトナム人はアニメや日本の音楽、化粧、食べ物など日本文化が好きな人も多いです。

ほとんどのベトナム人がフェイスブックをしているのでフェイスブックのアカウントを作って友達になるのがオススメです!メッセージで頑張って日本語で文章を送ってくれたりもします。

案外シャイな方が多いのでそんなふうにコミュニケーションを取っていくのがベトナム人と距離を縮めやすいかなと思います。

ベトナムで働く上で日本語教師はとりあえず「明るく」を心がけるのが良いです。ベトナム人の性格上、日本語が楽しくないから授業に来ないではなく、先生が面白くないから授業に来なくなったという学生も多いです。

N5・N4の学生であれば日本に就職することを目標としているよりもまずは日本語はどんな言語だろう?少し習ってみようかくらいの軽い気持ちの学生が多い印象です。

なので完璧に日本語教育することよりもまずは楽しく常に笑っていられるような場を盛り上げるそんな授業雰囲気を作っていくのが大事です。

南・東南アジアの国・地域別 経験談

当サイト人気スクール 420時間養成講座