掲載日:

海外日本語教師経験談

中国 広東省 日本語学校(2018年) 経験と資格が無くても現地で鍛えられます!

👩 茉莉花茶さん・ 44歳

総評

  • 中国 広東省 日本語学校
  • 雇用形態:非常勤講師
  • 期間:2年 (2016~2018年) *退職
  • 月収:6~8万円 (3,500~5,000元) *それだけでは生活は難しい
  • 勤務時間:1日4時間 週4日勤務   *残業:残業なし

私が中国の日本語学校で働くようになったきっかけはそこで働いていた日本の友人が、日本人の先生が足らないのでぜひ応募してみないかと誘ってくれたからです。私自身以前から自分で中国語を勉強していましたので、いつか中国で働きたいと思っていました。

ですが、私の学歴は短期大学の外国語学科を出ただけで、教師の資格が有りませんでしたので多分駄目だろうと思ってましたが、学校側は非常勤講師として時間給での雇用で主に会話のレッスンをしてもらえるならOK、更に中国語を話せるなら歓迎だとのことでした。この辺は中国ならではなのかアバウトでちょっと拍子抜けしました。もちろん学校によって違うと思いますが。

当初私の働いていた学校は授業方法は先生が考えることになっていました、ですから最初は本当に苦労しました。(後に改定され学校からある程度の指示により統一されるようになりました)

グループレッスンの場合ある程度は生徒のレベルは同じですが、進歩の度合いや、やる気、目標も人それぞれ違いますので、予習時にそれぞれに合った質問を用意し、時にはモチベーションを上げるため、ゲームやリスニングミニテストなどをしました。

例えば初級クラスの場合生徒に順番に前に出てきてもらって私が話した単語を生徒にその文字をホワイトボードに書いてもらったり、特に盛り上がったゲームは日本語しりとりや、バナナと言ったら黄色!のような連想ゲームです。

大変だったことですが、毎週1時間文化を学ぶ授業が有り、学校からタイトルが与えられました。例えば、お花見、伝統的な遊び、習字、お正月、日本の美容院と流行の髪型、などなど。それを自宅に帰って自分で調べ、PPTを作らなければならないのです。真面目な私はほぼ毎日家で2〜3時間準備していました。

でも自分自身が改めて日本の文化を勉強する良い機会になってこれはこれで良い経験となりました。ある時歌舞伎についての授業があったのですが、自分もほとんど知識がなかったですし、生徒達もいまいち興味が無かったようで、私自らみんなの前で歌舞伎役者を演じたところ、何とも言えない雰囲気になりました。でも後から生徒に「先生の踊り面白かったですよ」と言ってもらい慰められました。

学生達にほぼ共通なのはとにかく日本が大好き!ということでした。特にアニメ、音楽、映画、ゲーム、ドラマなど、はっきり言って日本人よりも良く知っています。そういう話になるともうめちゃくちゃ盛り上がって話しが尽きませんでした。私はその方面にあまり興味がなかったのひたすら聞くことしか出来なかったのですが、学生と楽しく会話するにはそういった面も含めて幅広い知識が必要だと感じました。

また、私自身も言語を学ぶ点で良く感じますが、自分は何で全然進歩しないんだろうとか、何かもっと効率の良い勉強法なないだろうか。と悩む生徒もいます。

教えていて感じたことは真面目で一生懸命問題集を解いて予習もバッチリという生徒が必ずしも早く話せるようになるとは限らないということでした。

もちろん能力試験に合格するにはそれも必要ですが。中にはあまり勉強してないのにどんどん上達していく生徒もいました。耳がいいという生まれながらの才能がある人もいますが、あまり文法にこだわらず、授業中先生の話をしっかり聞いて、それを真似して積極的に発言して、間違っても笑ってすませる、そんな気楽さが上達の秘訣なのかなと感じました。

ですから会話担当の私はいつも教科書を閉じさせて生徒に「私の言うことをそのまま聞いて真似して話してみるように」と言い続けてました。とにかく耳と口を鍛えるような授業をしました。

何年も学校に通ってる生徒があまり進歩できず、もう一度初級クラスに戻ってくることもありましたが、一生懸命努力して、少しずつでも話せるようになる姿を見ていつも嬉しく感じました。

そして生徒が「先生、日本語能力検定◯級受かったよー!」とか「来月から日本で留学することが決まったよ!」など嬉しい報告を聞くと、こちらも本当に、よかった〜!っと思えますし、この仕事を続けていく力になりました。

お給料の面ですが、中国には国慶節や春節の季節に殆どの生徒や先生方が長期帰省をしますので、学校が休みになります。特に春節の時は1ヶ月弱ほど授業が殆ど有りませんので給料も半分ほどに減ります。また逆に夏休みなどは生徒が増えるため多い時は朝9時から夜21時まで出勤する事もありました。

中国の物価は少しずつ上がってはいますが、それでも日本に比べればだいぶ安く、私は主婦で夫と二人暮らしシンプルな生活をしていましたので(住む場所によっても違いは有りますが)それほどハイレベルな生活を望まなければ二人合わせて月10〜12万円もあれば快適に生活できます。

今も日本に留学したいという学生や、高校から第二外国語として日本語が選択科目に含まれている学校もあるので、日本語はとても人気があると思います。大変なことも多々有りますが、日本では経験できない事が沢山あり、自分の見方を広げる機会にもなりました。

また中国人の人懐っこい、気楽な性格、美味しい料理にはいつも元気付けられます!私も今後日本語教師能力試験などにチャレンジしてまたいつか再開出来ればいいなと思っています。

日本語教師として苦労したこと、戸惑ったことはありますか?

ある時クラスの学生全員に授業をボイコットされた事がありました。理由はクラスの中の一人の学生がその日は誕生日だからみんなをカラオケに連れて行くとのことでした。日本ではありえない事です!頭から湯気が出るほど怒りがこみ上げました。それに生徒がいないと授業はキャンセルとなり1時間お給料もらえなくなるからです。学生にすっかり舐められてました。

その時先生はただ優しくて面白いだけでなくやはり威厳が必要だと思い知りました。そういうドタキャンが時々あったのでその点は学校側と良く意思の疎通を交わして改善をお願いする必要もありました。

また中国の教育方針は日本より厳しく中高生は毎日朝7時からよる9時まで学校で勉強しています。そしてほとんど生徒自身が自分で想像力や判断力を働かせて学ぶというより、ほとんど丸暗記方式、言われたことを言われた通りに行うという教育方針です。

それに長年政府は一人っ子政策を行なっていましたから、一人っ子が多く、親が子供に期待する度合い、お金のかけ方も日本と違います。

ですから学生はかなりストレスを抱えていて疲れています。彼らの日本語学校での勉強の動機も良い大学に入るため、日本語能力試験1級を取るため、という理由の学生も多いようです。

そのような学生は想像力や柔軟性が乏しくなかなか日本語で会話をしたがりません。その結果クラスの雰囲気を悪くしたり、他の学生と歩調を合わせられず迷惑をかけたりする問題が発生します。

ですから、いかに外国語で外国人と話す事が楽しいことかを味わってもらうよう工夫し、喜んで楽しく授業に参加してもらえるように、まずは常に自分のテンションを最大限に上げて、身振り手振りはもちろん、自ら踊ったりモノマネをしたりと、生徒に面白いと感じてもらえるような授業をするよう心がけました。

なぜこの日本語学校を退職しましたか?

日本へ帰国しなければならなかったから

給与

月収:6~8万円 (3,500~5,000元)
それだけでは生活は難しい

今の給料で、最低限の生活はできます。一か月の出費は2000元~3000元です。具体的な内訳は、交際費と週3.4日行くカフェ代と食費が大体です。貯蓄をしたいので、ぜいたくはできません。時々駐在員の日本人と会う時は、少しひもじい気持ちになっちゃいます。(笑)

また、国保の加入をしていないので、一時帰国の際、日本の病院に行けないのは痛手です。中国の保険に加入していますが、現地の病院に行くのは怖くて、ここ2年間、一度も病院に行けていません。

給与の詳細を読む...

給与

  • 月収:6~8万円

月収の内訳

  • 時給:1,200円

待遇

  • なし

雇用形態

  • 非常勤講師

勤務時間

  • 1日4時間 週4日勤務   *残業 残業なし

学校が定める学生の長期休暇の有無

  • 帰省休暇:年2回 1回14日程度  

長期休暇中の給与保証

  • Array

授業形態・勤務スケジュール

スケジュール管理で大変だったことは?

平日は8:00~16:50まで授業が有り、終わってから明日の授業の準備とその日の作文の添削をしなければならなかったので、寝る間も惜しんでました。

土日も、関係なく授業準備をする必要があったので、どこへ行くにもパソコンを持ち歩いていました。

カフェで授業準備をすることで新しいアイディアが浮かんだり、気分転換ができるので、なんとかいっぱいいっぱいにならず乗り越えました。

授業形態やスケジュールの詳細を読む...

主なクラスの授業形態

  • クラス授業  1クラス30~120人

学習者層

  • 大学生

スケジュール

  • 火:8:00~11:25 作文クラス4コマ・13:30~16:50 中級会話4コマ
  • 水:8:30~16:20 初級会話8コマ
  • 木:8:00~11:25 作文クラス4コマ
  • 土・日:一週間分の授業準備と添削をする日と決めていたので、土日だからといって一日中遊ぶということは、年数回ぐらいしかなかったと思います。

アジアの国・地域別 経験談

当サイト人気スクール 420時間養成講座