掲載日:

海外日本語教師経験談

台湾 台北 日本語学校(2016年) 台湾がもっと好きになる仕事!だが、薄給…

👩 美香老師さん・ 30歳

総評

  • 台湾 台北 日本語学校
  • 雇用形態:非常勤講師
  • 期間:2年 (2014~2016年) *現在も勤務中
  • 月収:9万3,000円 (2万8,000台湾ドル) *なんとか生活できる
  • 勤務時間:1日4.4時間 週5日勤務   *残業:残業なし

私は、異業種から「資格なし」で、日本語教師に転身しました。

私の経歴は、以下の通りです。

2009年 日本の大学(経済学部)を卒業後、金融機関に3年勤務
2012年 台湾の語学学校に1年留学
2013年 現地の旅行会社に就職
2014年 日本語教師に転職、現職

旅行会社では、日本人クライアントとのやり取りばかり。「もっと台湾人と深く関わる仕事がしたい!」と望んでいました。友人のアドバイスがきっかけで、この道に進むことになりました。

台湾における日本語学習熱は、今も昔も高いです。私の勤務する学校には、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の生徒さんがいます。

とくに「哈日族(ハーリーズー)」と呼ばれる日本びいきな若者は、驚くほど熱心。教え甲斐がありますが、私より日本に詳しく、なかなか手強いです。

公用語は中国語ですが、台湾語には「かばん」や「りんご」など、日本語由来の単語がたくさんあります。日本語を教えることを通して、日本と台湾の関係の深さを感じ、台湾がもっと好きになりました。

私の学校のモットーは「楽しく日本語を学ぶ」です。他の学校と違い、成績評価やテスト、宿題がありません。事務作業に時間を使わず、日本語を教えることだけに集中できます。

授業は週に10コマ(22時間)と少なく、長期休暇も気軽に取れます。1年に1度、20日ほど一時帰国しています。「台湾に来てすぐ、始めればよかった!」と思うほど、この仕事が好きです。

しかし…。

仕事の量からすれば文句は言えない金額ですが、お給料は時給制で低く、貯金が少ししかできないのが悩みです。

仕事の時間を増やしたくても、なかなか希望が通りません。

私の勤める学校だけでなく、日本語教育業界の平均給与は低い。30歳という年齢を考えると、いつまでもこの仕事を続けていくのは厳しいです。

本当に残念なのですが…。すぐにではありませんが、帰国して、他業種への転職を考えています。

日本語教師として苦労したこと、戸惑ったことはありますか?

授業態度が大きく違います。

平気で授業に30分以上遅れてきたり、スマートフォンをいじったり、大きな声で電話に出たりなどです。堂々とお弁当を食べ始めた生徒には、正直、閉口しました。

日本式に厳しく指導する先生もいますが、私は「台湾人のスタイル」として尊重しています。しかし、知っていてやるのと、知らないでやるのは違う。

「ここは台湾だからそのままでいいけれど、日本ではダメなんですよ~」と優しく教えるようにしています。

注意しているのは、台湾人の「メンツ」を傷つけないこと。

大勢の前で、特定の生徒を怒鳴ったり、注意したりすると「馬鹿にされた」と心を閉ざされてしまいます。「習慣の違いっておもしろいですね!」というように、叱っているのではないと強調するのが大事です。

給与

月収:9万3,000円 (2万8,000台湾ドル)
なんとか生活できる

慎ましく、なんとか生活しています。

台湾は物価が安いと思われがちですが、そうではありません。台湾の安いお給料で、日本の田舎で生活しているような感じです。

とくに日用品が高く、台湾・日本製問わず、日本と同じか1.5倍以上の値段がします。

私は少食かつ、間食の習慣がないので、すべて外食となる食費が低く抑えられています。男性やローカルフードが苦手な方は、倍以上かかると思ってください。

以下、私の生活費内訳です。

家賃  10,000元(約33,000円)
食費  6,200元(約20,500円)
電気代 500元(約1,700円)
水道代 無料
ガス代 なし(ガスをひいていない)
日用品 500元(約1,800円)
美容費 500元(約1,800円)
交通費 1,000元(約3,300円)
通信費 200元(約650円 ガラケー使用。自宅のネットは無料)
雑費  3,800元(約12,600円 一時帰国費用などの平均)

支出   約23,000元(約76,000円)
平均月収 28,000元(約93,000円)
貯金   5,000元(約17,000円)

私の給与は、台湾人の平均より低いです。しかし、週10コマ・22時間しか働いていないので、妥当だと思っています。

時給制のため、祝日や一時帰国のための休みは、無給なのでつらいですが…。

待遇も悪いですが、学校への貢献度からすれば、こんなものだと思ってます。

夕方5時以降の授業は「夜間手当」が出て、時給が60元(約200円)だけアップします。ボーナス、一時帰国のための航空券代の補助はありません。

1年に1回のビザ更新にかかる費用は、自己負担です。更新費と、更新のために必要な健康診断費は、合計2,500元(約8,300円)です。

台湾では、通勤手当が支給されないのが普通です。

それだけでなく、私の勤務先では、1日のうち、昼と夜で異なる分校で教える曜日があります。分校間の移動に伴う交通費も、自己負担です。

たった1コマの授業のために、交通費を払うのは、ちょっと痛いです。

給与の詳細を読む...

給与

  • 月収:9万3,000円

月収の内訳

  • 時給:1,000円
  • 夜間手当:1時間につきプラス200円

待遇

  • なし

雇用形態

  • 非常勤講師

勤務時間

  • 1日4.4時間 週5日勤務   *残業 残業なし

長期休暇中の給与保証

  • 長期休暇がない

授業形態・勤務スケジュール

スケジュール管理で大変だったことは?

1年目は教授法も文法も知識がゼロだったため、1コマの準備に3時間ぐらいかかったり、授業見学で忙しかったりした時もありました。

しかし、授業の時間が週10コマ・22時間とかなり少ないので、スケジュール管理が大変だったことはないです。

1年目で教え方の軸がしっかりできたため、今は中級クラスの授業のみ、1時間の準備をしています。

授業形態やスケジュールの詳細を読む...

主なクラスの授業形態

  • クラス授業  1クラス10人ぐらい

学習者層

  • 社会人

スケジュール

月曜日
  • 10:00~11:30  初級クラスを1コマ
  • 17:00~18:00  授業の準備
  • 19:00~21:00  中級クラスを1コマ
火曜日
  • 10:00~11:30  50音クラスを1コマ
  • 12:45~13:15  他の分校へ移動
  • 13:30~15:00  中級クラスを1コマ
  • 19:00~21:00  入門クラスを1コマ
水曜日
  • 10:00~11:30  初級クラスを1コマ
  • 17:00~18:00  授業の準備
  • 19:00~21:00  中級クラスを1コマ
木曜日
  • 10:00~11:30  50音クラスを1コマ
  • 12:45~13:15  他の分校へ移動
  • 13:30~15:00  中級クラスを1コマ
  • 19:00~21:00  入門クラスを1コマ
金曜日
  • 17:00~18:30  入門クラスを1コマ
  • 19:00~21:00  ビジネス会話クラスを1コマ
休日
  • 土曜日:1日休みです
  • 日曜日:1日休みです

教案作りで参考にしているサイトは?

  • Atsushiの日本語教室
    日本語を学ぶ台湾人向けのサイト。 学習者から寄せられた、日本語や日本文化に関するQ&Aが、日本語と中国語で書かれている。 よくある質問が記事になっていて、便利。 50音と入門クラスで、中国語でどう答えればいいのか困ったときに、参考にしている。
  • HJディクショナリー(簡体字中国語)
    日中辞典。 「最新熱詞」には、最近よく検索された日本語の単語が載っており、学習者がどんなことに興味を持っているのか知ることができる。 また、例文が豊富なので、初・中級クラスで使用している。

教案作りで参考にしている書籍は?

就職活動

この日本語学校で働くきっかけ・決め手は?

台湾の自宅から一番近く、身近な学校だったからです。

「日本語教師になりたいんですが、面接していただけますか?」とアポなしで、学校へ突撃。受付の方から、詳しい仕事内容や給与・待遇の説明を受け、その場で学校指定の履歴書を書きました。

それから1週間後に採用通知を受けたので、ほかの学校は受けませんでした。

決め手になったのは、成績評価や宿題のチェックなどの事務作業が全くないこと。日本語教授経験ゼロで、教えることに集中したかった私には、ぴったりでした。

面接ではどのようなことを聞かれましたか?

学校が設定した面接はありませんでしたが、受付の方と、中国語で30分ほど世間話をしました。今思えば、それで語学力や人間性を試されていたのかもしれません。

受付や事務の方には、いろいろとお世話になるので、仲良くなっておいたほうがいいです。

この日本語学校で求められる資質や資格、経歴や語学レベルは?

台湾人は、日本のアニメやドラマなどポップカルチャーには詳しいのですが、ビジネス文化には明るくありません。

仕事のために学習している方も多いので、日本での社会人経験は大きな強みになります。

中華圏の方は、自己主張が強いイメージがあるかもしれません。台湾は島国のせいか、意外にも、シャイな方が多いです。

威圧的な感じだと心を閉ざされてしまうので、優しく相手に寄り添える方が向いています。

中国語はできるに越したことはありません。日常会話レベルでいいので、やってみてください。

日本語と中国語のギャップを知っていると、生徒がなぜそういう間違いをするのか理解できます。

就職活動で参考にしたウェブサイトは?

  • 日商ウィズ人材派遣センターグループ
    日本語教師の求人に強い。 求人情報は、サイト上では非公開。 メールで履歴書を送ると、情報がもらえる。
  • 104人力銀行(中国語)
    台湾で一番大きな求人情報サイト。 ホーム画面上部にある「関鍵字(意味:キーワード)」に「日文老師(意味:日本語教師)」と入力。「工作(意味:仕事)」と書かれた黄色いボタンをクリックすると、求人情報がたくさん出てくる。

就職活動で有効な手段は?

  • 『国立師範大学・博愛楼7Fの掲示板』
    MRT古亭駅から徒歩8分。たまに求人情報が貼られている。学生でなくてもビルに入れる。
  • 『学校に飛び込む』
    興味のある語学学校に直接行って、求人がないか聞く。そのときはだめでも、欠員が出たときに、連絡が来る可能性もある。

就職 教育機関選びで特に重視した点

  • 必須資格
  • 使用されている教授法
  • 通勤時間

応募時に必要とされた資格

  • なし

就職 選考方法

  • 書類

日本語教師全般に関する質問

どのような経緯で日本語教師を目指しましたか?

台湾で中国語を1年勉強した後、現地の旅行会社で働いていました。

日本人クライアントとのやり取りばかりで、日本で仕事しているのとあまり変わらない。「台湾人ともっと深くかかわる仕事がしたい!」と思うようになりました。

そんな時、台湾人の友人から「日本語教師になれば?」とアドバイスが。

その友人は日本語を勉強しており、私によく質問をしてきました。説明の仕方が的確で上手なので、日本語教師に向いていると考えたそうです。

友達に背中を押されて、この道を目指すことになりました。

日本語教師をやってよかった! どんな時に実感しますか?

台湾人の「日本愛」を感じた時です。

台湾は昔、日本に統治されていました。現在の共通語は中国語ですが、台湾語には日本語由来の言葉がたくさんあります。

例えば、「オートバイ」「カバン」「運ちゃん(運転手)」「おばさん」「りんご」など…。

新しい単語を紹介していると、生徒が「それ、台湾語と同じだ!」と目を輝かせます。台湾と日本の関係は、深いです。

「哈日族(ハーリーズー)」と呼ばれる、日本びいきな若者も多くいます。たくさんある国の中から、日本を選んでくれて、とても嬉しいです。

日本語教師を辞めたいと思ったことはありますか?それはどうしてですか?

今、まさに思っています。

もともと「お金は二の次」でこの仕事を始め、慎ましい生活も楽しんでいます。しかし、今年30歳になり、「もっと貯金を増やしたほうがいいな」と考えが変わってきました。

どんなに優秀な教師でも、生涯賃金はたかが知れているので、ずっと続けるのは難しいです。

結婚していたらダブルインカムなので、迷わず続けていたと思います。実際、同僚の先生方も既婚者ばかりです。

すぐにではないですが、帰国して異業種へ転職するつもりです。

学生のみなさんへ 進路についてアドバイス。

まずは、日本で一般企業に就職して、3年ぐらい社会人経験を積んでください。日本語教師になるのは、それからでも遅くないです。

日本のビジネス文化は独特で、生徒さんからの質問も多いです。社会人経験があれば、仕事の幅が広がりますよ!

社会人のみなさんへ 進路についてアドバイス。

資格がなくてもやってみてください。

日本語教師の資格を取るための費用は高く、教師の低い給与ではすぐに回収できません。台湾には、日本語教師の資格がなくても採用してくれる学校がたくさんあります。

「この道で行こう!」という覚悟ができたら、資格取得を目指せばいいと思います。そういう同僚も、少なくありません。

台湾で日本語教師を目指す方へ心構え・アドバイス。

台湾が好きなら、ぜひ日本語教師になってみてください!台湾のことをたくさん知ることができるので、もっと好きになります。

しかし、お給料は本当に安いので、覚悟してください。たくさんの同僚が「給料さえよければ、いい仕事なんだけど…」と言い残し、帰国していきました。

好きなことで、いいお給料を得られる人は一握り。頭ではわかっていても、低いお給料で、仕事への情熱を持ち続けるのは難しいです。

「お金は二の次」で、期間を限定してやるのがおすすめです。

アジアの国・地域別 経験談

当サイト人気スクール 420時間養成講座