元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

教案作りで参考になるサイトとみんなの活用法

2018/8/31 更新

日本語教師経験者からの情報提供を元に「教案作りで参考にしているサイト」を随時更新しています。実際に活用している方の使い方、コメント付き。

→教案作りで参考になる書籍はこちら

教案例

おすすめ 日本語教師の教案

カンボジア(2017-18)
教科書の文型や指導方法がまとまっているのでこのサイトの教案をアレンジして授業構成を考えています。

ブラジル(2011-17)
授業で使用していた「みんなの日本語」という教科書の単語一覧が便利で、どの単語をいつ習ったかチェックするために使用していました。

フィリピン(2016-17)
使っている教科書が『みんなの日本語』だったので、これに載っている導入の仕方や応用練習を参考にしていました。

日本国内(2005-16)
どの順番で文型を導入するかを考えるのは大変です。このサイトを参考にすると系統だって文型を導入できるので参考になります。

台湾(2013-16)
台湾で使用されている教科書「みんなの日本語」の教案づくりに重宝します。

日本国内(2014-16)
教案を作る際、参考にしています。

タイ(2014-15)
テキスト「みんなの日本語」の課ごとに文法や指導方法が掲載されているので、最初の導入などはこのサイトをよく利用していました。

台湾(2014-15)
「みんなの日本語」の教案を作る時の基本的な流れをつかめない時に、参考にする。

台湾(2011-14)
教案や授業の流れを参考に見る

タイ(2012-14)
導入、練習方法に迷った時に参考にしていました。

オーストラリア(2011-12)
教案を作る際の導入部分を参考程度に拝見しています。

中国(2006-11)
各課の文型ごとの導入→練習の例があり、導入のネタに困った時などはこちらでヒントを得ていました。また、文型の入れ替え練習などの例文を探すときも重宝していました。

おすすめ 日本語教材図書館

日本国内(2013-17)
文型の練習問題を考えるのに使っています。「みんなの日本語」に沿うサイトなので、該当箇所が探しやすく便利です。

日本国内(2008-15)
ゲームなどのアクティビティに活用します。

日本国内(2012-15)
その課の文法を使った活動に役立ちます。

中国(2014-15)
授業の流れから目指す目標、応用練習に最適なアクティビティの紹介や学生さんに配布する教材の資料もあるので、実際の授業の様子をイメージしやすく使いやすいです。この通りにレジュメを組むだけで、学生さんの成長がわかるので重宝していました。日本語でこんなことが出来るという喜びを感じることが出来ます。

台湾(2011-14)
例文や教材などの検索

日本国内(2011-14)
日本語能力試験の対策講座をするときに、過去問をチェックしたり、授業でするアクティビティの教材をここから持って来たりして使っています。

日本国内(2009-13)
例文検索や問題例の検索に役立ちます。

中国(2006-11)
左上の「教材配布室」をクリックすると各課の応用練習をダウンロードすることができます。学んだ文型を使ったコミュニケーションの手段として使えるサイトだと思います。

ベトナム(2007-09)
ゲームなどのアクティビティに使用しました。

日本語教育 教案の広場 みんなの日本語版

フィリピン(2016-17)
文型導入の方法が載っているので、教案作りに役立ちます。また、例文も分かりやすいです。

日本国内(2005-16)
どの順番で文型を導入するかを考えるのは大変です。このサイトを参考にすると系統だって文型を導入できるので参考になります。

ドイツ(2015-16)
教える手順に困った時に参考にしている

中国(2014-15)
どこでも「みんなの日本語」というテキストを使うことが多いので、よく読んで参考にしていました。カンニングが出来るサイトです。実際の授業は対面で、生ものならでは苦労がありますが、家で教案を作る苦労は少ないほどいいと思います。

台湾(2014-15)
「みんなの日本語」の教案を作る時の基本的な流れをつかめない時に、参考にする。

日本国内(2011-14)
日本語教師になりたての頃に、教案を作る際の参考に使っていました。いまだに授業の準備が間に合わないときには、そのままこのサイトの教案を使うこともあります。

日本国内(2010-12)
授業の導入で詰まったときによく利用

香港(2008-10)
みんなの日本語1-50課までの教案サンプルがあるので、参考になります。副教材プリントの例もあります。

初級日本語 げんきオンライン

アメリカ(2013-18)
教科書の付属のサイトです。ここにリスニングの練習問題や、ひらがな カタカナのクイズもあります。

フィリピン(2016-17)
アクティビティーの教案作成に利用しています。

中国(2014-15)
会話の授業では、毎回日本語を使ったアクティビティの時間を設けており、その時の参考にしました。

イギリス(2011-13)
クラス内のアクティビティをそのまま使用

ロシア(1992-2009)
ここでは教案のほか、アクティビティやカードのダウンロードもできて、とても参考になります。「げんき」をお使いの方に。

エリンが挑戦!にほんごできます。

イタリア(2010-17)
初級用で使いますが、ビデオなどは実際の学校生活が見られるので中級でも日本の学校生活をイメージしてもらえるので使います。

台湾(2013-16)
色々な言語に対応しており、ビデオもあるので授業によっては利用できると思います。

台湾(2015-16)
授業中に進んだところまで、このWebで復習、解説しました。

フィリピン(2011-15)
文法面での活用ではないのですが、日本事情を学ぶ際に「これは何」や「見てみよう」を活用しています

中国(2010-12)
日本の一般的な学校風景や住居風景などを基に進行しているドラマがあるので、それを参考教材にしていました。

日本語教師のN2et

インド(2015-17)
本来なら教案を自分で作成して授業に臨まないといけないのですが、このサイトに限らずインターネットで公開している人のサイトを参考にすると便利です。テキストよりも分かりやすく、毎回授業の前はいろんな人の教案を見て、必要な部分はコピーして使っていました。「〇〇教案」とタイプすれば色んな案が出てきます。また、動画などをアップデイトしている人もいるので参考にするとよいでしょう。

タイ(2013-16)
日本語初級の教案や中級の文型、お勧めの書籍など詳しく丁寧に書かれています。経験に基づいたアドバイスも、教案や教材を作る際、非常に役立ちます。

インド(2007-14)
て形の表や、絵カードを参考にしました

台湾(2011-14)
教案や授業の流れを参考に見る

ぷりんときっず

ベトナム(2016-17)
子供クラスの教材開発に使っています。

タイ(2010-15)
かわいいイラスト付きのプリントを印刷することができるので、重宝しています。

オーストラリア(2009-11)
ワークシート作成の参考にするため。ひらがなカード作成

ちびむすドリル

カナダ(2015-17)
ひらがななどのプリント学習に活用。

アメリカ(2013-15)
ひらがな・カタカナ表をプリントして、一人一人の生徒へラミネートして使わせたり、文字1枚ずつ切り離してカードゲームに使用しました。また塗り絵や教材プリントもあるので、毎日使っていました。

モロッコ(2010-12)
幼児向けの知育教材サイトですが、プリントなど日本語学習者にもできます。

日本語駆け込み寺

ロシア(1992-2009)
初級から上級まで、頼りになるサイトです。

韓国(2007-09)
文型の説明が豊富です。簡単な問題例もあるので、文型の練習問題を考えるときに利用できます。

東外大言語モジュール

タイ(2013-16)
みんなの日本語に沿って教えるだけでは、飽きがきてしまうので参考にすることがありました。

学研キッズネット

ベトナム(2016-17)
日本で義務教育を受けたことがある学生のための教材開発に使っています。

JAYAランゲージセンター

カンボジア(2015-16)
日本にいたときカンボジア語の勉強をしていた学校です。そのときの先生が用意してくれたテキストが、イラスト入りのものもあったりと非常に手が混んでいて使いやすかったため、かなり参考にしていました。

JYL Projectこどもの日本語ライブラリ

中国(2012-15)
自己紹介や、家族のこと、学校での一日などをテーマごとに分けた会話練習を中心とした教材です。学生が成人の場合、使わないトピックもありますが一週間のスケジュールなどを話すトピックでは「ドラマを見る」「仕事をする」などの会話もあり、そこから個人の趣味に話などにも繋げていけます。

台湾で日本語を教える毎日

台湾(2010-12)
「みんなの日本語」の内容について、課ごとに自身の経験や授業内容をシェアしてくれているので、授業アイデアに詰まった時などよく参考にさせてもらいました。

JITCO日本語教材ひろば

日本国内(2007-11)
技能実習生用なので、企業内プライベートレッスンで使用できるものがある。

漢字ドリルのJAKKA

ブラジル(2010-11)
漢字の練習プリント作成の参考に。

日本語を楽しもう

シンガポール(2010-11)
擬音語・擬態語の授業のときに、使用例に使ったり、4コマ漫画の吹き出しのセリフを消して学生に考えさせたりしました。

福娘童話集

カナダ(2003-10)
読解、リスニング、文化理解等も含め、授業には毎回、お話を聞かせたり視聴させたりして、教科書以外の目先を変えました。

ピクチャーカード

おすすめ みんなの教材サイト

イタリア(2010-17)
初級・中級用の長文・読解用、日本で旬な話題がテーマになっている事が多いので生徒が興味がもてます。また世界中の日本語教師が実際に作った教材シェアされているので参考になります。食べ物、電車など日本の写真もあるので日本の文化を紹介する時にも便利です。

日本国内(2013-17)
文型の応用練習などに役立てています。このサイトからアイデアをもらい、プリントの作成などを行っています。

日本国内(2015-17)
教案作成の参考にしたり、ペアワークのアイディアを参考にしました

スリランカ(2015-17)
登録制ですがいろいろな授業に役立つ教材やゲーム、アクティビティなどが掲載されているのでよく利用していました。先生たちへの教え方セミナーでもこのサイトとを紹介したところ好評でした。今でもよく使用しています。

カナダ(2015-17)
各国の日本語教師の教材を参考にでき、情報交換の場としても使っている。

中国(2013-16)
イラストが豊富なので、よく使用しました。日本語教育のためのイラストなので思った通りのイラストが手に入ります。クラス活動や季節に合わせた取り組みを様々な国の先生が紹介しているので、授業時間に余裕があったり、連休明けで学生が休みがちの時期に教科書を先に進めず、このような教材を使って授業をしていました。

台湾(2013-16)
先生方のアイディアの詰まった様々な教材を利用することができます。生徒さんのレベルに合わせて選択できます。

アルゼンチン(2013-16)
イラストをこのサイトで探したり、ちょっと応用をかねて教室活動があったら、という時にお世話になっています。

フィリピン(2011-15)
授業のアイデアが欲しい時にのぞいてみます。写真やイラスト、またタスクシートもたくさんあるので、いつもとは違う授業をしたいときに参考にします。

日本日本国内(2012-15)
絵教材等が必要な場合や、教案のアイデアが欲しい場合に活用していました。

日本国内(2008-14)
どうしても教案作成に行き詰まったときのヒントとして使っていました。例文は面白みがないものが多いので、自分で考えたものの方が良いと思います。

シンガポール(2013-14)
サイト内にある写真やイラストをプリントアウトして教材として使ったり、日本の文化や行事ごとを紹介する時に使用したりしました。
授業に役立つアイデアもあるので、そこからヒントをもらって授業に役立てたり、中上級向け読解用素材も活用しました。

ケニア(2009-13)
教室活動案、イラスト、読解用素材まで何でもあるので、困ったときはいつもこのサイトを参考にしていました。

ロシア(2012-13)
読解の教材、イラスト、文法の説明などいろいろなものが掲載されています。ダウロードし、そのまま授業で使えます。特に季節や日本文化ならではのイラストは、ネットで検索して探すよりも、教室で扱うのに適したイラストや写真が掲載されているのでとても活用できました。

中国(2010-12)
文法項目別に授業進行案があり、その時々に使う写真・イラスト集などもあるので、それを参考に教案に使用していました。

オーストラリア(2011-12)
絵を描くのが下手なので、教材(ピクチャーカード)で利用できるものがあればダウンロードして利用させて頂いてます。

日本国内(2007-11)
初級の教材、素材を検索するのに使用

シンガポール(2003-10)
主にイラストを探すのに、よく利用しました。

フランス(2005-09)
国際交流基金が立ち上げた日本語教師のためのサイトです。
絵カードや写真素材、教案などの共有ができます。また、世界各国の教師同士でのQ&Aなど、意見交換もでき参考になります。

韓国(2007-09)
国際交流基金が運営するサイトです。絵カードが豊富で、教材に使える素材もたくさんあります。

日本語教育のためのイラスト教材

ベトナム(2017-18)
分かりやすいシチュエーションのイラストがたくさんあるので、プロジェクターで学生に見せています。

ドイツ(2015-16)
イラストを使用している。分かりやすく生徒の理解も早い。

台湾(2014-15)
絵を使って導入したほうがわかりやすい文型の場合のアイディアの参考にする。

ベトナム(2010-14)
初級文法での練習のときの絵カードや例文として時々見ていました。 絵や例文がユニークで、私はよく口頭で会話場面を提示してから、ポイントの例文をイラストを見せながら導入という流れで使っていました。

【虹色 日本語教室】スパイス効いたゲーム・教材・活動集 初級活動集

フィリピン(2016-17)
アクティビティーの教案作成に利用しています。

タイ(2012-14)
初級を教えるとき、応用のゲームやアクティビティの参考にしていました。

日本語教師の応援サイト

中国(2015-16)
イラスト画像を無償でダウンロードすることができます。絵が分かりやすく、文法を理解させたり、基本単語を覚えさせたりするのに有用です。

タイ(2012-14)
導入、練習の際に、こちらのイラストを使用するときがありました。

いらすとや

日本国内(2015-17)
授業中に使うイラストとして

NIHONGO PARK

日本国内(2014-16)
使いやすい絵カードがあるので、授業で導入の際に時々使っていました。

えいごばたけ 無料こども英会話教材

ブラジル(2002-14)
名詞にはこのサイトのような文字無しをプリントアウトして使用します。

幼児の学習素材館

中国(2009-14)
イベントなどでPowerpointを用いた際の資料作り、小学生ぐらいの子供向け資料を作るのに便利。
イラストがたくさんあるので、日本の四季の行事などを勉強するのに分かりやすい。かわいいイラストが多いので、学生から好評。

聴解

coscom

日本国内(2015-17)
日本のニュースや文化の記事などがレベル別に載っています。オーディオデータもあるので、リスニングにも使えます。
記事を読んで単語の意味を確認してもらった後、意見や感想を言ってもらっています。

中国(2014-15)
例文や教材も豊富なので、ここから抜き出して授業に役立てることが出来ます。ひらがなやカタカナの学習方法や学習例についても参考になりますし、ゲームのように学ぶ方法も紹介してあります。どんな例文がわかりやすいのか、どんな内容が学生さんの興味を引くのかがわかります。

日本語能力試験JLPT

イギリス(2013-15)
読解も含め、ここから問題を出題しています。

シンガポール(2013-10)
日本語能力試験対策のクラスで紹介、使用しました。



NHK NEWS WEB EASY

ベトナム(2010-14)
聴解練習にはこのサイトもそのまま使ったりすることがありました。

ニュージーランド(2000-13)
まずは興味のあるようなニュースを最初に聞かせてわかった内容をノートに書かせます。そのあと、同じニュースを2回聞きます。
そこで聞き取れた内容をもっと詳細にノートに書いて最後に参加者全員で聞き取れた細かい内容を答えあわせをします。
これがおわったらニュースの記事をプリントしてわからなかった単語、漢字を黒板に書き各自が自分の単語帳に書き足します。

まるごと

フランス(2008-18)
ビデオや会話動画が充実しているので、授業中にとりこんでいる。

ようこそJAPAN!

タイ(2010-15)
日本語を紹介する質の高い動画がたくさんあります。

読解

NHK NEWS WEB EASY

イタリア(2010-17)
中級・上級用に簡単に書かれたニュースと実際のニュースを比較してもらいます。ニュースを読んだ後、それをテーマにディスカッションしたり、意見を書いてもらったります。

ブラジル(2011-17)
教科書一辺倒にならないよう、日本の最近のニュースをなるべく伝えるようにしていました。このサイトは音声もふりがなもついているので、便利です。

日本国内(2013-17)
NHKの簡単な日本語で書かれたニュースが読めるサイトです。中級以降で、読解の授業や文章要約の授業で利用しています。

日本国内(2010-12)
時事的な内容が、やさしい日本語で書かれている。読解練習にも、スピーチの導入ネタとしても使いやすい。

リーディングチュウ太

日本国内(2011-14)
自分で読解問題を作るときに、語彙や漢字が学生のレベルに合っているか、チェックをするときに使います。

イギリス(2011-13)
授業中の練習問題や宿題用の練習問題リソース(単語、活用、語彙など)を使用。

日本語学校MLC目黒ランゲージセンター

イギリス(2011-13)
授業中の練習問題や宿題用の練習問題リソース(単語、活用、語彙など)を使用。


Nihongo-pro.com

ブラジル(2010-11)
漢字のレベルの確認に。

言語比較・その他

国際交流基金

インド(2015-17)
出所の分からない説明よりも国際交流基金なら信頼できます。最新情報などの掲載もあるので時々読んでおくと便利です。

タイ(2013-16)
最近の日本語教育の動向を知るには国際交流基金の発信情報はチェックした方が良いと思います。日本語指導そのものよりも他の科目を教える時に参考にすることもありました。

日本国内(2009-13)
日本語教育についてのさまざまな情報が得られます。授業のヒントや能力試験の問題例などもあります。

みなと

フランス(2008-18)
長期休暇の際など、生徒が自宅で学習するように、勧める。

goo辞書

日本国内(2015-18)
語彙の授業の下調べ。国語辞典や類語辞典など複数の辞書が一度に調べられるので便利。

やさ日チェッカー

イギリス(2014-16)
ある文章が、どの程度「やさしい」のかを判定してくれます。補足説明等を日本語でする際、これで通じるだろうか、分かりやすいだろうか、を判断するときに使います。

HJディクショナリー

台湾(2014-16)
最近よく検索された日本語の単語が載っており、学習者がどんなことに興味を持っているのか知ることができる。また、例文が豊富なので、初・中級クラスで使用している。

Atsushiの日本語教室

台湾(2014-16)
日本語や日本文化に関するQ&Aが、日本語と中国語で書かれている。よくある質問が記事になっていて、便利。
50音と入門クラスで、中国語でどう答えればいいのか困ったときに、参考にしている。

日本語教育コンテンツ共有システム

中国(2012-15)
日本で働く外国人を対象にした日本での生活を助ける教材です。日常生活に沿ったさまざまな場面(ゴミ出し、交通、アルバイト、部屋探しなど)でどのように自然に会話できるか、またその分野での知識を教えるのに役立ちます。日本への留学を準備している学生には特におススメです。

おりがみくらぶ

アメリカ(2013-15)
生徒はおりがみが大好きだったので、たとえば金曜日の授業の最後の10分はおりがみの時間とし、作り方を教えました。

yahoo!toppage

韓国(2009-14)
最新のニュースなど話題選びによく利用しています。

JP.HUJIANG.COM

中国(2009-14)
中国の日本語学習者の総合サイト。学生たちがどのような事に興味を持っているか、会話の授業などで参考にしている。
文法の問題などでもどこが理解しにくいのかがわかる。翻訳などもある。

アルク 日本のキホン

イギリス(2011-13)
日本文化への理解を深めるためクラスで記事を読み、ディスカッション。
お正月には新しい年賀状をみんなに渡し、筆ペンやスタンプなどで年賀状を作成するなどワークショップとしても利用しました。

U-biq

オーストラリア(2011-12)
学習者用の日本語学習サイトになりますが、逆に、学習していく上でどのような部分や箇所が学習者にとって難所なのか、また、どのようにすれば伝わるのかのヒントがわかります。

アルク

シンガポール(2003-10)
英文を書くときに一番頼りにしたのが、アルクの「英辞郎on the web」でした。常に、一番上にブックマークされていました。例文が豊富なので、とても重宝しました。

日本語オンライン

香港(2008-10)
授業の質問(言葉・文法・教材)が役に立ちます。文法の教え方の疑問や、おすすめの教材などの情報が豊富で参考になります。

YOMO-YOMO

ロシア(1992-2009)
教案作成とは関係ないのですが、非漢字圏の方に教えるときに重宝するサイトです。自分が読みたい記事にローマ字をはじめ、いろいろな国の文字で振り仮名を振ってくれます。

日本語Q&A

韓国(2007-09)
さまざまな表現の違いを考察されているサイトです。「は」と「が」の違い、「~たばかりです」と「~たところです」の違いなど。学生から質問された際にサイト内検索してみるとヒットするかもしれません。

↑ ホームへ戻る

P C S P