元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

国内の日本語学校 経験談

授業準備は大変!でも毎日が刺激的!!

公開:2018/11/27

たかま(女性・51歳) 
日本語教師歴 3.2年 (2015年~2018年) 
*現在も日本語教師として就労中
資格・課程 日本語教師養成講座420時間(ヒューマンアカデミー)
日本語学校での
経験詳細
  • 月収:11万円
  • 非常勤講師(時間勤務)
  • 3年(2015年~2018年)

現在日本語教師養成講座をもっている日本語学校で教壇にたつ教師歴4年目の日本語教師です。

主に漢字圏と非漢字圏のミックスの中、上級クラスで授業をしています。授業は一日4時間で、勤務している学校は、午前が年度末に卒業する中、上級クラス、午後は来年度卒業する初級、初中級のクラスとわかれているので、私は午前のクラスを教えています。本校では主教材で文法を教えるのは4時間のうち2時間ですので、その2時間に準備のために4時間から8時間を使います。教師になりたてのころは1時間の準備にまる一日(12時間ぐらい)かかりましたから、これでも早くなったほうです。

残りの2時間は4技能で日によって担当する技能は異なりますが、準備にはやはり2時間から4時間はかかります。正直準備は大変ですが、手を抜くとやはり納得のいく授業ができないので、しっかり時間を確保して行います。私の場合、主教材(文法)の準備は土日にします。ですから授業期間(長期休暇以外)の土日はプライベートがほとんどありません。報酬面だけ見たら全くもって割にあわない仕事だと思います。

ですが、日々予測不能なことが起き、あきることはありません。例えばパイナップルの食べ方だけで20分ぐらい議論したこともあります。(東南アジアの多くの国では塩をかけて食べるのだそうです。胡椒をかける国もありました。「すいかと同じだね」と言ったら大ブーイング!?えっなんで??)

またたどたどしい日本語しか話すことができなかった学生が、卒業する時には冗談の一つも言えるようになる姿にやりがいも感じられます。

授業では日本の文化体験をすることもあります。今年の正月には書初めをしました。慣れない筆に悪戦苦闘しながらも好きな漢字を上手に書くことができました。

Q:他の教育機関と比較・検討しましたか?

比較検討はしませんでした。
私の住んでいる岡山では多くの日本語教育機関はありません。家庭があるので岡山以外での場所を選択することができなかったため、選択肢がすくなかったのが大きな理由です。

Q:日本語教師として苦労した事、戸惑った事はありますか?

日本に留学してくる学生は純粋に日本語を勉強したいのだと思っていましたが、実情はそうではないことがかなり多くあることを知って戸惑いました。

在留資格を保有する外国人の来日理由の根底には多かれ少なかれ日本で稼ごうという気持ちがあります。それでも日本で仕事をするためには日本語必要だからがんばって勉強する!という気持ちが大きい学習者はまだいいです。

在留資格を得るためだけに留学する学習者は学習意欲が乏しいです。そんな学生が多い学校やクラスでは私の気持ちだけが空回りしてしまい、やりきれない気持ちになります。

給与・待遇

月収 11万円
月収内訳
  • 1コマ50分:1,700円
  • 会議・研修・進路指導等 手当:1,000円
基本労働時間 1日4コマ 週3日勤務
残業(時間外労働) 残業なし
待遇
  • 交通費
  • 有給休暇
  • 健康診断
クラスの長期休暇中の
給与保証
給与保証がない
仕事のかけもち かけもちをしている:日本語学校(計2校に勤務)

給与や待遇は決してよくないです。非常勤では大学やプライベートなど時給がよいもので稼がないと生活はできないようです。実家暮らしならまだしも、一人暮らしの人はメインの日本語学校以外にもアルバイトをしていることが多いと聞きます。私も2校掛け持ちしても以前の職種の1/3の収入もありません。
生活することを考えるのであれば、常勤で勤務できるところを見つけるのがいいです。

が、常勤ともなると業務がぐんと増えます。日本人と異なり文化の違う外国人なので日本社会の一般常識は通用しません。警察の御厄介になることもありますし、そこまでいかなくてもトラブルは非常に多いです。常勤はそんなトラブルの時も駆り出されます。進路指導でも進学先との面談、入学希望の学生との面談と授業準備もままならないようです。高収入をお望みの方には不向きな職種ですが、求人は世界中にあり高望みをしなければ何処ででも生きていける職種でもあります。

Q:給与や待遇面でお勧めできる、国内のその他教育機関を教えて下さい。

給与、待遇は教育機関で様々ですが、日本語学校単体より専門学校併設の日本語学校の方が団体として継続経営可能かと思いますので、つぶれる心配が少ないです。また大学の時給は、日本語学校よりもはるかに高額だと聞いています。
有益な資格、経験としては
・大学院卒(修士)
海外経験や語学(特にマイナー言語)に関しては、印象としてはいいかもしれない程度です。
私の場合、大学の専攻が物理だったこともあり、留学試験を受ける学生向けに受験対策用の講座も任されています。こちらは日本語よりも少しコマ単価がいいです。

授業形態・勤務スケジュール

授業形態 クラス授業:1クラス15人
学習者の年代
  • 大学生
  • 社会人
主な学生の出身地
  • 中国
  • ベトナム
  • インドネシア
1日の時間割
  • 火曜日:午前中 中級4コマ
  • 木曜日:午前中 中級4コマ
  • 金曜日:午前中 中級4コマ
休日 土日
休日に取り組んだ仕事:授業準備

Q:クラス運営(授業形態)で、ここは大変だった!と感じた点はどこですか?

1クラスは20人以上になることはありませんが、テストの時のカンニングの多さときたら20人でもカンニングさせないでテストを受けさせるのは大変です。

またクラスによって雰囲気は様々です。学習レベルにかかわらず反応が薄いクラスは非常にやりにくいです。手を変え品を変え興味を持ちそうな話題を出しては、何とか盛り上がる授業を・・・とチャレンジするのですが「し~ん」という文字が見えそうなクラスは全くないわけではないです。そんなクラスは1時間が辛いです。

Q:日々のスケジュール管理で、ここは大変だった!と感じた点はどこですか?

半期で担当するクラスが変わるため、教える科目(技能)も学習者のレベルが変わります。その度に準備に要する時間や準備日程が変わるので、慣れるまでが大変です。特に春は教えたことがない学生ばかりになり、「初めまして」からのスタートで最初は学生も教師も様子伺いになり疲れます。

Q:教案作りで参考にしているサイトや書籍があれば、ぜひお聞かせください。

参考になるサイト
  • 日本語 の 先生 Nihongo Sensei Diary
    文法分析の解釈で悩んだりしたときに参考にすることが多いです。解釈が落としきれず、自分の言葉で説明ができないと導入文型が出てきません。そんな時、参考にさせてもらいます。
  • 日本語教師のN2et
    「みんなの日本語」の教案は丁寧に記載されているので参考になります。でも初心者は先に教案をみてしまうと自分の教案が書けなくなるので先に教案を書いた後 自分とは何が違うのかという観点で参考に使うのがよいかと思います。
参考になる書籍
  • “生きた”例文で学ぶ 日本語表現文型辞典    
    対象者:中級・上級
    文型分析の時には必ず使用します。また文例を集める時もよく使います。
  • くらべてわかる日本語表現文型辞典    
    対象者:全レベル
    文型分析の時には必ず使用します。類似文型との違いが記載されているので、必ずチェックします。
  • 日本語文型辞典    
    対象者:中級
    文型分析の時には必ず使用します。本書を含め記載した3冊は文型分析時には必須です。この本は文型が多いため他文法書でも見つからないものでも記載されている事が多いです。

就職活動

教育機関選びで
重視した点
  • 必須資格
  • 通勤時間
応募時に
必要とされた資格
選考方法
  • 書類
  • 面接
  • 模擬授業
Q:この教育機関で勤務すると決めた決め手、きっかけを教えて下さい。

日本語教師養成講座で資格をとっていた時に、講座のカリキュラムも半分以上こなし授業実習も終わったころ、そろそろ教師としてデビューしたいなと思うようになりました。養成講座の先生から「うちで働かない」と声をかけて頂き、資格取得予定でも構わないということだったので応募しました。

Q:面接ではどのようなことを聞かれましたか?
  • 応募した経緯
  • 日本語教師になろうと思ったきっかけ
  • 日本語教師資格を得た教育機関について
  • 履歴書からこれまでの職歴など
などについて。
Q:模擬授業では、どのような課題が与えられましたか?

課題:「ようと思う」(意向形の導入含む) 
想定クラス:漢字圏、非漢字圏ミックスクラス

初級での類似文型に「するつもり」「する予定」があるので、その文型と併せて文型分析を行いました。
学習者からのそれらの文型の違いを求められることを想定して、学習者が理解できるレベルで違いを明確化しました。それをもとに教案を作成し導入をした結果、「ようと思う」の文型ポイントがよくわかるとお褒めの言葉をいただいたのを覚えています。

Q:この教育機関で求められる資質や資格、経歴や語学レベルは?

私はもともとIT系企業に勤務していました。SEをしていた話を学生にすると「年収はいくら?」「どんな仕事」と興味深げに聞いてくるので企業での勤務経験はあるといいかもしれません。
語学レベルは特に必要はないですが、他言語がわかると学生の教師に聞かれたくない母語での無駄話も理解できます。

資格も日本語教師以外の資格は特に必要がないですが、介護福祉士などがあると介護系技術研修生や介護系専門職を目指す学生などへの指導する団体からの需要があるかと思います。

Q:日本語教師(国内)の求人情報は、どこで得ましたか?
求人情報のサイト
  • 日本村
    国内外の日本語教師の求人が掲載されています。日本語教師のための転職・就職イベントの掲載もあります。
  • 日本語オンライン
    国内外の日本語教師の求人が掲載されています。
  • 日本語教師の集い
    求人以外でも教授法などの相談もできるサイトです。
その他求人情報
  • 外国人が多く集まるサロン:掲示板などにプライベートで教えてほしいなどの情報が寄せられていることもあります。
  • 紹介:養成講座の先生からご自身が勤務している日本語教育機関で仕事をしないかと声がかかります。

日本語教師全般に関する質問

Q:もともとはどのような経緯で日本語教師を目指しましたか?

20年以上IT企業で勤務していましたが、セカンドキャリアを考える年齢となり今までとは全く別な仕事に就きたいと思うようになりました。

元々大学で教員免許を取得していたり、長い間部下や新入社員の指導をしていたこともあり、「教える」仕事をしたいと考えたのですが、今更「学校教育」でもないし「塾」や「予備校」もピンとこないし・・・と何処で何を教えたらいいのかが決まりません。

そこで、インターネットで「先生」「講師」「教師」のキーワードでを検索してみたら、「日本語教師」という仕事を初めて目にし興味を持ちました。それまで海外や外国人とはあまり接点のない生活をしていたので、日本語教師をしたら今までとは違う新しい世界が広がるはずだと思い、資格を取ることにしました。

Q:日本語教師をやってよかった!と、どんな時に実感しますか?

学生の「わかった!」という顔を見た瞬間、教師をしていてよかったと思います。
漢字が苦手だった卒業生をプライベートで教えていた時、漢字が覚えられない、自分でかけないと言うので 苦手な人でも苦手意識なく書ける方法を教えると、「先生、書けた!見て、見て、書けた!」と子供のようにはしゃいでいくつもの漢字を書いていました。そんな姿を見ると私もうれしくなります。

Q:日本語教師を目指す方へ、アドバイスをください。

【学生の方へ】
大学の 副専攻で日本語を選択されるのがいいかと思います。ダブルスクールで養成講座に通われている学生さんもいますが、同じ大学内で講義を受けられるほうが楽なのでないかと思います。

【社会人の方へ】
養成講座に通うのがよいかと思います。土日や夜間に開講している講座も数多くありますし、教育訓練給付制度を利用できるところがほとんどですので、費用面でも抑えることができます。

↑ ホームへ戻る

P C S P