中南米で日本語教師として働きたい方へのアドバイス

中南米(メキシコ+南米)で働く日本語教師のみなさんに伺ったアンケート項目「この国・地域で働きたい方へのアドバイス」をまとめてみました。

  • 2021年04月22日

    ブラジル 私立職業専門学校 期間:8年 (2012~2021年)

    ブラジルは日本から最も遠い国の一つですが、(日本を除く)世界最大の日系・日本人コミュニティーがある国です。親日で人々は明るくおおらかで、豊かな文化があります。

    ブラジルで日本語教師をするのは給料面からみると大変なことが多いですが、困ったときには助けてくれる社会で、とても過ごしやすいと思います。

    ブラジルは危ない等ネガティブな情報も多いですが、ブラジルでの日本語教師生活は自分の積極性次第で素晴らしいものにできると思います。

    👩 38歳・日本語教師歴 8.2年 経験談を読む
  • 2020年07月10日

    ボリビア 日本語学校 期間:1.7年 (2018~2020年)

    どうしてもスペイン語のコミュニケーション能力が必要です。独学で良いので勉強して下さい。

    日本と違い予想困難なことが起きます。その時に困リ果てるのではなく、その状況を楽しむくらいの柔軟性や異文化を慕う気持ちがあると助けになります。

    大の親日国で、おおらかな人々です。きっと良い思い出を作ることができます。

    🧑 50歳・日本語教師歴 1.7年 経験談を読む
  • 2020年05月27日

    メキシコ 日本語学校 期間:1年 (2019~2020年)

    メキシコの人々はとても親日で、優しい人が多いです。学生も真面目で、よく日本のことを理解していて熱心に勉強します。

    日常生活に関しては時間にルーズな面、仕事をマイペースにする面を受け入れられればストレスなく生活することができます。でも、一緒に働く同僚は日本人で、組織は昭和の日本です。日本人的行動や考えを求められますので、人間関係は日本的です。学校の外の世界と中の世界がちがうので、気持ちの切り替えが大切になります。

    また、給与、待遇はあまりよくない中で働くので、日本語教師としてどう成長したいか、メキシコの生活の中で何を得たいかなど何か目標や目的を持つと働きがいがあります。

    👩 43歳・日本語教師歴 1.2年 ・BBI修了 経験談を読む
  • 2020年02月20日

    コスタリカ 大学 期間:2年 (2017~2019年)

    コスタリカは他の中南米の国に比べると治安がいいと言われています。また、人々がとても親切だし、天候も温暖で、比較的住みやすい国だと思います。

    コスタリカでは日本人は珍しいので、ネイティブ教師はとても重宝されます。遠い国日本に憧れ、日本が大好きな学習者がたくさんいるので、日本語を教えることを通して、日本の魅力を伝え、コスタリカと日本の架け橋になってほしいと思います。

    👩 46歳・日本語教師歴 13.5年 ・アルファ国際学院修了 経験談を読む
  • 2019年11月21日

    パラグアイ 日本語学校 期間:3年 (2016~2019年)

    治安の悪いイメージの南米ですが、パラグアイは比較的平和で、特に日系人の大きなサポートがあります。働きやすさだけでなく、暮らしやすさ、人との繋がり、様々な面で温かく陽気な国です。日本語教育を求めている人がたくさんいるこの国に、ぜひあなたのお力をお貸しください!

    👩 32歳・日本語教師歴 2.9年 経験談を読む
  • 2019年09月03日

    メキシコ 日本語学校 期間:2年 (2016~2018年)

    メキシコには自動車会社をはじめ、多数の日系企業があります。

    日本語学習きっかけは、アニメ・漫画などですが、日系企業で働きたい、日本へ留学したい、という意欲的な学習者が多いです。年々、日本語学習者の数は増加傾向にあり、日本語教師の需要が高まっています。

    👩 38歳・日本語教師歴 4.2年 ・愛甲法科専門学校修了 経験談を読む
  • 2019年02月21日

    メキシコ 大学 期間:2.5年 (2014~2016年)

    メキシコでの日本語教師は総合的に見るといいともいます。距離が遠いのがネックですが、日本とは全く違う生活が送れると思います。スペイン語が話せた方がよりメキシコ人とコミュニケーションができるので、絶対にいいです。できなくても、大学などならスペイン語講座が受けられるところに行けばいいと思います。

    学生も非常に頭が良く、日本語教師の仕事が好きな人なら、絶対にやりがいを感じられると思います。授業後は若い女性なら学生が家まで車で送ってくれることもあります。また、パーティーや食事に誘ってくれることもあります。それで、現地で結婚した人もいます。

    一度行くとなかなか帰ってくることができないので、渡航前にしっかりと準備をして行った方がいいです。スペイン語もそうですし、あとは本類はなるべくPDFにして身軽にしていったほうがいいです。

    当然ですが、スーツは必須です。必ず持って行ってください。

    🧑 32歳・日本語教師歴 7.5年 ・KEC日本語学院修了 経験談を読む
  • 2018年11月18日

    ペルー 高校 期間:1年 (2015~2016年)

    日本語教師は、見た目以上に大変な仕事であると思います。

    授業準備や課題チェックで、予想以上の時間をとられますし、日本の文化がわからない人に、日本語のもつ曖昧さを説明するのは本当に難しいです。

    それでも、彼らのまっすぐな姿勢やひたむきさに励まされる部分も多いです。

    私たちが学生時代に出会った、外国人の英語の先生をなんとなく覚えているように、学生にとって、日本語の先生は日本人の代表のようなものです。

    ぜひ素敵な笑顔で、毎日頑張っていただきたいと思います。

    👩 34歳・日本語教師歴 3年 ・BBI日本語教師ネットワーク修了 経験談を読む
  • 2018年08月15日

    ブラジル 日本語学校 期間:7年 (2011~2017年)

    ブラジルでは、ナチュラルな日本語を聞きたいと望む日系人の生徒がいる一方、先生は漫画やアニメが好きな若いブラジル人、という相容れない状況が存在すると感じました。ですので、日本人の日本語教師は現地ではとても貴重な存在です。

    是非、現地の日系人に溶け込める日本語教師になってください。

    👩 33歳・日本語教師歴 7年 経験談を読む
  • 2018年05月15日

    メキシコ 語学学校 期間:1年 (2016~2018年)

    メキシコは、学校に通っていなくても、資格を持っていなくても日本語教師として働ける国です。勉強は必要ですが、言語を活かし、多くの方の勉強したいという気持ちに答えることが可能です。

    また、本当にやる気のある学生がたくさんいます。彼らに負けないような、教師を目指してください。日墨の学校も有るので、求人や日本人教師の会などが有るか確認してみるのも良いと思います。

    素敵な日本語の教師になってください。

    👩 28歳・日本語教師歴 1.2年 経験談を読む
  • 2016年11月22日

    アルゼンチン 日本語学校 期間:4年 (2013~2016年)

    日本語教育をしっかり勉強するのはもちろんのこと、スペイン語がある程度話せないと、大変だと思います。

    JAICAを通して来られるのであれば、様々な日系人の方の保護下にも入れると思いますし安心ですが、単独で来られるのであれば、しっかり貯金をした上で、別の仕事も視野に入れながら、先ずはボランティアから始められた方がいいです。

    ・・・というよりボランティアしかないかもしれません。

    アシスタントは日本人なら、割とどこでもさせてもらえると思いますが、給与面の保証はありませんので覚悟をして来てください。

    日本にいる時から、日本人会や教連などとコンタクトをとって、アピールをすることをお忘れなく。

    👩 42歳・日本語教師歴 5.5年 ・天理教語学院 伝道実習科 日本語教育課程修了 経験談を読む
  • 2016年11月18日

    ブラジル 日本語学校 期間:1年 (2010~2011年)

    日本語教師は、日本という場所に来た外国からの学生が初めて本格的に触れ合う日本人です。いわば日本人の代表と言ってもいいかもしれません。

    私たちが薄っぺらければ、日本人全体も薄っぺらく見られますし、逆に人間的魅力が持てれば、日本そのものを好きになってもらえると思います。

    日本語教師とは日本全体の利益に資するような外国人の育成を目的として働くものだと私は考えています。

    それは単純に日本のために働いてくれる、ということではなく、後世に渡って日本と友好な関係を築いていきたいと思ってくれる人を世界中に増やしていく、ということです。

    世界情勢が不安定になっている昨今において、今後海外との関係をどのように築いていくかは益々重要な問題になってくると思います。

    その中で自分自身が教師として何を果たすべきかよく考え、人間として、日本人として、魅力溢れる人間になれるよう日々努力していくことができれば、素晴らしい日本語教師になれるのではないかと感じています。

    👩 32歳・日本語教師歴 6.2年 ・ヒューマンアカデミー修了 経験談を読む
  • 2014年12月02日

    ブラジル 日本語学校 期間:12年 (2002~2014年)

    ブラジルは、地域によっても温度差が違いますが、気候や習慣なども日本とはまるで違います。まずは、こちらの土地に慣れることが第一です。ブラジルは友達になれば、困ったときに色々と助けてくれる人が多いので、友達を作り、生活の基礎をしっかりと築くことが大事だと思います。

    そして、毎日を気持ちよく過ごすことができれば、自ずと授業に取り組む意欲も増しますし、生徒との接し方も良くなっていきます。

    授業には仕事を終えて疲れてくる人も多いかもしれませんし、こちらの人の性質上、単調な授業ですとすぐに飽きてしまいます。

    ですので、クラスの人数に関わらずペア、またはミニグループを作り会話を練習させたり、自分たちで既習事項を使い会話を創作させ、クラス全員の前で発表させたりと眠くならない授業にしたり、生徒がとても疲れていると感じる日は日本語でゲーム(フルーツバスケットやビンゴなど)をして気分転換をしてあげることも大事です。

    またブラジルでも一年に一度、日本語のスピーチコンテストがあるので、そういう行事に参加させてみるのもいい経験だと思います。

    ブラジル人はとにかく明るくて楽しい授業を好みますので、メリハリをきちんとつけた授業にすることがポイントだと思います。

    「日本語スピーチコンテスト」
    上級クラスの生徒は参加を義務づけられているので、3ヶ月以上前から練習を重ねます。

    「ひな祭りのイベント風景」
    歌を歌ったり、折り紙を折ったりして、楽しみながら日本の文化を知ってもらいます。

    「絵画コンクール風景」
    日本に関連したことをテーマに絵を描いてもらいます。マンガ部門と絵画部門があり、5歳から18歳までの生徒たちが参加します。

    「先生のための講習風景」
    写真は私が「教案の大切さ」について講習を行った時のものです。先生たちがグループで教案について考え、実際に教案を書き、それに基づいて模擬授業を行いました。

    👩 39歳・日本語教師歴 12年 ・札幌国際日本語学院修了 経験談を読む
  • 2013年11月09日

    ボリビア 国公認 社団法人小中学校 期間:3年 (2006~2008年)

    「ボリビア」と聞いてどれだけの方がこの国の事をご存知でしょうか?働いていた私が国の名前さえ知らなかったほどです。

    移住地や学校内では「先生」ですが、移住地を一歩出ればただの外国人です。危機管理という意味から、ある程度この国の政治事情や社会的背景・勤める場所の現状などわかる範囲で下調べをして損はないと思います。

    学校においては各校事情も違いますが、特に学習者に向けた教材が不足しています。手作りで教材を作ったり、一つしかないドリルを人数分コピーしたりと準備等が大変です。

    地球の反対側で働くためには、夢や希望の他に決意が必要です。やり遂げた後には、新たな自分が見出せると思いますので頑張ってください。

    マーチングバンド

    盆踊り

    移住地

    通学バス

    👩 48歳・日本語教師歴 3年 ・ヒューマンアカデミー修了 経験談を読む

当サイト人気スクール 420時間養成講座