掲載日:

海外日本語教師経験談

メキシコ メキシコ・シティ 日本語学校(2020年) 日本をよく知る学生ばかり

👩 ココロさん・ 43歳

総評

  • メキシコ メキシコ・シティ 日本語学校
  • 雇用形態:専任講師 *正規雇用
  • 期間:1年 (2019~2020年) *退職
  • 月収:4万円 (8,700ペソ) *なんとか生活できる
  •  BBI
  • 勤務時間:1日8時間 週6日勤務   *残業:残業という考え方がない 毎日11~12時間勤務

治安が悪いと言われ、荒々しい人が多いのかと思うかもしれませんが、メキシコはアニメや日本文化が大好きな親日の人が多く、道でアニメや日本語の入ったTシャツを着ている人をよく見かけます。

それから、おおらかで、細かなことにはこだわらないラテン気質でとても優しい人が多い国です。日本語教師となって初めての教える学生がメキシコ人でよかったと思えるほど。ラテン気質で熱心で教師思いの学生には教えがいがあり、学生と一緒に日本語教師として成長できてよかったとおもいます。

学生は社会人が8割、趣味で日本語を勉強している人が大多数。だから、アニメ、ゲーム、日本の武道などいろいろなジャンルの日本が好きな人ばかり。本当にみんな日本のことをよく知っています。それは授業中の会話の練習でいかんなく発揮されます。

おおらかな気質つまり適当な気質で、メキシコ人スタッフが寝坊して、授業開始時間になっても学校が開かない。なんてことも、学生は気にしない。ni modo(ニ・モード:しょうがないよね)で終わります。焦るのは教師ばかり。生活はni modoを受け入れなければストレスになることも。

日本より物価が安いとはいえ、メキシコ、特に物価の高いメキシコ・シティでの学校所属の日本語教師としての生活はなかなか厳しいもの。私の学校はその中でも特に給与が低く、学校で食事が出るので支出を抑えて、なんとか普通の生活はできますが、人によっては貯金をくずすことも・・・。物価は上がっていくばかり。高収入の学生との経済差でさらに給与の低さを実感させられます。

でも、この国で教師としてどう成長したいか、計画や目標があれば日本語教師として充実した生活ができます。

日本語教師として苦労したこと、戸惑ったことはありますか?

日本のアニメや文化が好きなメキシコ人。そこから日本語に興味をもって日本語学校に。なので、「あいうえお」の発音やひらがなから教える初級のクラスは人気です。でも、英語などは会話メインの教育法が普通なので、日本語も同じと思って入学してくる学生も多いです。

けれど各レベル最終試験が筆記である今回レポートする学校は、読みだけではなく書きも重要になり、会話メインとはいきません。学期が始まって2週間で差が開いてきます。ひらがなをもうすでに覚えている学生、初めてでも順調に覚えられる学生。そして、なかなか覚えられない学生。ローマ字表記はNG。それは、スペイン語のアルファベット読みと違う発音になってしまうから。文字と音が一致しないと、板書もよめず、宿題ができないため徐々に遅れます。

そんな学生が少しでも授業に参加し、理解できるように、個別のプリントを用意していました。その学生の好きなアニメや好きなこと聞き、文字の勉強にキャラクターの名前をひらがなとカタカナで書いたプリントをつくり、新しく導入する事も補助プリントや共通のプリントにも補助的なものを加えたものを用意しました。

また、小さい絵カードを作り、発話の指示に使ったり、グループでの発話リピート練習に使ったりして日本語を発話する時間がなるべく多くなるように工夫しました。小さい絵カードは定員オーバーのクラスのリピート練習を増やすのにも効果的でした。

なぜこの日本語学校を退職しましたか?

最低でも2年は働くつもりでいました。それは、採用前にわかっていたことですが給与がかなり低いため。何とか生活できる程度。そうそう長くは勤められないと予想はしていました。

それでも、予定を前倒しにして辞めたのは、予想外に物価が上がり続け給与の厳しさも増していく。学校経営側や運営のトラブルが改善されない、特に、18名の定員の教室に23名入れる等、学生のことを考えない、学校の都合で運営していたことが改善されないこと。教科書が学校オリジナルで、一般的な教科書でもなかったので、半年の時点で初級全体を経験できれば十分だと考えになりました。

逆に、個人レッスンの相談が増えてきていましたし、あらたな学校の運営の問題もおこったこともあり、それらの状況を踏まえ予定より早く退職を決心しました。

給与

月収:4万円 (8,700ペソ)
なんとか生活できる

給与は日本円にして約4万円。メキシコシティはメキシコの中でも物価が高く、特に賃料が高いです。
シャアハウスで安くて2万円ぐらい、つまり給与の半分は家賃の支払いに消えます。2万円を切る物件は勤務先から遠く離れる上、治安が悪くなります。

物価は日本の1/3~1/2程度。コーラが50円程度です。私が勤めている1年の間に6%~10%物価が上昇しました。学校で朝・昼と2回食事が出るため出費は抑えられます。とはいえ、長期休暇で日本へ帰国したい場合などは、お金を貯めなければならないので、なんとか生活できるといった状態です。

この生活レベルはメキシコシティでは、低い所得です。もっと低い所得のメキシコ人はいますが、家族・親せきと持ち家に暮らしているので、世帯収入でみると結果的に私たちとかわりません。逆に日本語を学んでいるは学生は高所得者で、学生が教師におごってくれることもしばしば。

日本語教師に限らず、メキシコ政府認可の学校は給与が低いようで、教師の証明書で美術館や博物館、遺跡入場料は平日でも無料。映画館は割引となります。遺跡のおおいメキシコで入場料無料は嬉しい待遇でした。

メキシコも年金、健康保険制度があり加入しています。

年金は日本と協定を結んでいないので、日本の年金と合わせ受給するということができません。受給年齢になってメキシコで受給申請すればもらえるとのこと。

健康保険は無料で診療・治療を受けられますが、登録地域指定の診療所にまずかかり、病状次第で指定病院を紹介してもらうシステムです。すぐに診察はしてもらえません、予約しても診てもらえないことがあるそうです。

結局、お金を払って私立病院を利用し、無料の病院を使う先生はいませんでした。学校側もお金を払って私立病院を使うことを勧めますが、学校側からの補助は一切なく、個人の判断で民間の保険に入るしかありません。

給与の詳細を読む...

給与

  • 月収:4万円

月収の内訳

  • 基本給:4万円

待遇

  • 有給
  • 賞与(年間4万円)
  • 保険(公的健康保険)
  • 朝食・昼食の配給

雇用形態

  • 専任講師 *正規雇用

勤務時間

  • 1日8時間 週6日勤務   *残業 残業という考え方がない 毎日11~12時間勤務

学校が定める学生の長期休暇の有無

  • 冬休み:3週間

長期休暇中の給与保証

  • 仕事はないが、給料は支給される

授業形態・勤務スケジュール

スケジュール管理で大変だったことは?

教育期間中は毎日、教案チェックで教案に修正が入るので、指導担当の先生と調整がうまくいかないと、仕事が進まない、進められない、終わらない状況になりました。教案修正が入ることを前提に、制作時間を決めて大まかな流れが分かるよう作成、早めに一度提出するようにし、修正の時間を取れるようにしました。

それでも、指導教員のチェック待ちの時間は自分で調整できるものではないので必然的に残業となっていました。でも、コマ数が少ない学校なので、通常はスケジュール管理も楽です。

土曜日は2クラス4コマの受け持ちで、休憩時間に質問があれば休憩できないなど、学校の食事がとれないこともあるので、軽食を自分で用意していました。

授業形態やスケジュールの詳細を読む...

主なクラスの授業形態

  • クラス授業  1クラス5~20人

学習者層

  • 高校生
  • 大学生
  • 社会人

スケジュール

月曜日
  • 7:00~8:30  集中クラス・1コマ
  • 9:30~  授業準備
  • 15:00~16:00  定例会議
  • 18:00~20:00  レギュラークラス・1コマ
火曜日
  • 7:00~8:30  集中クラス・1コマ
  • 9:30~18:00  授業準備
水曜日
  • 7:00~8:30  集中クラス・1コマ
  • 9:30~18:00  授業準備
  • 17:00~19:00  読書会
木曜日
  • 7:00~8:30  集中クラス・1コマ
  • 9:30~  授業準備
  • 18:00~20:00  レギュラークラス・1コマ
金曜日
  • 7:00~8:30  集中クラス・1コマ
  • 9:30~18:00  授業準備
土曜日
  • 8:00~11:00  土曜(初級前半)・2コマ
  • 11:30~14:30  土曜(初級後半)・2コマ
休日
  • 日曜日:勤め始めて9か月目までは、授業準備や文法・文型研究をしていました。
  • セマナサンタ:1週間の休みで学校は完全に閉め休みになります。
  • 学期間休み:その年のカレンダーでかわりますが、学期と次の学期の間に3日~1週間程度の休みが入る場合があります。学校は開けているけど授業がないため教師は基本休み。次の学期の準備をする先生もいます。

教案作りで参考にしているサイトは?

教案作りで参考にしている書籍は?

就職活動

この日本語学校で働くきっかけ・決め手は?

もともと南米でボランティアをした経験でスペイン語が話せたことや、中南米の季候や気質も好きだったので、中南米での募集に絞って探していました。他の学校の求人が出た際も問い合わせましたが、他は教員免許も持っていることが条件であったりと、420時間の養成講座修了だけの私は条件に合わず断念。

中南米圏の求人はあまり出ないので、一度は求人の多いアジア圏の学校へ応募しましたが、現地在住者を優先採用となり不採用になったタイミングで、今回レポートしている学校の求人が出て晴れて採用となり、働くことになりました。

面接ではどのようなことを聞かれましたか?

過去の経歴についてはどのような事をおこなったか。経歴が異業種だったので、日本語教師を目指した経緯を聞かれました。わたしは海外経験があったので、なぜそのタイミングでその国行くことになったのかや何をおこなったか、その国はどうだったか。それから、どんな日本語教師になりたいかなど、経歴に関する事。

動機に関ことでは、なぜこの国を選んだのか、この国のどんな所に魅力を感じたか。とともに、生活になじめるか、異文化に対して不安はないのかや、健康状態も聞かれます。私は中南米在住経験があったので形式的にきかれました。

この日本語学校で求められる資質や資格、経歴や語学レベルは?

学習者は高学歴の専門性のある社会人が多いので、幅広い経験や社会人経験がある方が学習者の興味にあわせた話題を組み入れられます。特に文型の場面設定がビジネスではなかった導入でもでビジネスで使えるか。ビジネスでどう使うかなどの質問がでるので、社会人経験がある方が学習者も納得してくれます。

日本語は直説法で教えるので必ずしもその国の言葉が話せる必要がないのですが、言葉を中級程度に理解していると無駄話が減ります。また、自分たちの母国語をしっている、つまり勉強した、努力したと評価してくれて、わからないことにもめげずに取り組んでくれます。

就職活動で参考にしたウェブサイトは?

  • 日本語教師の集い
    国内外、最新のものから一気に50件表示されるので、1画面で最新の求人を見比べられる。
  • NIHON MURA(日本村)
    地域を特定したピンポイントでの求人が出ているかどうか見る時に便利。

就職 教育機関選びで特に重視した点

  • 使用されている教授法
  • ビザ取得費用負担

応募時に必要とされた資格

  • 日本語教師養成講座420時間修了

就職 選考方法

  • 書類
  • 面接

面接方法

  • 日本国内にて実施
  • 電話・ウェブ会議ツールなど

日本語教師全般に関する質問

どのような経緯で日本語教師を目指しましたか?

もともと外国に住みたいと思っていて、ドイツへワーキングホリデーで行ったり、国際協力のボランティアに参加したりしたので、友人に日本語教師を勧められていました。だから、頭の片隅には日本語教師という仕事のことはありながら、ボランティア終了後、通信教育の大学で勉強し直した為、資格をとる金銭的余裕はないといったんは忘れていました。

その後、派遣で各地のホテルで勤務をする中、外国人スタッフと交流することが多く、日本語教師を勧められたことを思い出しました。それから、学校を調べるうちにだんだん気持ちが固まり、日本語教師を改めて目指すことに決めました。

日本語教師をやってよかった! どんな時に実感しますか?

学生の成長が見られたとき、日本語教師になってよかった!日本語教師ってすごい!と実感しました。

特に初級でひらがなも書けないレベルのクラスでは実感が大きく、教えている間に少しづつ会話が広がり、全く日本語でコミュニケーションが取れないところから、1学期で簡単な会話ができるようになっていき、その学生の1日のできごとや趣味・興味などがが文法にあわせて徐々にクラス全体に日本語で共有されていくこと感動しました。

また、一度受け持った学生を他の学期に再度受け持ったとき、他の先生と学んで語彙が増えているので成長を確かに感じることができる日本語教師ってすごい仕事だと思いました。

日本語教師を辞めたいと思ったことはありますか?それはどうしてですか?

わたしの学校は1学期3か月。3か月ごとに試験をし、合格した者が次のクラスへ上がることができます。もし、合格できなければ同じレベルを繰り返すことになります。

合格点に1点足りない場合などは審議にかけます。授業時の理解度や考慮できる減点箇所をしめし、合格させられないかどうかを話し合うのですが、その際、1点を考慮してもらえず合格させられなかった時に辞めたくなりました。

学生のみなさんへ 進路についてアドバイス。

大学で小・中学の教員免許を取ることをすすめます。特に教員資格があると、教師免許の条件がある場合が多い大学や機関にも選択の幅が広がります。また、日本語専門の学科ではなく外国語の語学全般で日本語教師資格をとれる大学や、同時に資格は取れなくても外国語の学部から日本語教師へ進路変更しやすいです。

社会人のみなさんへ 進路についてアドバイス。

420時間養成講座かが日本語教師能力試験に合格するという2つの方法のどちらかになると思いますが、養成講座の受講を勧めます。それは、養成講座の方は実習があるから。実習があるとと言うことは必然に教案と教材を準備することが必要です。

また、実際に周りに客観的に見てもらうということになります。
文法や日本語についてだけ勉強していても、教壇にたつ感覚はわかりません。だから、養成講座をすすめ、その後日本語教師能力試験で知識を強化するのが一番いい感じています。

メキシコで日本語教師を目指す方へ心構え・アドバイス。

メキシコの人々はとても親日で、優しい人が多いです。学生も真面目で、よく日本のことを理解していて熱心に勉強します。

日常生活に関しては時間にルーズな面、仕事をマイペースにする面を受け入れられればストレスなく生活することができます。でも、一緒に働く同僚は日本人で、組織は昭和の日本です。日本人的行動や考えを求められますので、人間関係は日本的です。学校の外の世界と中の世界がちがうので、気持ちの切り替えが大切になります。

また、給与、待遇はあまりよくない中で働くので、日本語教師としてどう成長したいか、メキシコの生活の中で何を得たいかなど何か目標や目的を持つと働きがいがあります。

中南米の国・地域別 経験談

当サイト人気スクール 420時間養成講座