元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

KEC日本語学院
420時間養成講座 口コミ

2019/11/27

総合評価  4.0

実践授業と情報量の多さが日本語教師への近道!

最も満足した点 講師やスタッフの手厚いサポート
最も不満な点 費用が高かった
TRAVELER(女性・32歳・京都府)
年齢 ※当時 28歳
スクール名 KEC日本語学院 京都校
養成講座名称 日本語教師養成講座420時間コース
学習形態 通学
期間 2015年4月~2019年2月 *3年10ヶ月
受講料 合計 56万6830円
資格・課程 日本語教師養成講座420時間修了
講座選びに重視したこと 就職サポートの有無

私はKEC日本語学院で学ぶことができてよかったと思っています。模擬授業の多さや、理論の授業の教材の充実、講師の質問に対する対応なども丁寧でした。

理論は万が一欠席した場合もDVD視聴をすることができ実際の授業と同じ内容のものをみることができました。

また、就職相談に手厚いのがKECの特徴だと思います。普段から講師が様々な日本語学校の特色を授業で教えてくださったり、募集が出た際にも「受験したら?」と背中を押してくださいました。

採用を受ける際も履歴書をチェックしたり何度も模擬授業のチェックや指導をしてくださいました。

講師によって指導力の差を感じてしまtたり、アドバイスの量が違ったりするのか少し残念だった点です。

また、420時間の授業が終了した後も再履修制度があり、何度も授業を取り直せるところも助かりました。実際に現場に出た後も定期的に学校で授業を受けることで知識をブラッシュアップしたり、現場での相談を講師にすることができるのも大きな魅力だと思います。

Q:この養成講座を選んだ決め手は?

以前KECで英語を学んだ経験があります。その時の講師やスタッフの対応が大変よく、日本語教師の養成講座もそのような対応をされる学校で学びたいと思い選びました。

Q:他のスクールと比較・検討しましたか?

資料請求は何社かしましたが、KECで授業見学をさせていただいたり、カウンセリングを受けさせていただく中で熱心に指導される講師を拝見しここで学ぼうと思ったのを強く覚えております。

講師・カリキュラム  4.0

受講した曜日と時間帯
  • 平日の昼
  • 平日の夜
  • 土日の昼
  • 土日の夜
1クラスの人数 4~8人
重視されていたカリキュラム 実践

講師は理論の授業でも現場の話を盛り込んで説明してくれました。国内だけでなく海外での就職を希望する生徒のためにも豊富な現場での話があり、働くイメージを早い段階でつけることができました。

理論も実践もわからないことがあり、質問したら休み時間や授業後でも嫌な顔せずわかるまでしっかり教えてくださいました。

理論と実践のバランスも良いと思います。実践で何度も模擬授業をするチャンスがあるので、採用の際の模擬面接に圧倒的に強いと思います。

一方でわかりやすい講師とそうでもない講師の授業の質の差を感じた際は少し残念でした。

実習は10回あり、たくさんのフィードバックをもらえるのでとても勉強になりました。生徒一人一人からフィードバックシートを毎回もらうことができ励みにしたり。今後の改善に役立てるツールにもなりました。

実践の回数はとても多いだけでなく毎回の教案の添削もしっかりとしてもらえます。他の生徒と模擬授業をする担当箇所が違うので自分の番以外にも学びが多く本当に有意義なカリキュラム内容だと思います。

授業料  4.0

合計 56万6830円
内訳
  • 入学金:2万2000円
  • 授業料:54万4830円

実習の回数が多く、毎回授業は延長しました。授業を延長してでも、講師はとても熱心にフィードバックをしてくださったり新しい知識を教えてくださいました。

教案作りに悩んだ際にもおすすめの図書を教えてくださったり、メールで相談に乗ってくださったりと、とにかく講師が親切です。

教育給付金制度を受けられる人はお得に勉強できますがそうでない人には少し高い値段設定だと思いました。

教材  5.0

市販の教材に加え、学校オリジナルのプリントや参考資料をもらうことができます。

日本語教育能力試験にも対応できそうな穴埋めプリントもあったり、毎回理論の授業ではテストもあるので確実に知識をつけていくことができます。

また、理論でよく分からなかった部分は講師に質問することもできますし、DVDを借りて復習することも可能です。

スクールの運営スタッフ・サービス  4.0

欠席補講 費用は一切かかりません。振替のアレンジをしてくださったり、理論の授業はDVDを後日見ることができます。
自習室 あります。席数も十分で、座れないことは一度もありませんでした。
交流会 実習の際に留学生と交流する機会がありました。

事務連絡は基本的にメールでのやりとりになりますが、対応も早いです。学校に行った際も受付の方の対応も明るく常に就職のことなどきにかけてくださっているようでした。

欠席連絡もメールまたは、直接受付の方に伝えると振り返られる校舎や時間などまで一緒にみてくださり心強かったです。

学習環境は、教室によれば少し狭い部屋がありました。机と椅子が一体化しているタイプの座席では少しノートがとりにくかったです。

就職サポート  5.0

就職サポートは本当に手厚いです。私が多国籍の学習者のいる学校で働きたいと相談していたら該当しそうな学校をいくつも教えてくださいました。

また、実際に採用が出た際も放課後や授業がない日にまで模擬授業の練習やメールでの教案添削を何度も何度もしてくださいました。

そのこともあってクラスの全員が何らかの形で日本語教師の仕事につくことが出来ていました。

受験報告書が学校に保管してあり先輩が受けた面接内容などを見ることもでき、参考になりました。生徒数が多かったり、校舎も多いため情報量が多いのも魅力だと思います。

その他の質問

Q:どのようなきっかけで日本語教師養成講座に通おうとしましたか?

前職が客室乗務員であったことから、客室乗務員・グランドスタッフの予備校での講師をしております。

その中で「教える」楽しさややりがいを実感し、大好きな「海外」と「教える」を両立することが出来る日本語教師になりたいと思い、そのために養成講座に通って実践力をつけようと思いました。

Q:日本語教師養成講座を今検討している人に「養成講座の選び方」としてどのようなアドバイスをしますか?

どの学校が良いかは相性だと思いますので実際に学校を訪問したりカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

私も資料請求をしたり口コミを調べてみましたがやはり実際に学校に足を運び自分で学校の雰囲気を感じることを大切にしていました。

各学校がHPなどで世界中で働かれている方の現地レポートを掲載しています。授業がうまくいかなかったり、難しさを感じることもあると思いますが、未来の日本語教師として活躍している自分をイメージしながら頑張ってください。

↑ ホームへ戻る

P C S P