掲載日:

420時間 養成講座 口コミ

ヒューマンアカデミー 公式サイト 実践で真の力を!経験と自信が糧となる

  • 実際の現場に近い雰囲気で学べた
  • 通学終了後は情報提供がない

👩 内村香織さん・ 44歳・2017年修了

総合評価 5.0 ★★★★★

日本語教師の資格を取るにあたって教育給付金を使うことが前提だったので、スクールは支給対象となる講座を選びました。スクール自体の知名度や立地などを含め、総合的に判断してヒューマンアカデミーに決めましたが、18歳以下の子供がいると5%割引となる制度も魅力的でした。

テキストの内容は、必要事項がコンパクトにまとめられていて、無理なく学べるものでした。また、教授法で使用する「みんなの日本語」は、実際に日本語学校で使用されている教科書で、自分が日本語を習う立場に立って学ぶことで、テンションが上がりました。

「みんなの日本語」は写真に掲載いたしました。書店でも購入可能で広く知られています。また、疑問点は、その都度講師に聞くことができる雰囲気で、コミュニケーションを取りながら学習を進めることができました。

座学がひと通り終了した後、教育実習がありました。実際に外国の方を前に、一人で授業を担当するというものです。実習の準備はとても大変で、題材から教材、授業の組み立てまで全て自分で用意するので、実際に仕事に就いた時のような臨場感を味わうことができます。

実際に外国の方を前に授業をすることで、日本語教師とは、ただ言葉を教えるだけではなく、外国の方とコミュニケーションをとりながら、日本の文化や歴史を伝えて行く仕事なのだと実感することができ、日本語養成講座を受けた中で、一番成長できたタイミングだったと思います。

検定は430時間のカリキュラム+教育実習後に受け、日本語教育能力検定に合格することができました。私個人の意見としては、日本語教師はコミュニケーションが重視されるものだと思うので、通信制よりスクールに通って現役の講師や日本語を学ぶ外国の方と触れ合うことが重要だと思います。

そういった意味で、私はヒューマンアカデミーの日本語教師総合講座を受講して大変満足しており、人生の幅が広がったと思っております。

この養成講座を選んだ決め手は?

会社を退社したタイミングだったので教育給付金が使える講座を希望していました。また、実績が見える方が安心だったので、過去の受講人数や検定合格率などに伴う知名度、通いやすい立地なども考慮しました。さらに、18歳以下の子供がいると5%の割引があることも決め手となりました。

他のスクールと比較・検討しましたか?

教育給付金の対象講座であること、知名度や立地など候補を絞っていく段階で、ヒューマンアカデミーには、18歳以下の子供がいると5%の割引があることがわかり、他の講座と比較検討することなく決定となりました。

講師・カリキュラム 5.0 ★★★★★

講師は現役で日本語教育に携わっている方が多く、現場の話をよくしてくださいました。実際に会話の教え方など見せてくださることも多く、臨場感ある授業でした。質問がある時は、授業終了後に講師と直接話せる雰囲気で、丁寧に答えてくださいました。

理論と実践のバランスはちょうど良かったと思います。模擬試験や実習の場も多く、インプットした理論をアウトプットする場も十分に与えていただいたと思います。
理論の授業では、一人一人に質問をしたり、解答を求めたりしながら、講師がわからないところをそのままに進めないよう様々な工夫をしていたと思います。また、その理論は実践でどのように役立つのかを踏まえて授業を行ってくださったので、自然と実践の場でも役立ちました。

全体的に講師の方が理論と実践が結びつくよう意識した授業だったので、興味や理解度が深く、大変満足できる内容でした。

  • 受講した曜日と時間帯: 平日の昼
  • 1クラスの人数:20人
  • 重視されていたカリキュラム: 全体的にバランスよく

授業料 5.0 ★★★★★

合計:57万6,180円

    • 入学金:3万2,400円
    • 授業料:54万3,780円

実質、契約の段階で授業料として一括で支払ってしまうと、その後追加の持ち出し金がほぼないので、安心して通うことができました。

個人的には、教育給付金で20%(上限10万円まで)が戻ってくること、18歳以下の子供がいると5%割引となることなど、有利となる条件がそろっていたので、これらを使って受講できたのも大変満足しているポイントです。

教材 5.0 ★★★★★

テキストには、検定合格に必要な情報がコンパクトにつまっていました。また、教授法で使用していた「みんなの日本語」は、実際に日本語を学んでいる外国の方が使用している教科書で、実践的な内容が学べたのと同時に、自分が日本語教師になった時の姿を思い浮かべながら学習することができ、自然とテンション上がって楽しく学ぶことができました。

スクールの運営スタッフ・サービス 5.0 ★★★★★

事務の方とも気軽に接することのできる雰囲気で、スクール内では授業の合間や帰り際など、適宜連絡事項を中心に話をしていました。欠席の連絡をすると補講のシステムなど、その都度説明してくださって、親切丁寧に対応してくださっていました。

困ったことや相談など気軽にできる雰囲気作りをしようと努力されている感もあり、積極的にあいさつなどしてコミュニケーションを取ろうとされていたと思います。

  • 欠席補講:欠席の場合は、他の曜日に無料で振り替え可能でした。
  • 自習室:自習室は特に用意されていなかったと思いますが、教室を比較的自由に使用することができました。
  • 交流会:なかったと思います。ただ、講師が独自で開催しているお食事会や交流会にお誘いしていただいて、何度か参加させていただきました。

就職サポート 5.0 ★★★★★

求人情報は常に廊下の掲示板に張り出されていました。ほとんどが420時間養成講座の修了者か検定合格者を募集するものでしたが、待遇や条件など具体的な情報を得ることができて良かったと思います。

また、模擬授業や面接試験対策は、講師に相談すると個別に実施してくれました。就職希望者の進路相談会や個別相談会などのお知らせも、通学期間中に何度かありました。

その他 日本語教師にまつわる質問

日本語教師養成講座に通ったきっかけは?

結婚を機に専業主婦になりました。失業保険の手続きでハローワークを訪れた際に教育給付金制度を知り、せっかくだからこの制度を利用して何か資格を取っておこうと思いました。学生時代から国語が得意だったこと、人にものを伝えるのが好きなことから日本語教師に興味を持ち、420時間養成講座に通って資格を取得することにしました。

「養成講座の選び方」はどのようにアドバイスをしますか?

現場の雰囲気や臨場感を味わうためにも、ぜひ通学制の講座をおすすめします。授業内で講師の体験談を聞くことでモチベーションが上がり、学習意欲が向上します。

また、通学期間が数か月に渡るので、通いやすい立地は必須条件です。電車の乗り継ぎやランチの場所が確保できるかどうかも、挫折せず通えるポイントだと思います。

給付金や割引制度など、利用できるものがあれば適用される講座かどうかも重要です。それらを満たしたスクールの中から、卒業生の数や検定合格実績を踏まえて選んでみてはいかがでしょうか?

どのくらい勉強しましたか?どのように時間を捻出しましたか?

10ヵ月前から勉強を始めました。スクールのある週3日は、1日7時間(スクール6時間、自宅1時間)その他週4日は、1日2時間ほど学習しました。試験直前も特に学習時間に変化はありませんでした。

私は、家事の合間に学習をしていたので、比較的時間の捻出に苦労はしませんでしたが、基本的には、主人が会社に行っている間に済ませていました。

モチベーションが下がったときの対処法は?

授業が楽しかったので、気持ちが負けそうな時やモチベーションが下がるようなことは特にありませんでした。また、スクール制だったので仲の良い友達ができて、ランチをしたり、スクール帰りにお茶をしたりと交流を深められたことも大きかったと思います。

おすすめの勉強方法は?

毎日コツコツが一番です。その日にやったこと、その週にやったことは問題点を残さず理解しておくことが、地味ですが合格への近道です。発音問題などは、友達と問題を出し合ってチェックし合ったのも効果的だったと思います。

最大手
ヒューマンアカデミー
420時間コース

働きながら420時間へ通いたい方に特におすすめ

  • 校舎数No.1! 全国29校舎。あなたの町にもきっとある♪
  • 無料説明会もオンライン対応!
  • 受講申込みも来校なしでOK
  • 受講もオンライン対応。理論部分はオンラインで自分のペースで学べます。
  • 自分のペースで理論を学んだ後、実践科目は通学で生講義。さらに安心。
受講料

通常 572,400円

  • ママ・学生割引 最大33,542円OFF
  • 給付金 最大10万円還元
  • 分割60回払いまで可能
校舎数 校舎数No.1! 全国29校舎 
→近くの校舎を確認する
資料請求ページ 2021年秋期受講生 申込受付中
http://haa.athuman.com/class/