元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

日本語教師経験談:韓国の大学・高校・企業

情報公開日:2013/11/10


「日本語の教材、教科書」


「日本語会話教室内」

海外での日本語教育経験に関する質問

むぐんふぁさん(48歳・女性)  *現時点
国名 韓国
期間 15年 (1998年3月~2013年現在)
派遣先 ・大学
・高校
・企業
給料 月 70万~320万W
日本円に換算して 月15万~40万円
*現地で生活をするのに十分
滞在中、派遣先が負担したもの ・医療保険
・雇用保険
派遣先での日々のスケジュール 平日午前8時~午後4時半/土日祝日休み
授業形態 ・クラス授業 1クラス4~23人ぐらい
・プライベートレッスン
・企業研修

Q:韓国での日本語教師経験について総合的な感想

韓国のソウル大学へ留学のため16年ほど前に韓国へ来ました。日本語教育や日本語文学などを専攻したわけでなく、デザインを専攻し、学んで来ましたから日本語教師とは縁も無いことでした。

しかしいろいろな人から頼まれて日本語を教えるようになり、大学の日本語授業を受け持つようになり、又講師が足りない大学へと呼ばれていくようになり、大学の日本語学科や国際教育学部や国際学科などの教授などからお呼びがかかるようになりました。

教えてみると日本語と韓国語の文法には似通った部分がとても多く、又私自身も韓国での留学時に学んだ韓国語が学生たちに日本語を教える上で大変役に立ちました。今では日本語を教えることにやりがいと大いなる意義を持っております。

Q:どのような経緯で韓国で勤務することになりましたか?

初めは韓国で留学生でしたから、生活の中で職員に日本語を教えて欲しいと言われ、1時間500円ほどで教えたり、韓国の通信大学の生徒の交流サークルで日本語を教えて欲しいと授業をひとつ無償で頼まれました。

断ることもできなくて一年間無償で30人ほどの会話の授業を行ないました。すると留学先のソウル大学の学科が違う工学部の学生サークルで週1回2時間5千円で教えるようになりました。

どんどん仕事が舞い込んできて、教えたことのある学生が学部長になったある地方大学でもと学生に呼ばれて地方大学で教えるようになりました。それがきっかけで日本語教師の道に入りました。

Q:韓国の日本語教育事情をお聞かせください。

韓国ソウルでの日本語教師の以前は、とても優遇された職業でした。しかし近年の日本語の不人気、日本人が街にあふれているため、私のレポートする15年前からの現在の韓国での日本語教師事情は大きく異なります。

物価も2倍以上上がったにもかかわらず、給料面ではむしろ値下がり傾向です。私の場合は本当に日本語教師の良い人脈に当たったため、安定した企業学校で働くことができましたし、その経験のお陰で又、良い仕事につくことができました。

ですが、現在は学校へ就職できるのは修士を持った人が主流であり、もしくは博士です。民間の語学学校は日に1時間授業千円ほどで、学生の数が集められなければ休講になると言う厳しいことも聞いております。

厳しいことしか報告できなくてごめんなさい。韓国の大学院へ留学しそこから日本語教育機関へ繋がっていく方法がいいとおもいます。

Q:現地でどのような日本語教師が求められると思いますか?

韓国の大学院で、韓国語を習得後、日本語の教育機関へ繋がって日本語の教師を目指すのが良いと思います。

しかし近年の韓流ブームで多くの日本の若者が韓国に押し寄せていますから、初めはボランティアのつもりで、安い給金からの、キャリアをつけるつもりからの仕事からはじめるのが良いのですが、その場合も多くの若者によって日本語教師は飽和状態のようです。

多くの若者によって日本語教師の値が崩れていて、とても安価になっています。

韓国人が好きな日本で最も良い大学との評判の早稲田大学出身であれば良い仕事につくことができると思います。

Q:現地で苦労したことは?

高校の授業では、同じ授業を合計12回行なっていたので、同じ授業内容で、12授業の学生に平等で、大きな狂いなく教えなくてはいけませんでした。

小さな授業中のエピソードや、教える範囲をぴったりそのまま同じく12回繰り返して行なうことが苦しかったです。

授業の中が中間テスト、期末テストのテスト範囲となるため気をつけて授業を行なっていました。授業の経過がテストになってテストの結果が彼らの内申書になり、それが大学受験のときに大きく左右されますから、韓国では大学入試が人生の半分以上を決める大切なことで、映画を見せるのも歌を聞かせるのもいつも12回ずつ同じ授業でした。

Q:現地に行く前にもっと準備すべきだったことはありますか?

浴衣や着物などの文化的なものを用意して行けばよかったと思います。又、世界地図や日本地図などの地図をたくさん持っていたらよかったとおもいました。

たこ焼きを焼いたことがありましたが、たこ焼きの暖簾とかのぼりとかがあっても日本の雰囲気が出るのじゃないかとおもいます。

又高校生の教科書なんかがあったり、東京大学のグッズ(学校の生協で売っている)、ペンケースとかクリアファイルなど、日本の大学を代表する大学のグッズ。

私自身が東京出身で無いので日本の首都東京に関する情報をいろいろ勉強しておけばよかったと思います。

Q:韓国の求人情報はどこで得ることができますか?

基本的に韓国の高校の日本語教師や、大学の日本語教師の求人は、高校の日本語課の主任教師による主任教師の卒業大学での人脈から繋がって声がかかる場合が多いです。

主任教師は韓国人であるから個人的にその方の日本語教師をしたとか友人とかが優位なのだけれども・・・現地の求人サイトで高校や大学は教師 の求人記事があるので、細かく見ること。

大学に入学し、その大学のラインにはいって就職を試みるの方法か、個人的に知り合いであるとかしか私は韓国日本語教師探しについてで今まで聞いたことがない。残念ですが・・・。閉鎖的な社会でした。

Q:韓国で今後日本語教師として働きたい人へ、
 どんなアドバイスをしますか?

韓国で日本語教師として働こうと思う場合。やはり入り込むまでには運が大きな決め手です。高校や大学の日本語の先生はとても安定していますが、就職が難しく。

民間日本語学校は日本語教師がゴマンといる状況の中、面白い授業をし、人気講師並みの学生のリピーターが多くなければ授業の枠をもらうことは難しいです。学生の数で給料が決まる方式を取る民間日本語学校が多いのであまりお勧めできません。

中学や高校や大学などの教育機関で日本語教師を目指すなら、韓国の首都ソウルでなく、地方都市へ目を向けてその地方大学で日本語教師を目指すのが韓国では一番良い方法かもしれません。

まずは日本で地方の大学の日本語教師の求人を気をつけて目にするのが一番です。その場合大学で教鞭をとりますから、日本語教育専攻修士修了者が望ましいと思います。

日本語教師に関する質問

日本語教師歴 15年 (1998年3月~2013年現在)
現在も日本語教師の職に就いています
(企業へ出向する出先日本語教師)
その他の海外教師経験 なし
資格・課程 なし
日本語教師へ転職前の職 会社員

Q: もともとはどのような経緯で日本語教師を目指しましたか?

日本語の教師になったきっかけは、留学中の韓国で留学先の大学で日本語教師として授業を受け持ってもらいたいと頼まれたためです。

その以前には、個人的に韓国国内で周囲の人々に日本語を教えていましたが、本格的に日本語教師として活動することになったのは、大学の国際学科での日本語授業を受け持つようになったことです。

その後、日本語教師としての経験を買われ、大学の日本語学科での授業も受け持つようになりました。又一番安定していたのは、外国語高校の日本語教師です。

Q:日本語教師をやってよかった!と、どんな時に実感しますか?

外国生活において、日本のよき部分を紹介しながら授業に日本の文化を伝えることができることです。

又ひらがなカタガナもわからない学生が一年間も勉強をすることによってJLPT N-3以上の実力を身につけ、簡単な日本語日常会話や日本旅行などの日本語学習者になれることです。

又、昔の教え子との交流の中で、彼らの日本語の上達具合、日本語を学んだことによって開けた道、大学進学や、就職などの手助けができることです。

日本語のよさをいろいろな角度から紹介できる部分です。

Q:日本語教師を辞めたいと思ったことはありますか?

長く日本語を離れているため、文化の面で日本語や日本文化に疎くなってきていて、反対に日本語に興味を持った学習者に、文化的な流行に関すること、歌ドラマ、書籍などの情報を与えることができず、学習者と私の年齢のギャップも大きくなり、若い日本語教師に道を譲ったほうが学生のためになるのではないかと考えた時、辞めたいと思いました。

日本語教師をこの先も続けて良いのかと悩む時期がありました。現在は、学生を社会人の比較的同年代の会社員を教えていますから、その問題は無くなりました。

Q:今後どのような日本語教師を目指したいですか?

高校や大学で日本語を教えてきた時は、文法を中心に詰め込みスタイルで日本語教授を行なってきましたが、近年は、同年輩の再日本語学習者に日本語会話を教えていますから、自然で、どんな時でも不自由なく活用できる会話の応用を通して、授業を行なっています。

韓国では日本語は最近人気の無くなりつつ語学ですが、隣の国の日本語を習うことを通して、韓国の私の学生の一人一人が日本へ向かう文化の橋渡しを行なう者となれるよう。日本語教育に目を向けて行なっていきたいです。

↑ ホームへ戻る

P C S P