元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

日本語教師になる3つの主な方法

日本語教師として働く場合、下記の教育機関で教えることがほとんどです。

・ 民間の日本語学校
・ 企業
・ 大学

日本語教師は教員免許が無くてもなれるのですが、「日本語の知識」と「日本語の教え方の基本的な事が身についているか」については、問われます。

日本語教師になる3つの方法

具体的に、求人の際に提示される応募条件は下記の3つです。「下記のいずれか」と表記されているケースが多く、教育機関によって異なります。

・日本語教師養成講座420時間コース 修了者 →詳細
・日本語教育検定試験 合格者 →詳細
・大学日本語教育課程、主・副専攻修了者 →詳細

ご自身の現在の状況なども踏まえ、「どうすれば日本語教師になれるのか」を見ていきましょう。

方法1: 420時間養成講座修了

多くの教育機関で求められる課程です。
日本語の知識」と「日本語の教え方の基本的な事が身についているか」の両方を学ぶことが出来るカリキュラムとなっているため、国内外の教育機関で応募条件として求められています。

メリットは以下の通りです。

・演習や教育実習で本番の授業を経験できる
・講師から生のアドバイスが貰える
・日本語教育能力検定試験の内容をカバーできる
・教育給付金制度 対象講座がある
・就職サポートを受けられる

【注意点】
・スクールによって、校舎が近くに無い事がある
・講義スケジュールとライフスタイルが合致しない事がある
→近くの校舎を探す

<夏期講座 受付が開始されています>
夏期講座の受付が開始されました。
今ならまだ、日本語教師教育能力検定試験に向けた対策もとれます。早めのスタートで合格を目指しましょう。

ヒューマンアカデミー 【最大手・全国30校舎】
・無料説明会実施中
・カリキュラムの40%が実技授業
・転校、休学などのフォローが手厚い
千駄ヶ谷日本語教育研究所 【2教室 高田馬場/横浜】
・理論と実技をバランス良く学べる
・外国人学生との交流活動が盛ん
アークアカデミー 【3教室 東京2校/横浜1校】
・併設の日本語学校で職場体験ができる
・通学コースはWEB講座も視聴可能
KEC日本語学院 【6教室 新宿1校/関西5校】
・演習や実習の時間が多い
・1クラス12名の少人数指導制
・3年間無料再履修制度あり

→ その他420時間実施校一覧はこちら

方法2: 日本語教育能力検定試験

日本語の知識」を学びます。簡単に取得できる資格ではないこともあり、資格取得者は「日本語の知識をしっかりと身に着けている」と、国内外の教育機関で評価されます。メリットは以下の通りです。

・受験資格に学歴や年齢の制限がない
・通信講座で学べる →詳細

【注意点】
・全受験生に対する合格率は約2割。しっかり対策を取る必要がある
・試験日は毎年10月。1年に1度のみ
・得た知識をどうやって教えるか、については学べない

方法3: 大学・大学院を卒業する

【特徴】
大学や大学院で日本語教師になりたい場合は、必ず必要な経歴です。特に修士以上の学歴を取っていないと厳しいようです。この進路の選択をお勧めするのは、以下に当てはまる方です。

・大学で教えたい方
・日本語教師を生涯の仕事としたい方
・日本語教師としてキャリアアップしたい方

【注意点】
・大学に合格しなければならない
・学費が高額

日本語教師という仕事が経済的にも非常に厳しいものなので、まずは実際に働いて、自身の適性を確認することも大事だと思います。

↑ ホームへ戻る

P C S P