元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

日本語教師になる3つの主な方法

日本語教師は、特別な資格や教員免許が無くてもなれます。だからといって、日本語を話せたら誰でもなれるというわけではありません。

「日本語の知識」と「日本語の教え方」が身に付いているのか、採用試験で問われることがほとんどです。

そこで、日本語教師になる3つの方法について、詳しく解説していきます。

日本語教師になる3つの方法

日本語教師は、「民間の日本語学校」「企業」「大学」で教えることが殆どです。

これらの教育機関が出す求人では、基本的に下記3つのいずれかを満たしている事が応募条件となっています。

  • 日本語教師養成講座420時間 修了者 →詳細
  • 日本語教育能力検定試験 合格者 →詳細
  • 大学日本語教育課程 主・副専攻修了者 →詳細
  • 特に条件としてあげられるのは「日本語教師養成講座420時間修了」「日本語教育能力検定試験合格」です。

    では、日本語教師になるための条件について、具体的にみていきましょう。

    方法1: 420時間養成講座修了

    「日本語の知識」と「日本語の教え方」の両方を学ぶことが出来るカリキュラムです。そのため国内外を問わず、多くの教育機関で応募条件として定められています。

    私の日本語教師仲間をみても、420時間養成講座を修了して日本語教師になった、というパターンが最多でした。

    【特徴】

    • 受講に必要な、資格や入試はない
    • 演習や教育実習で、教案の作成方法や教え方を学べる
    • 講師から生の指導・アドバイスが貰える
    • 日本語教育能力検定試験の内容もカバーできる
    • 就職に有利。教え方を学んでいる者と評価される
    • 求人紹介、面接指導、セミナーなどの就職サポートが受けられる
    • 同じ目標をもつ仲間ができ、人脈が広がる

    【注意点】

    • 受講料として50万円以上が必要となる
    • 最短3ヶ月~1年以上の通学が必要。期間は講座によって異なる
    • 修了までの期間が短いほど、通い詰める必要が出てくる
    • 講座によっては、校舎が近くに無い事がある
    • 希望する曜日や時間帯に、講座が無い事がある
    • 実習の多さは学校によってバラつきがある
    • 就職サポートの内容や手厚さは学校によって異なる。また、基本的には自ら動くことが求められる
    • 通信講座は、420時間修了者と認められない場合がある
    • 短大卒など学歴が大卒以上ではない場合、日本語能力検定試験の合格も求められる事がある
    学びやすさ
    • 受講資格はなく、誰でも入学できる
    • 曜日や時間の選択が出来る学校が多く、働きながら学ぶことも可能
    • 最短3ヶ月~1年以上の通学が必要
    費用
    • 50万円以上
    実習
    • カリキュラムに演習や教育実習が含まれ、教案の作成方法や教え方を学べる
    • 来日中の日本語学習者に対して実習が出来る学校もある
    就職
    • 知識に加え、教え方も学んでいると評価される
    • 学校によっては就職サポートを受けられる
    • 短大卒など学歴が大卒以上ではない場合、検定合格も求められる事がある

    <学校によって特徴が異なります>
    文化庁指針のカリキュラムに対応していますので、学ぶ内容が大きく異なることはありません。ですが、カリキュラムの進め方、演習・実習の回数や時間、開講時期や期間、就職サポートの手厚さなどは学校によって異なり、それぞれに特徴があります。

    ヒューマンアカデミー 【最大手・全国31校舎】
    • カリキュラムの40%が実技授業
    • 転校、休学などのフォローが手厚い
    • 就職サポートとしてジョブカウンセリングが受けられる
    アルファ国際学院 【2教室 虎ノ門本校/横浜校】
    • 単位取得制。自分に合う講義スケジュールを組める
    • 履修済み科目を再受講できる
    KEC日本語学院 【6教室 新宿1校/関西5校】
    • 演習や実習の時間が多い
    • 1クラス12名の少人数指導制
    • 3年間無料再履修制度あり
    千駄ヶ谷日本語教育研究所 【2教室 高田馬場/横浜】
    • 理論と実技をバランス良く学べる
    • 外国人学生との交流活動が盛ん
    • 歴史は古くオリジナルテキストが充実

    → 全国の養成講座一覧はこちら

    方法2: 日本語教育能力検定試験

    日本語教育能力検定試験は「日本語教師としての専門的な知識が身についているか」を検定する試験です。年に1回実施されます。 →日本語教育能力検定試験の日程はこちら

    知識が身についている事の証明となるため、採用条件に挙げる教育機関が殆どです。簡単に取得できる資格ではない事から、資格取得者は国内外で評価されます。

    ただし教え方について学ぶことは出来ませんので、検定合格だけでは採用試験を受ける際や、日本語教師になってから苦労する事が多いでしょう。

    例えば検定合格のみの応募者は、採用試験で模擬授業が特に重視される傾向にあります。ところが教え方については学んでいない為、スムーズな模擬授業を行う事が難しいのです。また日本語教師になれたとしても、いきなり教壇に立って、分かりやすく教えられるとは言い切れません。

    そのような理由から、420時間養成講座や大学に通いながら、検定合格を目指す人が多いようです。

    【特徴】

    • 受験資格に学歴や年齢の制限がない
    • 独学や通信講座による、自宅学習が可能
    • 通信講座は学習要項が定められており、体型的に学習できる
    • 独学であれば、参考書代と受験料だけの費用ですむ
    • 通信講座を受講しても約10万円。420時間と比較しても安い  →アルクの通信講座

    【注意点】

    • 全受験生に対する合格率は約2割
    • 試験範囲が広く1年近くの受験準備が必要
    • 試験日は毎年10月。1年に1度のみ
    • 420時間のように、実際の教え方は学べない
    • 検定合格のみで応募する場合、採用試験で行われる模擬授業が重視されるため、別途対策が必要
    学びやすさ
    • 誰でも受験できる
    • 独学や通信講座による自宅学習が可能
    費用
    • 受験料10,600円
    • 独学の場合、参考書代だけですむ
    • 通信講座の場合、受講料は10万円程度
    実習
    • 実習や演習の機会はない
    就職
    • 日本語教育の知識があると評価される
    • 検定合格のみの場合、就職は厳しい。採用試験で模擬授業が重視される
    • 就職サポートはない

    方法3: 大学・大学院を卒業する

    大学や大学院、公的機関で日本語教師になりたい場合は、特に必要だと言われる経歴です。修士以上の学歴を取っていないと厳しいと言われています。

    【特徴】

    • 通常の講義に加え、研究や論文の作成を通し、理論の知識が深まる
    • 就職の際、日本語教育に関する高い学歴をもっていると評価される
    • 大学や公的機関の講師など、就職先の選択肢が広がる
    • 就職ガイダンス、面接指導などの就職支援を受けられる
    • 日本語教師としてのキャリアアップが出来る

    【注意点】

    • 大学や大学院に入学するために、入試を受ける必要がある
    • 大学院は2年間、大学は4年間の通学が必要
    • 学費が高額。国立でも卒業までに大学院で130万円以上、大学で250万円以上を必要とする
    • 実習の期間、回数は大学によってかなりの差がある。420時間養成講座に比べると少ない事が多い
    学びやすさ
    • 入学試験がある
    • 大学院は2年間、大学は4年間の通学が必要
    • 曜日や時間が選べない為、働きながら学ぶことは難しい
    費用
    • 大学院は130万円以上
    • 大学は250万円以上
    実習
    • 期間、回数は大学によってかなりの差がある
    • 420時間養成講座に比べると少ない事が多い
    就職
    • 高い学歴を有すると評価される
    • 大学や公的機関など就職先の選択肢が最も広い
    • キャリアアップも可能
    • 大学によっては就職サポートを受けられる

    まとめ

    これら3つの方法は、ほとんどの求人で応募条件として提示されますので、いずれか1つは満たしておくことをお勧めします。学習に充てられる時間や期間、通学は可能なのか、費用は無理のない範囲なのか等を考慮しながら、どの方法が自分に合った学習スタイルなのか、検討してください。

    学びやすさ

    スタートのしやすさ、継続のしやすさという点で比較しました。検定試験は自宅学習が可能なため、自分のペースを優先して取り組む事ができます。その点では、社会人でも学びやすいといえるでしょう。

    420時間養成講座
    • 受講資格はなく、誰でも入学できる
    • 最短3ヶ月~1年以上の通学が必要
    • 曜日や時間の選択が出来る学校が多く、働きながら学ぶことも可能
    日本語教育能力検定試験
    • 誰でも受験できる
    • 独学や通信講座による自宅学習が可能
    大学・大学院
    • 入学試験がある
    • 大学院は2年間、大学は4年間の通学が必要
    • 曜日や時間は選べない為、働きながら学ぶことは難しい

    費用

    費用の面で比べると、独学で受験すれば参考書代と受験料だけですむ検定試験合格が、最も安く抑えられます。もしアルクの通信講座を利用しても、費用は10万円程度です。ただし検定合格のみの場合、教え方を学ぶことができないため、単純に費用だけで決めることはおすすめ出来ません。

    420時間養成講座
    • 50万円以上
    日本語教育能力検定試験
    • 受験料10,600円
    • 独学の場合、参考書代だけですむ
    • 通信講座の場合、受講料は10万円程度
    大学・大学院
    • 大学院は130万円以上
    • 大学は250万円以上

    実習

    日本語教育に関する知識があっても、教壇に立って分かりやすく教えられるとは限りません。演習・実習を通して「教え方」を身に付ける事をお勧めします。

    演習や実習は、養成講座が最も充実しています。学校によって力の入れ具合が異なるので、カリキュラムなどの確認をしておくと良いでしょう。

    授業の密度は濃く準備も大変ですが、採用試験では模擬授業を課される場合が多いため、その対策にも繋がりますし、教師として働き始めた時に「演習や実習の経験があって良かった」と感じる瞬間が必ず訪れるはずです。

    420時間養成講座
    • カリキュラムに演習や実習が含まれ、教案の作成方法や教え方を学べる
    • 来日中の日本語学習者に対して演習が出来る学校もある
    日本語教育能力検定試験
    • 実習や演習の機会はない
    大学・大学院
    • 期間、回数は大学によってかなりの差がある
    • 420時間養成講座に比べると少ない事が多い

    就職

    将来的に最もキャリアアップが望めるのは、大学・大学院の日本語教育課程の修了です。特に国際交流基金などの公的機関や大学が出す求人では、日本語教育における修士号・博士号の取得が求められます。ただし社会人の方は、いきなり会社を辞めてしまうのではなく、まずは会社に通いながら、420時間養成講座などで適性を見ることをお勧めします。

    420時間養成講座
    • 知識に加え、教え方も学んでいると評価される
    • 受講生から動く必要はあるが、学校によってサポートを受けられる
    • 短大卒など学歴が大卒以上ではない場合、検定合格を求められる事がある
    日本語教育能力検定試験
    • 日本語教育の知識があると評価される
    • 検定合格のみの場合、採用試験で模擬授業が重視されるため対策が必要
    • 就職サポートはない
    大学・大学院
    • 高い学歴を有すると評価される
    • 大学や公的機関など就職先の選択肢が最も広い
    • キャリアアップも可能
    • 大学によっては就職サポートを受けられる

    私の周りでは以下のようなパターンの方が多かったと感じます。

    1. 日本語教育以外の専攻で大学卒業後、社会人として会社に就職
    2. 日本語教師を目指し420時間養成講座受講
    3. 受講中に検定試験を受験
    4. 420時間養成講座修了後、日本語教師として働き始める
    5. その中でも、日本語教師としてさらに極めたいという少数の人が、大学院へ入学

    日本語教師という仕事は経済的にも厳しくなる事が多いので、実際に働いて、自身の適性を確認することも大事だと思います。

    ↑ ホームへ戻る

    P C S P