元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

アルク NAFL日本語教師養成プログラム 口コミ

2021/07/26

総合評価  4.0

必要な基礎知識を網羅!ずっと使える教材

最も満足した点 情報量の多さとバランスの良さ
最も不満な点 価格と試験対策ポイントが多すぎる点
大森よしこ(女性・26歳・大阪府・パート)
購入 2020年
学習期間 2020年4月~2020年10月 *7ヶ月
試験結果 合格(2020年)
講座を選びに重視したこと 価格・教材

こちらの教材を選んでほぼほぼ満足しています。

特に良い点は、とにかく情報量が多いことです。テキスト全24冊に加え、練習問題、単語帳、テキストに沿ったCD、記述の練習問題と添削など試験に挑む準備として必要なものが一式揃っています。全てをしっかり勉強できれば、試験の対策になるだけでなく日本語教師として基礎の知識がしっかりつくだろうなと思いました。

また、教材の多さに最初は読みきれるか不安でしたが、テキスト一冊ごとにそれぞれの専門の方が監修されているため、テキスト内容の進め方や文章の書かれ方も一冊ごとに違い、飽きることなく楽しみながら進めることができました。

試験の中で最も苦手だった聴解問題の対策については、発音など繰り返し聴いて耳を慣らすことが大切なため音声CDはとても役立ちました。

一方で、情報量が多すぎるため試験対策としてだけの勉強には時間を取られすぎるなと思いました。試験の対策だけでなく、試験に受かった後も見返して使っていきたい人にはとてもいい教材だと思います。

Q:アルクのNAFL日本語教師養成プログラムを選んだ決め手は?

アルクの教材は、テキスト量やサポートに対して価格が安かったからです。アルクよりも安価な教材もありますが、テキスト量が少なく内容の薄さが心配でした。

また、アルクより高価で講師がしっかりサポートしてくれる講座もありますが、過去問題を見てもこの試験は独学で対策できると感じました。

唯一、記述問題は独学では不安でしたが、アルクは練習問題2問とその添削がついているため私にぴったりで全体としてバランスが良いです。

教材  4.0

テキスト 文章が多いが、読みやすく分かりやすい文章。覚えるべき知識は表や図でまとめられており、後々必要な情報だけ見返しやすい。
DVD 実際の授業風景を観ることが出来、講師も二人程出てくるため見比べることができる。授業についての解説もあり分かりやすい。
CD テキストに沿って、日本語の発音や外国人のアクセントなど多く収録されている。
その他 コンパクトな単語帳がついており、持ち歩けて便利だった。

テキストの文章は話し言葉調だったため、読みやすく分かりやすかったです。年代を通して数字の変動や様々な事柄の割合を見る資料が多く載せられており、全体をイメージしやすくなっていました。

各課で専門の講師が書いているため、実際の経験が織り交ぜられており、リアルな現場を知ることが出来ました。

日本語教育の歴史や現状について、日本国内のことだけでなく世界の情報も扱うため、情報量が多いですが無駄に感じる部分はなく多くの知識が綺麗にまとめられていました。

Q:教材の活用方法は?

最初の二ヶ月でテキストを一周読み終え、練習問題を通して苦手な所や覚えられていない所を見つけ、その部分のテキストだけをもう一度読み直しました。

DVDやCDは一度一通り流し、試験問題に出そうな部分のCDは何度も聞き直しました。

それから試験までは、練習問題を解いて苦手な所を見つけてテキストを読み返すを繰り返しました。単語帳は少し時間があれば見るようにしていました。

検定試験対策  4.0

日本語教育について何も知らない状態から始めたため、一度アルクの教材に目を通しました。

基礎知識をアルクの教材でつけた後、試験対策として過去問題を何度も解きながら分からなかった所はアルクの教材で補っていく進め方をしました。

教材は情報量が多く試験対策のポイントを押さえているわけではないため、過去問題を通して自分でポイントを見つけることが大切だと思いました。毎日1時間は必ず勉強して、それを7ヶ月程続けましたが学習量としては十分だったと思います。

価格  4.0

受講料 10万3400円

テキストの情報量や試験対策のサポートなど十分な内容だと思います。価格は他の教材に比べれば、内容に対して安い方だと思いますが、10万円という金額自体安くはないと思うので大変満足ではありません。

また、過去問題はやっておかないと対策として十分ではないと感じたため、追加で購入しましたが過去4年分揃えるとまたお金がかかり、アルクだけの費用だけですみません。出来るだけ費用を抑えようと思えば工夫次第でもう少し抑えられたと思うところがあります。

サポート・サービス  5.0

利用した学習サポート
  • WEB採点サービス:テストコ
  • 記述問題添削

質問に関しては、手段は用意されておりしようと思えばできましたがテキストで十分理解できたので使用しませんでした。

テキスト1冊毎にテストコというWEB採点システムがあり、最終全てを終えると修了証明証が貰えるため、それがモチベーションになり続けやすかったです。

また、WEBでできる練習問題があり、少し時間ができた時に手軽に利用できるので助かりました。記述問題の添削も送付してから回答まで一週間ほどで、添削内容も非常に分かりやすかったです。

NAFL 日本語教師養成講座内容

受講料 103,400円 (税込・国内送料無料)
>> 詳細はこちら
標準学習期間 3~12ヶ月
受講スタート
  • 通常平日17時までの注文は翌営業日より出荷
  • すぐに学習が始められます!
  • 海外への配送も可能
合格率 NAFL受講生は66.3%の合格率!
*検定試験全体の合格率は約23%
実績 開講30年、8万人以上の受講の実績
受講システム 一括で教材送付。テキストには一部CDやDVDが併用されているので、音声や映像の補助教材を使用しながら学習を進める。
質問サポート 受講生専用サイトで、学習コーチが質問に応えてくれる。
その他のサポート
イベント
  • WEB採点サービス
  • 記述式問題の添削指導
  • スキルを伸ばす実習プログラム(有料)
できるだけ独学での孤立感を感じさせないようなシステムが考慮されています。

→NAFL 日本語教師養成プログラム 公式サイト

↑ ホームへ戻る

P C S P