どこで働くのか?日本語教師の仕事場 – 就職活動方法

「日本語教師は実際どのような場所で教えるのか」ですが、主に国内では下記のようなケースが多いです。

  • 就学生を対象とした学校
  • 技術実習生を対象としたクラス(農業・工業・介護・看護)
  • ビジネスマンなどを対象にした日本語スクール
  • 企業派遣(対象は仕事で日本の会社で働いているビジネスマン)
  • 日本の大学で、その大学に留学している留学生に対して(私の大学でも留学生のフォローアップするために非常勤の先生がいました。 大学で教える機会を得るのはなかなか難しいようです)
  • 日本の小学校や中学校にいる外国人の児童など
  • プライベートレッスン(これはさまざまな人がいらっしゃいます)

就学生を対象とした日本語学校が一番多いです。

ですが、2021年のコロナ禍の現在の求人を見ると、就学生用の求人案件は激減しており、ここ最近は技術実習生の求人案件が多くなっています。

私自身は就学生を対象にした日本語学校で教えていました。学生の国籍は中国・韓国がほとんどです。そのほかには、日本で働いている外国人の奥さんやビジネスマンや英語教師などを対象したプライベートレッスンをしていました。

私の周りには、学校で教えながら、プレイベートレッスンでも授業を持っている先生が多かったです。

最大手
ヒューマンアカデミー
420時間コース

働きながら420時間へ通いたい方に特におすすめ

  • 校舎数No.1! 全国29校舎。あなたの町にもきっとある♪
  • 無料説明会もオンライン対応!
  • 受講申込みも来校なしでOK
  • 受講もオンライン対応。理論部分はオンラインで自分のペースで学べます。
  • 自分のペースで理論を学んだ後、実践科目は通学で生講義。さらに安心。
受講料

通常 572,400円

  • ママ・学生割引 最大33,542円OFF
  • 給付金 最大10万円還元
  • 分割60回払いまで可能
校舎数 校舎数No.1! 全国29校舎 
→近くの校舎を確認する
資料請求ページ 2021年秋期受講生 申込受付中
http://haa.athuman.com/class/

当サイト人気スクール 420時間養成講座