元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

養成講座420時間修了までの期間と通う頻度

実際に通学した時の通う期間と頻度は簡単にまとめると以下のようなパターンが多いです。

修了まで通う期間

超短期集中講座 期間:3ヶ月
詳細:毎日丸1日授業
※実施スクールは非常に少ない
短期集中講座 期間:半年
詳細:1週間に4・5日
※比較的多くのスクールで実施
通常講座 期間:1年~1年3ヶ月
※2・3年のコースもあり
詳細:平日2日 or 週末丸1日
※ほとんどのスクールで実施

通う頻度

授業の頻度や期間については、各養成講座によってシステムが異なります。

パターン1
授業の頻度や期間をある程度、
フレキシブルに選べる
ヒューマンアカデミー
KEC日本語学院
大原簿記
パターン2
選ぶクラスによって期間が決められている
千駄ヶ谷日本語教育研究所
インターカルト日本語学校
東京中央日本語学院

パターン1:授業の頻度や期間をある程度、フレキシブルに選べる

例)ヒューマンアカデミーの場合:
受講のペースは自分である程度決められます。通常1年~1年3ヶ月で、最短で6ヶ月、最長3年。 1年で修了する場合、おおよそ平日週2回(土日いずれか丸1日)通うパターンが多いと思います。

ヒューマンアカデミーのパターン1のようなケースは、特に仕事やその他の学業も忙しく、常に養成講座のスケジュールを最優先にはできない、繁忙期等に波がある方などに良いシステムだと思います。

パターン2:選ぶクラスによって期間が決められている

クラスにより期間・1週間あたりの授業数が決められています。
例)千駄ヶ谷の場合:

  • 全日クラス(3ヶ月で修了):月~金 (9:10-17:00)
  • 午前毎日クラス(6ヶ月で修了):月~金(9:10-12:30)
  • 土曜日クラス(1年で修了):土(9:10-17:00)

千駄ヶ谷日本語教育研究所のようなパターン2は、毎週通える、ある程度養成講座のスケジュールを最優先にできるといった方におすすめです。ずっと同じメンバーで受講するため、クラスの結束力は強そうです。

ヒューマンアカデミー 【最大手・全国30校舎】
・6ヶ月~24ヶ月で修了
・週3回、週末コースなど柔軟に対応
千駄ヶ谷日本語教育研究所 【2教室 高田馬場/横浜】
・3か月~1年で修了
・平日午前、全日、土曜クラスから選べる
アークアカデミー 【3教室 東京2校/横浜1校】
・6ヶ月で修了
・平日午前中に開講
KEC日本語学院 【6教室 新宿1校/関西5校】
・6ヶ月~1年で修了
・複数の曜日・時間帯からコースを選べる

→ その他420時間実施校一覧はこちら

↑ ホームへ戻る

P C S P