元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

養成講座420時間 通学している人の年齢層や性別

実際、420時間コース、どんな方が受講しているのか?をまとめました。

男女比:女性の数が圧倒的に多い

女性が8割・もしくは9割、男性が2割・1割と女性の数が圧倒的に多いです。

私が養成講座に通っていた頃も、30人ぐらいのクラスに男性は1人いるかいないかでした。ただ、先日見学したヒューマンアカデミーの授業では、15人強のクラスに年配の男性2人と若い男性2人、計4人男性がいらっしゃいました。

たまたまかと思ったのですが、日本語教育能力検定試験の応募者 全科目受験生 男女別比 推移をみると男性の受験者が本当に少しずつですが、右肩上がりです。

これだけ、男女比が違うのはやはりお給料面で、十分な報酬がもらえない、非常勤の職が多く、常勤が少ないことと影響しているのかと思います。以前から言われていることですが。

私の憶測ですが、男女比で男性の受験生が増えたのも、単純に定年退職したシニア層が増えたからなのかな?と思います。

余談ですが、女性ばかりのクラスなので、男性がいると結構みなさんにかわいがられていましたね。

年齢層

50歳~ 23%
35歳~49歳 23%
25~29歳 21%
20~24歳 18%
30~34歳 14%

ヒューマンアカデミーのHP記載されているデータを多い順に年齢層を並べると、35~49歳・50歳以上の割合が合せて46%と割合が多くなっています。

20代の受講も多いので、全体的に年齢層は高いものの、まんべんなくさまざまな年齢層の方がいる印象です。*実際は受講の時間や曜日によって異なるかもしれません。

私が受講していた時代もだいたい年配の方から若い方まで、先日見学したヒューマンアカデミーの授業でも広い年齢層の方がいらっしゃいました。

また、日本語教育能力検定試験の「応募者 全科目受験生 年代別比推移」のグラフともおおよそ同じような数字です。 http://www.jees.or.jp/jltct/result.htm

↑ ホームへ戻る

P C S P