元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

外国人留学生との交流会

私が通っていた頃の養成講座には全く交流会のようなものがなく、せっかく「日本語を教えたい人」と「日本語を学びたい人」が集まっているのに、もったいないなぁと思っていました。*今思うと、なければないで、自分たちが主催すれば良かったですね。

ほとんどの養成講座は外国人対象の日本語学校を併設しており、交流会等が設けられている場合が多いようです。


ヒューマンアカデミー新宿校に掲示された交流会のお知らせ

例えば、ヒューマンアカデミーでは首都圏で月1回ヒューマンアカデミーが併設する日本語学校が交流会を実施、養成講座の受講生が参加できるようです。

各養成講座の実施の有無を調べてみると、ほとんどの養成講座が交流会を実施しています。養成講座選びとは直接関係ないのですが、ぜひ養成講座に通っている方は参加されてみてはいかがでしょうか。

各養成講座の交流会実施 まとめ

開催頻度はスクールに差があります。
ヒューマンアカデミーが月1回、大阪YWCAは週1回、大原簿記は年1回、KEC日本語学院は日本語学校が併設されていないため、KEC主催の行事はあまりないようです。

ヒューマンアカデミー 月1回ヒューマンアカデミー日本語学校が交流会を実施。
養成講座の受講生が参加。
インターカルト日本語学校 1・2ヶ月に1回学校が開催。
養成講座の受講生主催の交流会のボーリング大会等もあり。
アークアカデミー 日本語学校の学生とのフリートーキングや交流パーティーを実施。
フリートーキングは月1回、パーティー等は年1回。
東京中央日本語学院 春はお花見、夏はBBQ、秋は課外授業、冬には忘年会と旅行等季節に合わせて行事あり。
KEC日本語学院 KEC日本語学院は日本語学校が併設されていないため、KEC主催のものはない様子。
大原簿記 交流会は年1回実施。
大阪YWCA専門学校 日本語学科の学生と定期的に交流するForeign Friendship Program制度あり。マンツーマンあるいは小グループで、週1回のペースで交流。

↑ ホームへ戻る

P C S P