元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

日本語教師養成講座420時間コースとは

多くの求人で指定される応募条件「養成講座修了」

日本語教師養成講座420時間コースとは、文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」方針に沿った講座のことを指します。

日本語教師の求人では、ほとんどが「日本語教師養成講座420時間コース修了」か「日本語教育能力検定試験」の合格を応募条件としています。どちらも取得していれば、採用に有利です。

420時間コースの概要は、以下の通りです。

【養成講座420時間コースのまとめ】

  • 日本語教師の求人では、ほとんどが「日本語教師養成講座420時間コース修了」か「日本語教育能力検定試験」の合格が応募条件であるため、受講する人が多い。
  • 大手ではヒューマンアカデミー千駄ヶ谷日本語教育研究所アークアカデミーなどが有名校。
  • 通学は1年~1年3ヶ月程度。最短半年で修了するコースもある。
  • 費用は教材込で約50万~60万円。
  • 「理論」→「実技」→「教育実習」の流れが基本的なカリキュラム。
  • 文化庁が示した教育内容方針に沿った420時間コースであれば、突拍子もなく異なることは基本的にはない。ただし「実践を重視する学校は実践の授業数が多い」など、養成講座によって異なる特徴をもつ。
ヒューマンアカデミー 【最大手・全国30校舎】
・豊富な模擬授業で、指導スキルを習得
・6ヶ月~24ヶ月で修了
・ママ・学生割引 受講料5%割引
千駄ヶ谷日本語教育研究所 【2教室 高田馬場/横浜】
・理論と実技をバランス良く学べる
・最短3か月~1年で修了
・カリキュラムは二つの検定試験に対応
アークアカデミー 【3教室 東京2校/横浜1校】
・理論を重視しつつ実践も学べる
・平日5日間毎日通学し、6ヶ月で修了
・WEB講座を自由に視聴可能
KEC日本語学院 【6教室 新宿1校/関西5校】
・演習や実習の時間が多い
・6ヶ月~1年で修了。無料再履修制度有
・教案作成は大変だが、即戦力が身につく

→ その他420時間実施校一覧はこちら

↑ ホームへ戻る

P C S P