元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

メキシコの語学学校 経験談

やる気のある生徒に助けられ、更に多言語も勉強できる

公開:2018/05/15

Ninanina(女性・28歳) 
日本語教師歴 1.2年 (2016年~2018年)
*他業種に転職
資格・課程 特に無し、こちらで開かれる勉強会への参加
メキシコの語学学校
経験詳細
  • 地域:ベラクルス
  • 月収:9,000円(1,580メキシコペソ)
    それだけでは生活は難しい
  • 非常勤講師(時間勤務)
  • 1年(2016年~2018年)
    *現在は退職

後にも出てきますが、メキシコは親日国です。
アニメが大好き、日本の文化が好き、京都の風景を見てみたい、東京の近代的な町を見てみたいなど、様々な理由があり学生さんは学ぶことにとても意欲的でした。1年3ヶ月と短い時間でしたが、ひらがなを読んだり・書いたり出来るようになり、話すことも授業を始めた当初よりは大変上手に出来るようになりました。

教師をやっていて、彼らが話せたり・書いたり出来るようになっていくのを見ていられることがやりがいの一つです。授業が無くなった後も、日本語でメールを送ってくる学生がいたりと成長がとても頼もしいです。

しかし、その半面私が現地の言語を話せなかった事で学生に迷惑をかけることがたくさん有りました。説明するにも、どうしたら良いか分からず逆に学生が調べて学生同士で理解していました。その後は、現地の言語を必死に勉強しました。なので、今ではスペイン語が良く話せるようになりました。

日本語教師としての生活レベル
クラスをたくさん受け持っているのであれば、そこそこ良いかと思いますが1クラスだけだと生活していくのはとても大変です。家のレンタル代くらいにしかなりません。

語学学校の良いところは、日本に帰る時などは前もって伝えておけばクラスを振り替えてもえらえることです。なので、気兼ねなく旅行に行くことが出来ました。また、外見が現地の一軒家を学校にしているので学校という感覚があまりしませんでした。

時間勤務だったので、対して仕事に縛られることもなく学生と楽しくクラスが出来る良い環境でした。

Q:現地で苦労した事、戸惑った事はありますか?

文化の違いに少し戸惑いも・・・
日本では、あまり冗談を言い合うということは少ないと思いますが、メキシコ人は冗談の言い合いが大好きです。常に何かあると、他の学生に対して冗談を言い合っています。日本語を教えているのに、日本語ですら冗談に使われるという、それが発展して学生同士の喧嘩になることがあり、喧嘩をなだめるのが大変でした。

また、クラスは大人向け・子ども向けなどではなく12歳~28歳の学生が一緒に勉強していたので授業の進め方にもどの様にしたらいいのか迷いました。

Q:なぜこの教育機関を退職しましたか?

学生が大学4年生が多く、卒業論文の課題などで授業に参加出来ない生徒たちが増えていくことになりました。学生からは、授業に参加したいが、宿題や課題が多くて行けないや、学校が長くなるので時間に間に合わないですなどの連絡が最後らへんはよく来るようになりました。私の都合もあり別の日に補修授業を開いてあげることが少し難しくなり、他のクラスへ移動してもらい自分のクラスを閉じさせてもらいました。

給与・待遇

月収 月収:9,000円
月収内訳
  • 時給:743円
  • タクシー代:228円
基本労働時間 1日1.5時間 週2日勤務
残業(時間外労働) 残業なし
待遇 交通費
教育機関が
用意してくれたもの
なし
クラスの長期休暇
  • 夏休み:2週間
  • 冬休み:2週間
  • 春休み:2週間
クラスの長期休暇中の
給与保証
長期休暇中は別の仕事をしている

常に、多くのクラスが有るわけでは無いので生活をしていくには1ヶ月48時間働ければ、給料もそこそこ貰えます。家をレンタルして生活していけるレベルです。お金を貯めるのは難しいレベルだと思います。クラスが開くのは、学生の数にもよるので多くの時間を働けるようになるには、更にメキシコ国内での日本語の需要が増える必要が有ります。

学校は、非常勤になるので健康保険は無い、給料も手渡しで明細が無いのでクレジットカードを発行するのが大変。ケガをして授業が出来ないとしても、働いていなければ給料は出ないのでお休みをする期間が長くなると無一文になってしまうという点は困るなと感じました。

Q:現地における他の日本語学校と比較し、違いは感じますか?

語学学校は、非常勤なのでやはり大学などで教えているほうが給料の面では良いと伺っています。また、大学の講師になると健康保険も有るとのことで待遇としてはやはり良いなといった所です。
また、大学のほうが図書館もあり授業の為の教材集めも直ぐできます。
Veracruz にあるGestar という大学がおすすめです。

授業形態・勤務スケジュール

授業形態 クラス授業:1クラス10人
学習者の年代
  • 小学生
  • 中学生
  • 大学生
  • 社会人
1日の時間割 火曜日
  • 19:30~21:00  
    90分授業 初級クラス
木曜日
  • 19:30~21:00  
    90分授業 初級クラス
休日 クラス以外は休み

Q:日々のスケジュール管理で、ここは大変だった!と感じた点はどこですか?

やはり、クラスに来れなくて出遅れている学生と全てのクラスに出席している学生のスケジュールを管理して、同じ所まで学ばせるというのはとても大変でした。一方は、ほぼ理解しており先に進みたい、もう一方は理解できていない為できるまでそのレッスンにいたい。その状況ではどうしても、進んでいる子が飽きてしまいバランスを保つのが難しかったです。

そんな時は、学生同士で質問をしたり解答させたりしました。分からない学生が分かる学生達に質問し解答してもらう。それを、私は聞いて確認しているという感じでした。分かる学生にとっても、伝えるという行動で更に頭にインプットされて両社にとって飽きずに同じレベルまで行くことが出来ました。

Q:教案作りで参考にしているサイトや書籍があれば、ぜひお聞かせください。

みんなの日本語 初級I    
対象者:初級
クラスは基本的にこの本で進めていきます。私の場合は、この本にスペイン語版がありそれも使いました。スペイン語版にはたくさんの単語が掲載されており、学生に読ませたり理解してもらうのに役に立ちました。日本語だけの本は、最初から開くと学生がこんなの読めませんという感じになっていたので、少しづつ読む練習の時に本を広げてもらいました。読みがだいぶ出来るようになってからは、授業のほとんどを教科書で進めていきました。

Q:現地に行く前に、準備しておくと良いものについて教えて下さい。

特に勉強もせず、日本語を教えることになり、教え始めてから教えることの難しさを痛感しました。また、日本語が何も分からない・知らない生徒さんが入ってくるので説明をするときに言葉が分からず説明がうまくできないことがよくあり、現地の言葉をもっと勉強してから教えるべきだったと感じます。

準備しておいて良かったものは、「かるた」や「しりとり」といった言葉を使ったゲームなどはとても人気で、ひらがなを覚えて貰えるのに役に立ちました。

就職活動

国選びで重視した点 親日国
現地における
日本語教師の需要
一部に人気があり、数は少ないが求められている
教育機関選びで
重視した点
特に重点はない
応募時に
必要とされた資格
なし
選考方法 紹介のため試験なし

Q:現地で、日本語教育の需要はありますか?

メキシコは、親日国であり最近では、2~3ヶ月に一度アニメのイベントをよくやています。その為、多くの学生さんが漫画言葉をよく話す事が有ります。授業で教えても、漫画言葉で返してくることも多々あったりします。

また、最近、日本企業の進出が進んでおり、日本の企業に就職したいという学生さんも多いです。日本に旅行に行くのが夢でそれを現実にするために勉強したいという方も多いです。日本と聞くと多くの方が興味を持ち学びたいという方が多い国です。

Q:強みになる資格や職歴、資質や語学レベルはありますか?

強みになるかは分かりかねますが、各国の現地言葉を少しでも話せるととてもいいと思います。日本語だけで他の国で授業を行うというのはとても難しいことなのかなと感じます。日本語で説明が出来ても、日本語が分からない学生さん達には何も伝わりません。現地の言葉で分かるように説明が出来る語学レベルが必要だと思います。

Q:その国の日本語教師に関する求人情報は、どこで得ましたか?

求人情報
紹介(現地にいる日本人):現地にほ、多くの日本人グループがあるのでそこで情報が入ることが有ります。

Q:この教育機関で勤務すると決めた決め手、きっかけを教えて下さい。

今回働いた語学学校で働いた経緯は、日本人の知り合いが教師をやっており日本に帰国している間にクラスをやってほしいとの声を頂き、3週間。その後学校から、クラスを持ってほしいと自分のクラスを持つまでに至りました。

日本語教師に関する全般の質問

Q:どのような経緯で日本語教師を目指しましたか?

日本語が母国語なので、教えてみたいなと思い日本語教師をやってみたいと思いました。また、あまり日本人が居ないので、私が日本語を教えることで学生と日本語で楽しく会話が出来たら、私も幸せだと思いどこで教師が出来るかを探しました。

Q:日本語教師をやってよかった!と、どんな時に実感しますか?

クリスマス、学生からクリスマスプレゼントと手紙をもらいました。手紙にはメリークリスマスとカタカナで書いてあるものでした。日本語で書いてくれるという嬉しいサプライズと書けるようになったんだなという実感がわいて教えていてよかったと思いました。

Q:日本語教師になる為の進路についてアドバイスをください。

【学生の方へ】
日本語を教えられる技術と多言語の勉強も忘れないでください。日本語は奥が深い言語です。そして、語学学校や現地の大学につながっている日本の方を探すと仕事が有るかもしれません。

【社会人の方へ】
日本語は、難しい言語です。話し言葉だけでは教えることが難しいです。日本語をより勉強して目指す国の現地の学校や人に仕事があるか質問するといいと思います。

Q:日本語教師を目指す方へ、アドバイスをください。

メキシコは、学校に通っていなくても、資格を持っていなくても日本語教師として働ける国です。勉強は必要ですが、言語を活かし、多くの方の勉強したいという気持ちに答えることが可能です。

また、本当にやる気のある学生がたくさんいます。彼らに負けないような、教師を目指してください。日墨の学校も有るので、求人や日本人教師の会などが有るか確認してみるのも良いと思います。

素敵な日本語の教師になってください。

↑ ホームへ戻る

P C S P