元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

ヒューマンアカデミー
420時間養成講座 口コミ

2015/12/18

総合評価  5.0

質の高い講師と受講しやすいシステム

最も満足した点 授業が面白く、楽しく通えた
最も不満な点 校舎が駅から少し遠かった
sarue(女性・37歳・東京)
年齢 ※当時 39歳
期間 2013年11月~2015年7月 *1年8ヶ月
スクール名 ヒューマンアカデミー 新宿・銀座校
受講料 合計 56万9,840円
資格・課程 日本語教師養成講座420時間修了
講座を選びに重視したこと 知名度・立地

「日本語教師」という仕事の存在を知り、強く興味を持った私はすぐにインターネットでどのように資格を取るのか検索しました。

420時間の講習を受けるか、日本語教育能力検定試験に合格すればよいという事がわかりましたが、検定試験を受けるとしても独学での受験は難しいだろうと考え、講習を受ける事にしたのです。

資格を取得できるスクールがいくつかあることがわかり、その中で名前を聞いたことがあるのがヒューマンアカデミーでした。

大手で安心できると感じた事、加えて校舎も通いやすい場所にあった事からヒューマンアカデミーに決めました。

すぐに話を聞きに行き、最短だと半年、長くて3年かけての受講だという事でしたが、当時フルタイムの仕事をしていたため、3年かけて受講する計画でスタートしました。結果的には、途中育児の都合で退職したため、受講期間は2年弱でした。

そんな変更にもきちんと対応してもらえました。価格は60万円ほど。これはどこも大差ないのではないかと思います。

半年で受講した人に話を聞きましたが、予習復習に追われ、かなりハードだったという話でした。半年の場合、1コマ3時間の授業を1日2コマ取るわけですから、それだけでもかなり疲れます。

私はろくに予習も復習もしませんでしたが、模擬授業の準備など宿題がある授業もあるため、そういう授業が続いたり重なったりすると確かにきついだろうな、と思います。

さて、いよいよ授業が始まり、受けてみての一番の感想は「楽しい」というものでした。

日常生活から離れ、自分のやりたい勉強ができる楽しさは新鮮でした。日本人で日頃日本語を使っている自分にとって、日本語はとても身近なもので当然理解しているし、新しく知ることがそんなにあるのだろうか、と思っていたからです。

受講してみて、日本語を教えるために必要な知識の多さに驚くとともに日本語の美しさ、面白さ、奥深さを知り、より日本語に強く興味を持ちました。

もちろん、難しい事や大変な事もありましたが、楽しい事や面白い事の方が多かったです。特に楽しかったのは、大変だと感じる人が多い模擬授業や実習でした。

準備の大変さや当日の緊張はありますが、仲間と一緒に成果や課題について話し合ったり、励まし合ったりして乗り越えていける過程がとても素敵な時間だったと振り返って思います。

講師の先生方の質の高さも魅力でした。授業が面白く、疲れていても行くのが苦ではないと思える事は大きなポイントでした。

また、ヒューマンアカデミーは複数の校舎があるため、都合が悪く出席できない授業があっても他校舎で振替として受けられたり、欠席してもDVDを見てレポートを提出すると単位がもらえたりと仕事をしながらでも無理なく受講できるシステムが色々工夫されています。

就職についてもフォローしてもらえますが、私は自分で求人情報を調べて応募し、非常勤講師の仕事が決まりました。日本語教育能力検定試験はまだ受けていないので、いずれは受験したいと思っています。

これから日本語教師養成講座を受講したいと考えている方には、私はヒューマンアカデミーを、自信をもっておすすめします。

Q:この養成講座を選んだ決め手は?

知名度と通いやすい立地、振替等の受講しやすいシステム、就職率で決めました。

価格はどこも大差ないと思った事と講師やスタッフ、テキストについては実際に受講してみないとわからないと思ったので調べようとは思いませんでした。

Q:他のスクールと比較・検討しましたか?

他には自分が聞いたことがあるスクールがなかったためです。

聞いたことがあるヒューマンアカデミーについて調べたら、通いやすい校舎があり、問題なく受講できると判断しました。

講師・カリキュラム  5.0

受講した曜日と時間帯 平日の昼・夜、日曜日の昼
1日に受ける回数 1講座 190分×1~2回/日
1クラスの人数 20~50人
重視されていたカリキュラム 実践

講師の先生方はどなたも現場の話を折に触れて話してくれたため、日本語教師の仕事をイメージする事ができました。また、質問にも丁寧に答えてもらえました。

理論と実践のバランスも良かったと思います。

模擬授業は多い位で全然物足りないとは感じませんでした。むしろ毎週という感じの時もあり、準備が大変でした。

また、実習では1人2回ずつ授業を行いました。事前にメンバーと担当講師で教案を修正しながら授業を考え、実践する形を取り、丁寧な指導をしてもらえました。

また、理論の授業でも実際に教材について班に分かれて考えるなど実践的なものが盛り込まれていました。

授業料  5.0

合計 56万9,840円
内訳
  • 入学金:3万1,500円
  • 授業料:50万850円
  • テキスト代:3万7,490万円 ※DVD代1万500円含む

50~60万円程度はかかるとわかっていたので、妥当な価格だと思いました。

教育訓練給付制度については、各自対象かどうか住んでいる地域のハローワークに確認が必要でした。

私の場合、教育訓練給付制度の給付金は対象外でもらえませんでしたが、ヒューマンアカデミーの「がんばるママ応援制度」というシステムにより55,650円の割引を受けられました。

教材  5.0

各科目のテキストやDVD解説用のテキスト、全科目を網羅したテキストや資料集などが揃っており、自分の学習ペースや目的に合わせてテキストを使い分けられるところが良いと思いました。

DVD解説用のテキストは、DVDを見てからレポートを書く時に大変役立ちました。検定試験前の総復習に向いているテキストもあるので、試験対策にはそれを使おうと思います。

スクールの運営スタッフ・サービス  5.0

欠席補講 振替可。またDVDを見てレポート提出も可。
自習室 なかった。
交流会 設けられていた。

スタッフの対応が丁寧で、細かい事も気軽に聞ける雰囲気でした。

欠席補講のシステムも良く、同内容の授業の別日他校舎での振替やDVDを見てレポート提出でも単位をもらえるので、仕事や体調などの都合で欠席する場合も助かりました。

自習室は特に設けられてはいませんでしたが、教室環境は悪くありませんでした。校舎により教室があまり広くなかったり、縦長の教室だったりはしましたが、仕方ないと思える範囲でした。

就職サポート  5.0

求人情報の量 学校の掲示板やファイルで見る事ができた。メールマガジンやFacebookでも情報を見られるようになっていた。
進路相談 スタッフに常時相談できる。

求人情報の数は国内外共に豊富だと思います。私はすぐに就職する予定ではなかったため、就職の相談をした事はありませんでしたが、求人情報を目にする事はありました。

掲示板の他、求人情報のファイルやメールマガジン、Facebookで見られる情報もありました。

ヒューマンアカデミーの日本語学校に通う留学生との交流会のお知らせなどもあり、就職を考える人にとっては色々な機会が設けられていました。

その他の質問

Q:どのようなきっかけで日本語教師養成講座に通おうとしましたか?

自分の子供がインターナショナルスクールに入った事がきっかけでした。

自分も英語を勉強したいと思い、同時に日本語を初めて一言語として捉えました。日本で英語を教えている外国人講師について考えた時、自分が世界中どこでもできる仕事とは何かと思い、日本語教師に思い至りました。

Q:日本語教師養成講座を今検討している人に「養成講座の選び方」としてどのようなアドバイスをしますか?

私はホームページを調べただけで決めましたが、比較する場合、少なくとも半年は通う場所なので、立地条件や雰囲気が大切だと思います。

実際にスクールに足を運び、スタッフの話を聞く事でかなりそのスクールの雰囲気がわかると思います。

受講料はどこも大差ないと思いますので、同じ位の金額を払うのであれば、自分が安心して心地良く通える環境を求めるべきだと思います。

最大手 ヒューマンアカデミー420時間コース
特徴
  • 手厚いサポートが受けられる
  • 在籍生徒数は常に”2,000名”以上
費用 通常 572,400円
  • 予習・復習に役立つ講義DVD付き
  • ママ・学生割引 最大33,542円OFF
  • 給付金 最大10万円還元
  • 分割60回払いまで可能
校舎数 校舎数No.1! 全国30校舎 
→近くの校舎を確認する
資料請求ページ 2017年冬期受講生 受付開始
http://haa.athuman.com/class/

↑ ホームへ戻る

P C S P