元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

ヒューマンアカデミー
420時間養成講座 口コミ

2015/11/25

総合評価  3.0

普段関わることの少ない人々と共に学ぶ 有意義な時間

最も満足した点 様々な職種・年齢層の仲間と勉強できた
最も不満な点 担当講師による授業の質のばらつき
mika(女性・25歳・広島)
年齢 ※当時 24歳
スクール名 ヒューマンアカデミー 広島校
期間 2014年4月~2015年3月 *1年
受講料 合計 63万4,800円
資格・課程 日本語教師養成講座420時間修了
講座を選びに重視したこと 立地・就職サポートの有無

私は大学在学中、留学をきっかけに日本語教師に興味を持ち、ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座を受講することを決めました。

広島校では年に4回の入学時期があり、講座自体も平日昼、平日夜間、土日の3つのコースが用意されていたため、会社員やパートタイマー、主婦、学生など、様々な職種や年齢層の受講生が集まっていました。

普段関わることの少ない人々と共に学び、意見を交換しあうことは非常に有意義なものでした。

しかしながら経済面では、比較的高額な受講料(572,400円)に加え、指定された教科書や参考書を買う必要があったりと、学生の私にはかなりの負担でした。

また、全110回の授業では科目ごとに講師が変わります。そのため、担当分野の研究をされている方など専門的な知識のある方が担当されている場合は、個人的に検定試験対策の勉強をしている中で疑問に思ったことなどを質問しても丁寧にご教授いただけました。

しかし反対に、科目によっては教科書をなぞるだけといったような講義もありました。そのような授業では、授業内容についての質問すらあまり明確な回答が得られないこともあり、残念に思いました。

ただし、実際に外国人学生を招いて行われる実習には力を入れているようでした。

初めは受講生同士で教師役と生徒役に分かれて模擬実習を繰り返します。

その際には、長年日本語教師として勤められている講師の方から、どこをどう直せばよりスムーズに授業を進められるか、また、実際の教室ではどのような質問が外国人生徒から寄せられるのかなど、具体的なアドバイスを受けながら準備をすすめることができます。

そして、実習当日は県内在住の外国人の方に来校していただき、模擬実習で練習した成果を試すことができます。

修了後に日本語教師として教えるつもりの人にとっては、とても有意義な実習になると思います。

Q:この養成講座を選んだ決め手は?

郊外に住んでいたため、公共交通機関でのアクセスのしやすさが最大の決め手でした。また、欠席振替のビデオ補講も用意されていて、無理なく続けられるように感じたので、この講座を選びました。

Q:他のスクールと比較・検討しましたか?

他社の養成講座は、開講時間帯との関係で公共交通機関でのアクセスが難しかったため、一切検討しませんでした。

講師・カリキュラム  3.0

受講した曜日と時間帯
  • 土曜:18:00~21:00
  • 日曜:10:00~17:00
1日に受ける回数 1講座 180分×1~2回/日
1クラスの人数 20人
重視されていたカリキュラム 教育実習

授業ごとに講師が変わるため、科目によって授業の質は本当に様々です。

その分野を専門的に研究している方や、長年日本語学校で教師をしている方が担当している場合は、質問にも丁寧に答えていただいたり、実際の現場でどのようにその知識を活かすことができるかなど、具体的な話も聞けたりと、有意義なものでした。

しかしながら、教科書に書かれていること以上の知識もなく、教師としての実務経験も少ないような方が講師をされている授業もあります。

そのような場合、授業内容に関する質問をしても明確な答えが得られなかったので、自分で色々な文献や資料をあたって疑問を解消する他ありませんでした。

ただし、ヒューマンアカデミーのカリキュラムは実践に重点が置かれているようで、実際に外国人学生を前に実習をするまで、教師経験豊富な講師のサポートを受けながら何度も模擬実習を繰り返し、丁寧に準備することができたのでその点は満足しています。

授業料  3.0

合計 63万4,800円
内訳
  • 入学金:3万2,400円
  • 授業料:57万2,400円円
  • テキスト代:約万円

実習は丁寧に準備をすることができたので、満足しています。

理論に関しても、全科目それぞれの専門的知識を持った講師の方が担当されるようでしたら、この値段でも問題はないと思います。

しかし、担当講師によって授業ごとの質にかなりばらつきがあること、また、授業時間外に予習や実習の準備のために使える自習室のような場所もなかったことを考えると、税込60万円近いこの価格ではやはり高すぎるように感じました。

教材  2.0

テキストの代金は1年間の養成講座の中で、常に最新のものを準備するという理由から、入校前に全額を知ることはできませんでした。

3ヶ月ごとに新しいテキストを購入するのですが、当然用意されたものを買うので、日本語教育能力検定試験の受験を考えている人にとっては、内容を吟味して自分に合ったものを使うことができず、合計するとなかなか高額(約3万円)になってしまうこのテキスト代金には満足できないと思います。

スクールの運営スタッフ・サービス  3.0

欠席補講 各科目ごとに一定の回数までVHSによる補講で出席振替可能。VHSでの無料代講可能。
自習室 ありません。
交流会 はい(全2回の実習後)。

欠席した授業はVHSで録画した授業を見ることで補講扱いになりますが、VHSなので画質・音質共に悪く講師の声も聞こえにくかったです。

ただし、科目ごとに決まった時間数まではVHS補講による出席振替可能なので、どうしても予定の合わない時には便利なシステムだと思います。

こうした補講や欠席に関する連絡の際のスタッフの対応はよかったのですが、初回授業の開始時間や新規テキストの購入についてなど、緊急を要する連絡以外は郵送による連絡だったので、メール対応などがあればよりよかったと思います。

就職サポート  4.0

求人情報の量 学校のロビーにあるファイルに新着情報はファイリングされていた。
進路相談 就職セミナー参加後、就職サポートに登録すれば、様々なサービスを無料で受けられた。

就職セミナー参加後、就職サポートへの登録が可能でした。

登録すれば新着の求人情報がメールでチェックでき、半月に5~6件ほどの求人情報を手に入れることができました。

更に、希望者はメールでのやり取りで履

その他の質問

歴書の添削指導を受けることができ、就職サポートの担当者と個別に日時調整をすれば模擬面接などのサポートも無料で受けられます。

ただし、海外の情報に関しては、求人の多い中国・東南アジア・オセアニアなどの国々以外はほとんど情報がなく、養成講座担当スタッフの方々もそれに関してはほとんど知識がなかったようで、残念でした。

Q:どのようなきっかけで日本語教師養成講座に通おうとしましたか?

留学中に日本語を勉強する大勢の外国人学生と知り合い、自国の文化の素晴らしさを再認識させられつつも、母語である日本語を教える難しさを知り、きちんと日本語を文法的に説明するための知識を得たいと思ったため、養成講座に通うことを決めました。

Q:日本語教師養成講座を今検討している人に「養成講座の選び方」としてどのようなアドバイスをしますか?

まずは420時間という長期間通うことになるので、自宅からのアクセスのしやすさが重要になると思います。

また、有意義な学びにするためにも、それぞれの科目を教えているのはどのような講師なのか、その講師の評判などもわかれば事前に情報を得ておくべきだと思います。

日本語教育能力検定試験について

Q:どのくらい勉強しましたか?また、どのようにその時間を捻出しましたか?

集中して試験対策の時間が取れたのは、試験直前1週間程度で、毎日3時間勉強しました。

また試験までの半年間は、養成講座の授業中にもその日の授業内容と、自分で用意しておいたその科目の試験問題とを突き合わせながら、集中して講義を聞くようにしていました。

Q:気持ちが負けそうな時やモチベーションが下がったとき、どのように対処しましたか?

試験勉強を進めていくと、覚えるべきことがかなりの量であることに気づくと思います。

1回で合格できなかった場合、その大量の暗記事項を再び1年後までに覚えなおさなければならない、というのが嫌だったので、絶対に1回で合格すると決めて必死に勉強しました。

最大手 ヒューマンアカデミー420時間コース
特徴
  • 手厚いサポートが受けられる
  • 在籍生徒数は常に”2,000名”以上
費用 通常 572,400円
  • 予習・復習に役立つ講義DVD付き
  • ママ・学生割引 最大33,542円OFF
  • 給付金 最大10万円還元
  • 分割60回払いまで可能
校舎数 校舎数No.1! 全国30校舎 
→近くの校舎を確認する
資料請求ページ 2017年秋期受講生 申込受付中
http://haa.athuman.com/class/

↑ ホームへ戻る

P C S P