元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

ヒューマンアカデミー 養成講座420時間 口コミ

情報公開日:2014/12/01

総合評価  4.0


「修了証書」

maitty(女性・31歳・主婦)
年齢・職業 ※通学当時 当時27歳・会社員
期間 2008年10月~2010年3月 *1年5ヶ月 長野駅前校・通学
講座名・受講料 日本語教師養成講座 合計:600,000円
日本語教師歴 2010年8月~2011年8月 *1年
資格・課程 日本語教育能力検定試験 合格
講座を選びに重視したこと 知名度 / 立地

理論と実践の両方を盛り込み、さらに日本語教育能力検定試験も視野に入れたカリキュラムはバランスがよかったです。講師は2名で、どちらもどちらの方も、わかりやすく退屈しないよう工夫されていました。

特に実践的な授業では、実際に現場で教えている講師が教室の雰囲気や、最近学生に聞かれた質問などを話してくれて、学習のモチベーションが上がりました。教案のチェックも丁寧にしてもらえ、実際に経験のある講師からは学ぶことが多かったです。出席できなかったときも、ビデオ受講ができました。

少し残念だったのは、講座の最後に実際に外国人学習者を招いて行う模擬授業で、土地柄もあるのですが、外国人学習者がなかなか集まらず(2名ほどしか来なかった)、経験をしっかりと積むことができなかった点です。

Q:ヒューマンアカデミーを選んだ決め手は?

当時長野在住で、県内で日本語教師養成講座420時間を開講しているのはこちらだけだったからです。そのため、高速や電車を使って県内各地から生徒が来ていました。

Q:他のスクールと比較・検討しましたか?

県内で養成講座420時間を学べるところが他になく、他に選択肢はありませんでしたが、全国展開している学校でしたので不安はあまりありませんでした。

講師・カリキュラム  4.0


「模擬授業手作り教材」

理論の授業では、知識を深めるとともに、日本語教育能力検定試験も視野に入れた授業をしてもらえました。テスト対策を全面に出しているわけではありませんが、「この違いはよく試験に出ます」等、たまに教えてもらえて参考になりました。

また、テキスト以外にも講師が作ったオリジナルのプリントがうまくまとめられていて大変わかりやすかったです。

実践の授業では、実際に現場で教えている教師が、授業内容についてだけでなく、クラスコントロールの大変さや、学生の出席率のフォローの話などをしてくれ、現場に立つイメージを付けさせてくれました。

不満点は充実した模擬実習ができなかったこと(上記参照)と、生徒同士で教えあう実習も、初級の内容が多く、中級や上級についてはあまりやらなかったのが、少し偏りがあると思いました。

授業料  3.0

合計 600,000円
内訳 入学金 50,000円 + 授業料 400,000円 + テキスト代 50,000円

立地上、別途交通費が往復2000円以上かかったこともあり、また、卒業後に日本語教師になった場合の給料を考えると、高額だと思います。多くの場合、日本語教師になってからこの受講料を回収するにはかなり時間がかかるでしょう。

大手ということで、カリキュラムもしっかりしていましたが、半額の30万くらいでも良いのではないかと思います。

教材  4.0


「テキスト」

テキスト自体は、独学で読むには分かりにくかったり、飽きてしまうものもありましたが、授業で説明を聞いてメモを取りつつ解釈すると、結果的にはとても参考になりました。

しかし、中にはあまり使わなかったテキストや教材もあり(教師のオリジナルプリントの方がわかりやすかった)、指定されて購入しているので、もったいないなと思いました。

最大手 ヒューマンアカデミー420時間コース
特徴
  • 校舎数NO.1! 全国30校舎
  • 土・日も開講
特典
  • 予習・復習に役立つ講義DVD付き
  • 給付金対象 最大10万円還元
  • ママ・学生割引 最大28,620円OFF
  • 分割・最大84回払い
→近くの校舎を確認する

スクールの運営スタッフ・サービス  4.0

欠席補講 振替はなく、欠席した授業のビデオを見るか、自分で復習をしました。
DVDで代講 無料でビデオ受講ができました。
交流会 特にありませんでした。

スタッフの方は受付で、いつも明るくさわやかに挨拶をし、困ったことは気軽に尋ねることができました。生徒同士のトラブル(授業態度に対するクレーム等)にも迅速に対応してくれました。欠席振替は都会のスクールではあるのかもしれませんが、私の通ったスクールはこの講座は一本だけでしたので、できませんでした。

やはり、実際の授業に出なければ吸収できないことも多いので、補講が受けられたらよかったのにな、と思います。

その他の質問

Q:どのようなきっかけで日本語教師養成講座420時間に通おうとしましたか?

いつか海外で働けたらと思っており、国内にいたとしても日本語教師になれば海外の文化と触れ合えると思ったからです。実際に日本語教師をしている人のエピソードを聞くと、「大変だけど、やりがいがある」「給料は低いが、毎日刺激的で楽しい」という意見が多く、魅力を感じました。

Q:日本語教師養成講座420時間を今検討している人に「養成講座の選び方」として どのようなアドバイスをしますか?

本気で日本語教師になりたいのであれば、日本語教育能力検定試験も受けた方がいいので、その試験も網羅している学校を選んだ方がいいと思います。

中には独自のメソッドを謳って、実践重視、費用も安めで卒業後はその養成講座付属の語学学校へ就職、といった講座もありますが、まずはどこでも通用するオーソドックスな教え方を学べるところがいいと思うので、大手を勧めます。

Q:教育能力検定試験のためにどのくらい勉強しましたか?

集中的にやったのは、養成講座が終了する2ヶ月ほど前から、終了後3ヶ月ほどの計5ヶ月です。平日は時間がなかったので主に週末のみ、一日5時間くらい勉強しました。

最大手 ヒューマンアカデミー420時間コース
特徴
  • 手厚いサポートが受けられる
  • 在籍生徒数は常に”2,000名”以上
費用 通常 572,400円
  • 予習・復習に役立つ講義DVD付き
  • ママ・学生割引 最大33,542円OFF
  • 給付金 最大10万円還元
  • 分割60回払いまで可能
校舎数 校舎数No.1! 全国30校舎 
→近くの校舎を確認する
資料請求ページ 2017年冬期受講生 残席わずか
http://haa.athuman.com/class/

↑ ホームへ戻る

P C S P