元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

はじめに  -  私の日本語教師 ヒストリー

今からさかのぼること、約10年前、私は大学に通いながら、日本語教師養成講座420時間コースを受講し、日本語教師という道を歩き始めました。

結局、その2年後、日本語教師を一旦休業し、違う職種へ転職することとなったのですが、私が日本語教師を目指したきっかけから、休業するまでの歴史(言うとおこがましいですが)を記載したいと思います。

もう10年前のことなので、ややウル覚えだったりするところもありますが、ない脳みそをフル回転して、思い出して書こうと思います。

目次

1.はじめに
2.日本語教師を目指す
3.420時間コースを受講
4.検定に合格
5.大学卒業
6.プライベートレッスン 生徒募集
7.学校授業開始
8.試行錯誤の日々
9.韓国への出張
10.一旦休業

↑ ホームへ戻る

P C S P