元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

韓国出張

試行錯誤の日々

さきほど、お伝えしたとおりの時給の中働いていたのですが、1回だけ、それを払拭するような嬉しいことがありました。

そう、韓国への1週間の出張!

たぶん、こういう機会をもらえるってチャンスは普通ないと思うのですが、私が働いていた日本語学校が、たまたま海外への日本語教師のインターンシップもやっていて、その派遣した日本語教師の方たちのカウンセリングや学校でのヒアリングを含めての出張でした。

韓国は朝鮮半島の南を1週間でほぼ1周。非常においしい仕事でした(笑)。

いろんな現地の先生に会ったり、現地での日本語学習者を直接見ることができたり、向こうで活躍している日本人の先生を話したり。

それに何よりも感動したのは、韓国の現地の人たちに随分助けてもらったこと。困っていると、本当に親切にしてくれました。

時給の低さを払拭する、素敵な思い出です(笑)!

次のページ 『一旦休業』

↑ ホームへ戻る

P C S P