元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

どこで働くのか?日本語教師の仕事場  -  就職活動方法

「日本語教師は実際どのような場所で教えるのか」ですが、主に国内では下記のようなケースが多いです。

● 就学生を対象とした学校
● ビジネスマンなどを対象にした日本語スクール
● 企業派遣(対象は仕事で日本の会社で働いているビジネスマン)
● 日本の大学で、その大学に留学している留学生に対して
(私の大学でも留学生のフォローアップで非常勤の先生がいました。 大学で教えるといっても、いろいろな形式があるようですが、難しいようです)
● 日本の小学校や中学校にいる外国人の児童など
● プライベートレッスン(これはさまざまな人がいらっしゃいます)

就学生を対象とした日本語学校が一番多いです。

私自身は就学生を対象にした日本語学校で教えていました。学生の国籍は中国・韓国がほとんどです。そのほかには、日本で働いている外国人の奥さんやビジネスマンや英語教師などを対象したプライベートレッスンをしていました。

私の周りには、学校で教えながら、プレイベートレッスンでも授業を持っている先生が多かったです。

次のページ 『仕事の探し方』

↑ ホームへ戻る

P C S P