元日本語教師による
日本語教師の実態レポート

日本語教師になるにはどうすればいいの?資格はいるの?どんな風に教えるの?
具体的な経験を交えながら、教師の仕事について
"元教師"が実態をお伝えします。

日本語教師になりたい方からよくある質問

これから日本語教師になりたい方からよくある質問をお答えします。

Q:日本語教師になるにはどうすればよいですか?

A:例えば、日本の公立中学校で教えたい場合は、教員の免許というのが必要ですが、日本語教師の場合、そのような「これがなければ、この仕事に就けない」といったものはありません。

ただし、実質的には

● 社団法人 日本語教育学会認定 日本語教育能力検定試験(以前は文部大臣認定)という試験があり、こちらの試験に合格している
日本語教師養成講座420時間コースを修了している
大学等で大学日本語教育課程、主・副専攻を修了しているか

のいずれかを採用の条件としている教育機関がほとんどです。

現在高校生でこれから大学に行くという方には「大学日本語教育課程、主・副専攻」を修了することをおすすめします。

すでに大学を卒業されている方などは

日本語教師養成講座420時間コースを受講する
もしくは
● 社団法人 日本語教育学会認定 日本語教育能力検定試験の合格

を目指されることをおすすめします。

Q:日本語教育能力検定試験は独学では難しいですか?

A:人によって、違う部分もあるので、以下参考としてお聞きください。

私が検定に合格しているのは10年前で今と違って、文部大臣認定でした。今は試験の内容も変わった部分もあるようですが、出題範囲が非常に広いので、独学では「無理ではないけど、非常に大変だ」と思います。

特に今まで、そのような知識は全くない方には、質問できる場所がないのは結構しんどいと思います。

合格率から見ると、司法試験のような「1%」とかの合格率ではないので(だいたい20%以下の数字です)、独学では無理ではない数字だと思いますが、大変だとは思います。

個人的にはやはり養成講座に通われることをおすすめします。

日本語教師養成講座
(他にもありますが、私の周りで通っている人がいた有名な養成講座です)
→ ヒューマンアカデミー *全国に約20教室
→ アークアカデミー  *渋谷・新宿・池袋・横浜の4教室
→ 千駄ヶ谷日本語教育研究所(資料請求ページ) * 高田馬場・横浜の2教室

Q:日本語教師の給料はどのくらいですか?

A:よく言われている通り、日本語教師のお給料は安いです。

求人情報などを見てみると、時給 1500円~2000円ぐらいが多いイメージです。 授業形態などによっても、違います。

常勤の場合は、だいたい20万円ぐらいのお給料を提示しているところが多いと思います。

どちらにしても、金銭目的で働けるような仕事ではありません。
詳しくは、「日本語教師の収入」のページをご覧ください。

Q:就職は大変だと聞きました。本当ですか?

A:特に経験がないと、いきなり常勤というのはほぼないと思ってよいかもしれません。
求人を見てみるとおわかりいただけると思いますが、ほとんどが非常勤の仕事が多いです。

非常勤であれば、経験がなくとも、420時間コースを修了、もしくは検定合格などをされていれば、仕事は見つかると思います。

もちろん、非常勤であれば、働いた実質のお給料のみですので、不安定ではあります。よって、私は働いていた日本語学校の同僚では、アルバイトをしながら・・という若い人が何人かいました。

本当に情熱がないと続けていけませんし、職場で男性が非常に少ない現状を見ても、金銭目的では絶対にできない仕事です。

Q:海外で働きたいと思っています。仕事はあるのでしょうか?

A:どこで働きたいかにもよるようです。アジアは比較的仕事が見つけやすいようですが、 特に欧米で教えることについては、厳しい現状のようです。

しかし、その中でも夢をしっかりと実現する方が少なからずいらっしゃいます。 100%不可能ということはこの世の中にはないと一個人として思っていますが、厳しい現実はしっかりと認識した方がよいでしょう。

就職活動方法 日本語教師の求人が掲載されているサイト」のページに掲載されているサイトには海外の日本語教師の案件が多数ありますので、どうのようなところが多いのかよく見るとよいでしょう。
※その時、支払われる給料では現地でも生活していけないものもあるので、よく確認しましょう。

Q:海外で日本語を教えるインターンシップに参加したいのですが・・・

これについては賛否両論ですね。日本語教師からすると、「お金を自分で払って教えるとは、そんなに安売りしなくとも」「そのような場を提供している団体は日本語教師の職が少ない欧米で働きたい人をターゲットにお金儲けをしているだけ」「思い出作りの何者でもない」という意見が多いようです。

おそらく、日本語を教えるインターンシップに参加する場合、アシスタント的な役割で授業を教えることになるかと思いますが、日本に戻ってきた時に、ティーチングアシスタントの経験はカウントされない日本語学校もあります。私も個人的にあまり肯定的には考えていません。

Q:大学を卒業していないと難しいでしょうか?

A:大学を卒業していないと難しいと思います。少なくとも短大を卒業していないと仕事を非常に見つけにくいと思います。

特に就学生の大学がアジア圏の学生が多いですが、アジア圏、日本と同じく、とりわけ韓国などは、学歴が重要視される社会ですので、教師に対しても、4大卒を条件にしてくる教育機関も多いようです。

次のページ 『書籍紹介』

人気 日本語教師養成講座420時間コース
→ ヒューマンアカデミー
 *全国に29教室
→ 千駄ヶ谷日本語教育研究所
 * 高田馬場・横浜の2教室
→ アークアカデミー
 *渋谷・新宿・横浜の3教室

↑ ホームへ戻る

P C S P